コミュラボ

”コミュニティづくり”について9000文字のレポを残しておく。

幹事界のレジェンド”G2”

幹事界のレジェンドであるこの方をご存じだろうか。

平均”年100回1,000人の【幹事】を20年以上続けている”辻貴之さん(通称:G2さん)である。趣味「幹事!」特技「幹事!」のとにかく幹事プロフェッショナルの権化みたいな人。

そのG2さんが【The Community Lab. #コミュラボ】という、コミュニティが生まれる動くきっかけの場づくりをしていて、その中

もっとみる

「コミュニティマーケティング」とは?

#コミュラボ の第9回イベント今回のテーマは「コミュニティとマーケティング」。

そしてゲストがあの小島さんと聞き、骨折後初の公の場に出かけてまいりました。

私は本業で「マーケティング」副業的に「コミュニティ」に携わってきたので「マーケティング」も「コミュニティ」も私の中の大きなタグの1つ。
そしてその両方をおひとりで体現されている小島さんはあこがれのお一人です。

小島さんは日本最大規模のクラ

もっとみる

#今日の幹事力 】「拍手」
場面転換などの時に「拍手」は効果的。
でも、音が小さいと効果半減。
いい音を出すには、手は顔の前あたり、左手は少しくぼませて、右手でそこを狙って「響け!」と思って叩くと、出ます。

ありがとうございます!あなたの幹事力向上のお役に立てれば!
10

【#今日の幹事力】「幹事の語源」
「幹」は旗竿と大地を覆う木の象形。
「事」は祈りを書いたお札を手にし祭事に携わる人の象形。
要は「旗」を掲げて「事」を成す人。
特に「旗」に記した「祈り」(≒目標)を実現する際には、必須。

ありがとうございます!あなたの幹事力向上のお役に立てれば!
5

「『旗』を掲げる」
旗=あるべき理由(PurposeとかBeing)と目指すもの(Vision)。
これはもやっとしていても、掲げているうちに尋ねられたり、話し合ったりしているうちに、はっきりしてくるもの。そもそも掲げられていないと、認識されない!

ありがとうございます!あなたの幹事力向上のお役に立てれば!
6

「令和の幹事の5C」
Context(文脈の共有)

Contents (共通の興味関心)

Commitment(実現への関わり)

Community(仲間)

Commerce(継続した活動)
with Communication (合間のやりとり)

ありがとうございます!あなたの幹事力向上のお役に立てれば!
6

#今日の幹事力
「自己紹介」
どんな人が、何のために、何をしに来ているのか…が共有できると安全安心の確保に近づけます。なので、いつでも、何度でも、自己紹介します。
ちなみにフォーマットを決めておくことと、その時に合わせた質問を入れておくと、話しやすいです。

ありがとうございます!あなたの幹事力向上のお役に立てれば!
4

イベント参加レポ:ALLIANCE とコミュニティ

2019年7月9日に、母親アップデートコミュニティ(以下HUC)と合同開催した

コミュラボ 第5回オフ会
ALLIANCE とコミュニティ
ゲスト:篠田真貴子さん

というイベントの参加感想です。

イベントの内容詳細に関しては、ぜひ

▼HUC代表 なつみっくすのレポートhttps://nokogiri-blog.com/huc/20190710

▼HUC かりんさんのグラレコhtt

もっとみる

脳科学でコミュニティを考える/枝川義邦先生 -コミュラボ第4回オフ会

2019年6月20日に開催された、コミュラボ第4回オフ会の様子をレポートします!

今回のゲストは2017年の流行語大賞「睡眠負債」の脳科学者・枝川義邦先生です。
「睡眠負債」がすっかり定着してしまったけど、早稲田ビジネススクール出身者にとっては名物講義の一つ「経営と脳科学」の担当教授でもあるのです。

経営学、特に人材マネジメントなどの観点からの講義も非常に面白かったのですが、今回は短い時間なが

もっとみる

コミュラボ 第2回オフ会 - 乙武洋匡さん「義足プロジェクトの夢とコミュニティ」

”幹事力”のG2さんこと辻さんが主宰し、コミュニティ作りを学び、考えるコミュラボ。
2019年5月9日に開催された第2回オフ会のゲストは「生きるコミュニティメーカー」乙武さんでした!

今回は30分ほど遅刻してしまったので、途中からのレポートです。
乙武さんのトークは本当に明解で、誠実さとユーモアを感じさせるものでした。センシティブなキーワードもありましたが、うまく意図を伝えられていなかった場合、

もっとみる