ジュニアスポーツ

好きなことを一生好きでいること

こんにちは

本日は、
好きなことを一生好きでいることは
人生の大きなゴールであるということについて書いていきます。

  

好きを見つけることはまず難しい

 人生を歩んで行く中で、没頭できるものや人生において最重要事項とも言えるような趣味やアクティビティを見つけることは難しいことです。
でも、見つけた時に人生を豊かにすることは間違いないです。

好きなことに出会う、本当に心から愛する何かを見

もっとみる

子どもに教えたいリーダー論①

前書き

私が指導しているバスケクラブチーム(小学1年生〜小学6年生)では、週に1回の座学の時間があります。座学の時間では、バスケットの理論や戦術の理解を進める時間として活動をしていましたが、今年度は様々な研修を開いて「学校では学ぶことができない科目」についての学習を展開しています。

今年度の大きな課題の1つとして「リーダーシップ研修」に取り組んでいます。これはジュニアアスリートを育むという観点

もっとみる

スポーツをしている子供を持つ親やその指導者へ

整骨院という仕事をしていて、胸が苦しくなるのがケガをしているのにもかかわらず練習を休まない子供達です。
練習を休むと「レギュラーから外される」「みんなとの差ができてしまう」「試合に勝ちたい」などをよく聞きます。
成長期にケガをしたままプレイを続けるとどのような“リスク”があるのか、またどのように成長していくのか話して行きたいと思います。

まずスポーツというのは、すべて感覚で体を動かして競技を行な

もっとみる

器械体操は幼児までの能力でほぼ決まる | 10年分の子育て知識&実践まとめ#2

先ほどの
神経系のスイッチを入れる | 10年分の子育て知識&実践まとめ#1
では「親は結果にこだわらないように」と書きましたが、器械体操でその後羽ばたくか否かについては、ほぼ幼児期の運動能力で決まるそうです。

近所の体操教室はジュニアオリンピック選手を出しているほどの本格的な体操教室で、将来の日本を担う体操選手を育てるべくかなりハイレベルな教室。

コースは3種類、
・普通の子たちが通う「一般

もっとみる

「教える」から「待つ」へ~子どもには「力」がある~

いつもご覧いただきありがとうございます。たくさんの方からの応援メッセージも感謝感謝です。

さて今回は、大和の「 #保護者」「 #支援会」についてお届けします。

1.名称変更の理由2.変化できる仕組み3.大人の学び直し4.デンマークサッカー協会の少年指導10ヶ条

1.名称変更の理由

大和クラブは現在10年目のチームです。
内、7年は「保護者会」を実施していました。
規約も作り

もっとみる

理念づくり〜子どもたちのへのコミットメント〜

こんにちは。masaYMTです。今回は、

理念をどうやって描いていったん?

のように前号より「もうちょっと詳しく」書きたいと思います。
※「仲間づくり」の要素も含まれていまーす!

こうすればいい!

私がやった流れは、こんな感じです。

1.一度、立ち止まる
2.一歩引いて考える
3.違うジャンルの人たちと出会う
4.心技体で大切にしたいこと
5.仲間(できたらスタッフ)としゃべる

もっとみる

「オランダの教育」をヒントにしたチーム作り

はじめまして。masaYMTです。小学校で10年間先生をしています。学校の先生としては、7年目に転勤して、現在2校目に勤務しています。

奈良県の大和郡山市で「大和ミニバスケットボールクラブ」を立ち上げ、創部10年目に突入しました。

私とオランダの教育との出会いは、昨年、リヒテルズ直子・苫野一徳著「公教育をイチから考えよう」の中に書かれていたことです。しかし、それらの内容は、よくよく考えてくと、

もっとみる