ステロイドなし

3回目の治療は「紫外線&ホルムアルデヒド」

~8年前のアトピー治療記を読み返しながらnoteに再掲載しております~

私のアトピー治療記、忘れぬうちにアップしときます。

何のことやらの人は 過去記事 から目を通してくださいませ┏○ペコ

以下は2回目の治療記。

2回目の治療から1週間後、3回目の治療に行く。

院長は私の顔を見るなり
「きれいになりましたねー!!」
と。

初診の時とは別人のような美人に出会えてびっくりされたのでしょう

もっとみる

アトピーの原因のひとつ「重金属」

38歳で大炎上した首から上のアトピー。

何をやっても改善されなかったけれど。

不思議な治療法「エネルギー療法」と出会い、1回で劇的に良くなるという、うれしく不思議な感覚で2回目の治療に挑む。

1回目の治療ではカンジタ菌を鎮めてもらい、脳みその勘違いを改善させる。

詳しくはこちら。

初回治療後、みんなが驚くほど回復しておりましたが、またちょっと下降気味なお顔の肌状態でした。

さて、今回も

もっとみる

手荒れ、主婦湿疹が快方へ~なぜ手荒れしているのか~

過去ブログを読み返して加筆修正するのが大変で、間が空いてしまったので、ちょっとこの辺りで最近のお肌事情でのびっくりを書きます。

お断りを入れておきますが、私のアトピー治療は本質的過ぎて、すぐには信じてもらえなかったりしますが、事実なので。

身体に対する、この考え方、捉え方が広まると、今困っている人に希望をもってもらえるので、私はこれを伝えていくのもお役目なんかな、と勝手に感じております。

9

もっとみる

脳みその勘違い

アトピーの原因はいろいろありますが。

その原因の一つが

「脳みその勘違い」

だとしたら?

私は30代で発症した2度目のアトピーの時、アトピーの原因はさまざまであることを学んだ。

「エネルギー療法」で治療開始した初日、

「この10年調子良かったから治りますよ。
今は結婚当初のアトピーの状態が普通の状態やと、脳が勘違いして指令を送っているんです。」

と教えてもらった。

なるほどねー。も

もっとみる

カンジタ菌を増殖させない生活

前回の記事で書いたように、私のアトピーの原因のひとつはカンジタ菌。

それを踏まえて、治った今、カンジタ菌を増やさない生活とは?

食生活をほんの少し見直すことです。

いろいろ調べていると、分かりやすい記事が見つかりましたので、以下引用させていただきます。

帝京大学医真菌研究センター所長
(医療技術学部教授兼任)

安部 茂(あべ しげる)氏

によると、、、

表1.健康を守りながらカンジダ

もっとみる

カンジタ菌(アトピーの理由のひとつ)

「カンジタ菌」って聞くと「性病」を想像してしまう人、いるんじゃなかろうか?

カンジタ菌は誰にでもいる常在菌です。

ただ、なんらかの原因で異常に増殖するなどして、「悪」の存在になるのです。

38歳で再発したアトピーの時、原因の一つは子宮内に増殖したカンジタ菌でした。

西洋医学の普通の皮膚科では、間違いなく指摘はされなかったであろう「子宮内のカンジタ菌」。

どうしてカンジタ菌が増殖したのか?

もっとみる

知りたいのはアトピーになった理由

アトピーの人が知りたいことは、結局はここだと思う。

「アトピーになった理由」

ちょっと失礼になるけど、太ってる人が痩せるのなんて、カンタンだと思ってた。

ダイエットは簡単。

摂取カロリーと消費カロリーが釣り合ってないから太るわけで、食べる量減らせば痩せられるやんと。

(健康的に痩せられないかもしれないけれど、そこはスルーして)

アトピーはわからないのである。

なぜ、自分がアトピーにな

もっとみる

ある日、こんな顔になってしまったら、、、(アトピーの再来)

38歳のある日、「なんか最近お顔の調子が悪いな」と感じる日があった。

私は22歳から29歳まで、首から上の酷いアトピーに悩まされていた。

(20代のアトピーはステロイドなしで治したんだけど、その時のことはまた書く)

なんとなく、22歳のアトピーと同じような雰囲気がした。

またアトピーになったらどうしよう。

あの痒さ、痛さ、熱さ。出口の見えない不安。

たまらなく不安になった。

38歳の

もっとみる