焼きタラコのおにぎり

少し大き目の焼きタラコがありました。

中心をずらして握ったら、ご飯の多い方から食べてしまって、最後口の中が少し塩辛い。

焼きタラコのおにぎりを作る時には少し丁寧に作りましょう。

北へ、とにかく北へ vol.36

「誰のお金だと思っているのよ」

東京
ミカのマンション

「なんで、写真がこれだけなの?
豊、アナタ、ちゃんとスピリチュアルスポット巡ってきた?

私、ちゃんと言ったはずよね。

恐山とか、キリストの墓とか、どこも行かなかったってわけ?

信じられない。なに、梵珠山?

ここしか行ってないってこと?」

さっきからミカは怒り狂っている。

「チャクラの覚醒のこと真剣に考えてる?

なんで、さっ

もっとみる

北へ、とにかく北へ vol.35

火曜日 午前 01:35

携帯の画面を見るともう真夜中だった。

ミカからのLINEが6件。電話も3件。

ロンダキとハーモニーで会話をした。
その後のことはボンヤリとしている。

いや、本当は覚えているのだろうが、竹田の脳は思ったよりショックを受けていた。

「じゃあ、今はこれくらいにしておこう。タケダも疲れちゃうし。また来るしさ」

シュウトがロンダキの部屋でそう言ったのは覚えている。

もっとみる

北へ、とにかく北へ vol.34

(はい、温泉はスキですけど、)

(なんで?)

(、、温かいから、、気持ちいいから?、、)

(あらそう)

ロンダキのハーモニーは不思議だ。

シュウトやジュリーレッドのハーモニーは、いかにも人間が喋っているように聴こえるのだが、タラコのせいか、性別もなにもわからない。

世良公則と大貫妙子を混ぜたような、不思議な音階を奏でる。

溶けた滝沢カレンの液体がグニョグニョ動いて、ピンクのタラコを持

もっとみる

北へ、とにかく北へ vol.33

タラコ

ロンダキはタラコだった。

シュウトとジュリーレッドと、9人の滝沢カレン(ちゃんと数えてみた)に連れてこられた部屋にそれは存在していた。

タラコはゲル状の物質に持ち上げられて、フニャフニャ浮かんでいた。

9人の滝沢カレンは、真顔のまま床に溶けていった。

「彼がロンダキだよ。タケダ挨拶して」

とシュウトに言われたが、タラコに挨拶をしたことはないので、まごまごした。

「ハーモニー

もっとみる

生タラコ煮付け

今の時期(冬場)
スーパーなどでもよく見かけるアレ
生タラコ こいつを使って煮付けを作る

まずは塩を振り放置
ドリップを出して臭みを取る作業
大きさにもよるが1時間くらい

バットは斜めにしておく
水分がある程度抜けたら水洗いする

一口大にカットしてこいつを煮付けにする

鍋に煮汁を合わす
出汁7:味醂1:酒1:醤油1 砂糖を好みで足して生姜スライス 鷹の爪 湧いたとこにタラコ 弱

もっとみる

[漫才] つぶつぶ(当て書き:アンタッチャブル)

山崎弘也:前から思ってたことがあるんですけど,そろそろ数の子のつぶつぶの数を数えたほうがいいと思うんだよね

柴田英嗣:は?何言ってんの?数の子のつぶつぶの数?

山:数の子のつぶつぶの数をそろそろ数えたほうがいい時期でしょ

柴:あのちっちゃいつぶつぶを?数えるの?

山:一緒に数えよう!

柴:嫌だよ

山:なんで嫌なの?そろそろ数えたほうがいい時期にきてるんだからさぁ

柴:さっきから「そろ

もっとみる
いろんなものを落とすのがオチ屋です。運転免許は2回落としました
1

[漫才] つぶつぶ(当て書き:夢路いとし・喜味こいし)

「数の子のつぶつぶの数を一緒に数えよう」といとしさんに誘われて,断りきれず数える羽目になるこいしさんとのやりとりをお楽しみください。
オチの分類:地口落ち/拍子落ち

夢路いとし:僕ね,前々から思ってることがありまして…

喜味こいし:はいはい

い:そろそろ,数の子の「つぶつぶ」の数を数えたほうがええと思うんですわ

こ:何?数の子の数?

い:数の子の「つぶつぶ」の数をそろそろ数えたほうがええ

もっとみる
オチ屋です。ちゃんと落とすよう,評判は落とさぬよう,精進いたします
1