ちょ、そこの元サブカル女子!~白川ユウコの平成サブカル青春記 第二十一回/だいたい三十回くらい書きます

1996年 平成8年 20歳 大学2年生

☆8月 第一回フジロックフェスティバル、RAINBOW2000

 8月10日。チケットぴあで購入したチケットを握り締め、日本ランドHOWゆうえんちへ向かう。
 RAINBOW2000、富士山麓で一泊二日のレイヴ。都内からバスに乗り、眠って目覚めたら、なんだか外の天気があやしい。夏の午後なのにやけに暗い。大丈夫なのか…?
 鶴見済さんの追っかけをしていた

もっとみる

Flat Play

invisible Future

00:00 | 00:30

4つ打ちのダンスミュージックへの憧憬が再燃中でそれはまだ続いています。
これはきっとこういう楽曲集をリリースするまで終わらないんだと思います。
出したい音、出さねばならぬ音は他にもあるので、すぐではないかもしれませんが、必ず出しますので待っててね😊

新しいmixtape作りました。

Untitled 909というサイトのために新しい60分ほどのmixtapeを作りました。
基本、全曲オリジナル新曲です。
(2曲は5月にリリースしたCD「日本の音楽」の別バージョン)
Electronic, Ambient/Droneなテイストで作りました。
最後の10分くらいはBPM132でやっています。

ぜひ、チェックしてみて下さい。

もっとみる

2019年上半期よく聴いた音楽

「どんな音楽を聴いてるか」的な事はちょくちょく書こうと思っていますが、ほぼ1回目の投稿なので、今回は上半期によく聴いた音楽について書きます。

1.Anastasia Kristensen - Ascetic

Top 10という感じでは今回は書きませんが、上半期1位で言うとこのトラックかもしれません。
WARP RecordsのサブレーベルArcolaからリリースされたこのEP、かなり内容が濃い

もっとみる

はじめまして。

東京八王子市在住のDJ/Producer、Hoshina Anniversaryです。
現在やっている音楽のジャンルはElectronic〜Techno〜Houseといったところでしょうか。5月にCDアルバム「日本の音楽」(Bandcampで現在もCD、デジタル共に発売中です。)をリリースし、他にもレコードでリリースをしたりしています。

ここ1年くらいは「クラブミュージック+和楽器」というサウン

もっとみる

小説屋④ 野中リユ

以下の小説は、「小説屋④ 野中リユ」というタイトルで、郵便小説として販売していたものである。発売元は、ネット書店のめがね書林。
 シーリング・ワックスで封をされた封書に入って小説が届く。

 これは、小説屋シリーズの第4回目。

 私はかつて「私はDJ、じゃない。」という小説を書いて発表した。それは、めがね書林で売っているが、その小説を書き直して、「神様がいたダンスフロアの終わり a Love s

もっとみる
犯罪とちがって、約束には時効はないからね(「スズキ」)
50

Organik Festival 2019

はじめに

2018年の初参加に続き、2019年の今年も台湾で開催されたOrganik Festivalに参加してきた。

筆舌にしがたい経験をさせくれるOrganik Festivalを伝えることは容易ではないと思うが少しでも伝われば幸いだ。

僕はもともとパンクやロックが好きで、高校時代はバンドも組んでいたし、中学〜20代前半は洋邦問わずライブやフェスによく行っていた。

20代中盤にヨーロ

もっとみる

ディスク ガイド#01 KAGAMI - The Broken Sequencer

90’sがいろいろな業界で再評価・・・?

というか看板架け替え効果で「新しい」という風潮になってきてますが、実際のところ「どんなダンスミュージックが流行っていたのか知らない」って人も多いかもしれないので、

90年代~2000年代中盤までのディスクガイドを書いてみます
いわゆる【ジャパーニーズ・テクノ黄金時代】ですね

KAGAMI というアーティストから

2010年に過労による急性心不全で亡

もっとみる

人生に音楽の彩りを✨№46

I love ジュリアナ東京💖

はぁぁーーーっ✨✨懐かし💖💖ひな壇で、扇子、振っておりましたwww
これに、ジョン•ロビンソンの「ジュリアナーっ!トキオーっ!」ってのが、はいってると完璧なんだケドな💕
途中から、2アンリミテッド、入ってるな〜
わかる?わからんやろな〜w

長いから、踊りたい人だけ聴いてねw

なんなら、ご一緒します?٩(๑òωó๑)۶www