デザイン記事まとめ

デザイン は ロジック だ

デザインを生業にしている方々からRTもらえて光栄です。。

#デザイン記事まとめ マガジンに掲載していただけました

もっともスキをいただいたようです。。光栄です。。

勝手にハードル上がっていってますが、、
デザインに関しては独学というかシロウトですので、あしからず。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「センスだと思ってない? 違うよ、デザインはロジックだよ。」

どうも、福岡市

もっとみる

「価値を上げる」=ブランディングって本当?

最近SNSを流し読みしていた時に「ブランディングは価値を上げること」といったタイトルの記事が目に留まりました。

「…ん?」

と、どこかに違和感を感じながらも後で読めばいいやとスルーをして結局その記事が見当たらないというよくあるパターンでモヤモヤしてます 笑

でのこの違和感、初めての感覚ではないんですね。
ブランディングについてお客様から相談をいただいてる時にも感じることがあります。それは、

もっとみる
プレオデザインの古庄伸吾です。スキ有難うございます!フォローもぜひ!
14

30年前のチーズケーキとブランディングディレクターの仕事

大好きなチーズケーキがある。

甘いものはあまり食べないがチーズケーキだけは昔から好きで、カフェを経営してた頃も毎日せっせと仕込んでいた。最近では限定販売の「MR.CHEESECAKE」にハマり、週に二日の販売日を今か今かと楽しみにしている。

 MR.CHEESE CAKE

先日とある企業からリブランディングの依頼がきた。

地元でお菓子を製造している会社だ。企業フィロソフィーから商品のブラン

もっとみる
プレオデザインの古庄伸吾です。スキ有難うございます!フォローもぜひ!
10

noteのお知らせが急に増えたんだけど、なんだか嬉しいわぁ〜♪(その2)

#先日の余談

noteのお知らせの前に気がついたのがTwitterのMention。

noteでもCXOをされている深津(THE GUILD)さんがTwitterで僕のTweetにLikeをされた。その流れで深津さんのマガジン「#モノ作り」に登録されていることにも気がついた。(2019年6月25日 9:49)

その後、noteのマガジン「 #デザイン 記事まとめ 」にまとめてもらっているとn

もっとみる
お・お・き・に!
4

平成最後の日に見ておきたい良きウェブまとめ

こんにちは。noteに文章として投稿するのは初めましてです。普段はWebサイトを作るフロントエンドエンジニアをやっているMIOと申します。フロントエンドエンジニアとしては1年ちょいの歴になりました。

今日ツイッターで「平成最後の日に〜」というワードをよく見かけて、そういえば今日は平成最後の日だなあ〜せっかくだから何かできないかなあ〜と考えたときに「あ、私ツイッターだと良きウェブサイトおばけだから

もっとみる
うおおおおおありがとうございます!
16

ウェブサイト上でみられる文字拡縮や読み上げツールについての調査(2)

note公式の #デザイン 記事まとめ に、前回の「ウェブサイト上でみられる文字拡縮や読み上げツールについての調査(1)」(2018年06月10日)を入れて頂きました。ありがとうございます。今回はその続きです。

前回は公共機関のウェブサイトで見かける文字拡大・縮小切り替えボタンについて分類したことをお知らせした。
ウェブアクセシビリティの支援を目的にウェブページのヘッダー部分に付いているもので、

もっとみる
[謎々]オセロのコマは何種類あるでしょうか?
31

ウェブサイト上でみられる文字拡縮や読み上げツールについての調査(1)

公共機関のウェブサイトをみていると、ヘッダー部分にウェブアクセシビリティの支援として文字拡大・縮小切り替えボタンや音声読み上げボタンが付いているのを見かける。

私自身は文字拡大や音声読み上げツールの組み込みは不要と考えている。(特に、後者)
ウェブサイトを閲覧するときに音声読み上げが必要なユーザーは、その公共機関以外のウェブサイトも使っているだろうし、そこのページにたどり着くためには何らかの音声

もっとみる
[謎々]ひもに絡まって遊ぶ鳥ってどんなとり?
32

noteに取り組んでもらいたい5つのSEO施策

はじめまして。ふるこし(@aatoku)です。

というツイートを拝見したので気付いた点を。

1.AngularJSに対するレンダリング

ソースを開くと頭に<html ng-app="noteApp">と出ます。AngularJSですね。過去GoogleはJSをレンダリングしてないと言われていましたが、近年以下の発表がなされています。

現在は、サイト側で Googlebot による Java

もっとみる