トウリーディング

見えているものは同じでしょうか?

同じものを見ていても
それを見て感じることはみんな違います。

なんの説明もなくこの写真を見て
感じることはみんな違うんです。

美味しそう

こんな冷たいの食べたらお腹に悪い

いくらかな?

わーサツマイモだー!

などなど

そしてどれも

その人にとっての正解なのです。

そして全員にとっての正解ではない。

あなたはそう思うのですね

私はこう思います。

それでいいのです。

だれかの

もっとみる

笑ってる?

我が家の犬川柳のカレンダー。

今週の犬は、笑ってるー!(みたい)

でも、笑ってるかどうかは

本人(本犬?)にしかわからないのです。

トウリーディングでは

足(足指)に関する質問をするのですが

『足(足指)に表情があるなら

どんな表情をしていますか?』

そんな質問をすることが

あります。

もしかして、私には笑っているような

表情に見えても、本人が泣いている、怒っている

と見え

もっとみる

爪が死んだ

「爪が死んだ。」

真っ黒に変色した爪をみて

出た言葉。

『身体は自分以上に自分を愛している』

だからこそ

自分が気づいていないことを

身体は、身を張って

表現してくれているのだとしたら。

あなたは

自分の何を殺しているのですか?

あなたの何が死んだのですか?

生きながら死んでいる人生を

これからも続けますか?

それを見直すきっかけとして

身体は愛を持って表現してくれて

もっとみる

すぐ靴下に穴があく。

靴下に穴があく。

買ったばかりなのに

破れにくい素材なのに

指はそれを突き抜けて

顔を出す。

トウリーディングでは

靴、靴下など

足を覆うものを

その人が身を置いている

環境や世界ととらえます。

なら、靴下に穴があく意味は?

もしかして

『私はこんなもんじゃない。』

『こんな小さな世界に収まる器じゃない!』

『ここから飛び出したい!』

そんな想いを足で代弁しているのか

もっとみる

みんな違う

『みんな違う』

そこをわかっていれば

多くの問題は解決する。

そうに決まってる!

当たり前じゃん。

普通そうでしょ。

一般的には○○でしょ。

『当たり前』も『普通は』も

『一般的に』

は人それぞれ違うのです。

なのに、全部相手も

自分と同じと思うから

そこから外れるとモヤモヤイライラ。

トウリーディングは

グループセッションも行います。

そのときに、よく聞くのが

もっとみる

いつまで周る?

仕事が続かない。

苦手な人がどこにいっても
現れる。

パートナーと上手くいかない。

また、身体面なら

同じ症状や不調を

ずっと繰り返している。

同じようなことを

繰り返していることは

ありませんか?

偶然なのでしょうか?

繰り返すということは

同じ選択をし続けている

と、いうこと。

選択が種だとしたら

起こる出来事は花。

同じ種を撒けば

同じ花が咲くだけ。

もっとみる

どっしりしてる私。

自分の足を見て
どんな印象ですか?

自分の足を見て
浮かぶ言葉は?

トウリーディングは
そんな質問から始まります。


『疲れてるー。』

『むくんでる。』

『弱々しい。』

『血色がいい(悪い)。』

『あれっ?こんなとこに傷!』

全ては比喩。

足は自分自身。

足は自分の人生。

そう捉えると

足から出た言葉は

気づいていない自分。

先日のセッションでは

『どっしりしてい

もっとみる

何色に惹かれますか?

何色に惹かれますか?

その理由は?

理由なんてない!

惹かれるものは惹かれる。

好きなものは好き。

頭で考えると理由はわからないかも

しれません。

でも

必ず、それを選んだ理由は あるのです。

実は写真のハーバリウムは

チャクラカラー。

例えば、

赤なら第一チャクラ。

『安心安全を感じる』
『土台、基盤、ルーツ』
『家族』

といったキーワードがあります。

赤が好き!

もっとみる

過去に生きてる?未来に生きてる?

あなたはどちらを向いて

生きていますか?

過去なのか、未来なのか?

過去に向いてるなら

『あの頃はよかったな。』

『あれさえなければ○○になってたのに。』

未来なら

『こうなればいいのにな。』

『○年後どうなってるのかな?』

自分が発している普段の言葉でも

わかるかもしれません。

過去を振り返ることも未来を推測したり

ビジョンを描くことも大事。

ですが、生きているのは

もっとみる

この道であってる?

これまで歩んできた人生を道に

例えると

『この道であってる?』

『この道でいいの?』

と、誰かに聞きたくなるときが

ありませんか?

誰かが

『その道であってるよ。』

『あなたはこちらの道に進むといいよ。』

などと言ってくれると

安心するし、楽に答えを得ることが

できます。

でも、それは外から得た答え。

時間が経つと

また、同じ問いかけを誰かに

して、新たな答

もっとみる