ビジュアルノート

【受付中】 #スケッチノート朝練 楽描人(らくがきじん)カエルンの #プライベートレッスン のしおり #スケッチノート #コーチング

はじめに

 楽描人(らくがきじん)のカエルンです。休日の午前中を使ってスケッチノートの腕を上げるためのお手伝いをするという企画です。

 平日の夜にワークショップを開催しておりますが仕事の都合で参加できないという方が結構いらっしゃいます。そこで休日の午前中にプライベートレッスン(2名まで参加可)という形となります。

 カエルンとしても(1)ファンを集める、(2)直接声を聴く、(3)新しいワーク

もっとみる

ポートフォリオ(これまでの成果物と取引実績など)

有料のもの無料のものいろいろなビジュアルを作成してまいりました。その一部をポートフォリオとしてまとめました。【会社名】となっているものが取引実績(有料)のものとなっております。

1.スケッチノート/ビジュアルノートテイキング

【NHK(日本放送協会)様】NHKクローズアップ+ Twitter議論グラレコ

【WIRED.jp様】クリエイティヴに必要なのは「unlearn」の作業:手放すことから

もっとみる

あとにアイだけが残った~考え続けることで絶対の真理に近づいていく=好奇心~hapi-robo st 代表取締役 富田直美さんの #富田考力塾

知人に誘われて初めて富田考力(こうりょく)塾に行ってまいりました。ビジョナリーという言葉がありますがまさに富田直美さんのことだと得心しました。

 60歳を超え働き方を変えたとのこと。そんなことも気にしながらご覧ください。

※グラレコでの表記が間違っています。正しくは「ジェフリー・ギトマー(Jeffrey Gitomer)」です。

KAERUN's VIEW

 この記事のタイトルに「あとにア

もっとみる

未来で仕事が残るのはエンジニアだけ?技術評論社主宰の #広木沢渡トークセッション @hiroki_daichi @amane_sawatari @gihyo_hansoku

カエルンの世を忍ぶ仮の姿は現役エンジニアです!2018年秋期情報処理技術者試験では「ITストラテジスト」に無事合格できました。ありがとうございます。ちなみに「グラレコ勉強法」というものでやってみました。機会があればご紹介したいと思います。

 人(エンジニア)×組織の問題にはとても関心があります。プロジェクトのリーダーとしてお客様からの要件は満たすものができたことはできたのですが、自社特にカエルン

もっとみる

49才で死ぬ設定で生きている!私たちにとってのパーパスとは?なにWAA!始動~ #TeamWAA !Session JAN 2019

今回のゲストはこちら!

 全TeamWAA!メンバーが涙した感動のイベントのビジュアル・ノート早速スタート。

 「なにWAA!」すなわちTeamWAA!初の大阪開催。筆者は東京の声キングスペースから遠隔で参加しました。これまでもTeamWAA!宇宙部による多地点テレビ会議システムでの配信は行われていた訳ですが、その恩恵を受けることができました。ありがとうございます。

 しかしながら問題もいく

もっとみる

NHK クローズアップ現代+ Twitter議論グラレコ #クロ現プラス #スポーツ界の闇を話そう #グラレコ - ポートフォリオ

楽描士(らくがきし)の宇治茶更(うじさかえる)です。カエルンとお呼びください。私のライフワークは、楽に楽しく描くことを自分自身だけでなく宇宙(この世)に広めていくことです。

 今回、日本放送協会、即ちNHKさんからお仕事をいただきましたので記録もかねて報告させていただきます。

スポーツ界が抱える問題の取材を進めていく中で寄せられる、選手たちの告白。特定の指導者との密接な関係の中でトレーニングが

もっとみる

絵なんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ。 #楽描人に大切なこと

グラフィック・レコーディングでイラストの可愛らしさや似顔絵が似ていることは本質ではありません。しかし届けたい人の興味関心を考えれば絵図が素晴らしいことはパワーの源泉になります。

絵図の見た目は飾り

 グラフィック・レコーディング(以下、グラレコ)で絵図の見た目(カワイイ、キレイ)は飾りであり本質はビジュアル・コミュニケーションが成立すること、つまり内容が未来の自分や他の人に伝わることにあると考

もっとみる

モンダイはモノ化せよ~ヒトとコトを責めずに問題を解決する #楽描人に大切なこと

ワークショップをデザインしたり、ビジュアル・ファシリテーションをする時の基本原理が「問題のモノ化」です。

『人』や『事』を対象にした議論は問題を悪化させる

 『人』や人が為した『事』を取り扱う話し合いは解決しないことが多い。問題があるプロセスではなく指摘を受けた側の『人』が責められたと感じることから防衛行動をとるからです。

 例えばAさん、Bさんが所属するチームが行っているCプロジェクトで問

もっとみる

僕らがグラフィック・レコーディングをする理由 #楽描人に大切なこと

カエルンがグラフィック・レコーディング(以下、グラレコ)をする理由はこの一言に尽きる。

イメージすることなしに考えることはできない。(アリストテレス)

 イベントが終了するとグラレコやビジュアルノートが完成している訳ですが「リアルタイムでこれを描き切ったのですよね?」「理解した上で整理して描いているんですよね?」とよく質問されます。「紙に描いたものを見て理解しています。」とお答えしています。

もっとみる

ETIC.主催 感情の扱い方を学ぶプログラム<ビジュアルメモ編>

今日はETIC.が開催する感情のマネジメントの仕方を学ぶプログラムに参加してきました。講師はマインドフルネス研究と実践の第一人者である、米クレアモント大学ピーター・ドラッカースクール准教授・ジェレミーハンター氏でした。
   
今日のビジュアルメモの構成で意識したのは、

①円形に情報を配置していくこと
→場作りの構成が円形になっている時、メモを取っていく時にもそれに準じた配置でメ

もっとみる