フリーフォント

フリーフォント「PLEIADES Alphabet」

今回は「自作フォント」の巻です。前記事でTシャツ化したモチーフの作品として「放課後のプレアデス」という作品を紹介しました。

前記事:「スキなものとTシャツと私」

あの時の自分は、どうやらTシャツだけではまだ不完全燃焼だったらしく、今度は作中に出てくる宇宙文字をフォント化してしまいました。やるときゃやるオレサマです(どや)。

作品がいかに良いかというのは、前記事を見ていただくとして、今回は以前

もっとみる

音楽記号フォント

音楽記号、音符や強弱記号の入ったフリーフォントの紹介記事(の紹介)です。

▼ 記号の種類も多いのですが、DLで使えるようになる書体の豊富さが特色かと。

記事を見ると、書体が何種類も入ったセットなのがわかるかと思います、一見わかりにくいですが微妙に手書きっぽいものとか、カッチリしたものとか、ドットで表現されたものまで、いろいろ違いがあります。

記号の形の好みもあるので(ト音記号や細かい音符の「

もっとみる

ずばりクリエイターが、どのフォントをはじめに買うべきか教えます。

フォントって高いよね。特にデザインを始めたばかりだと、全部のメーカーを揃えるのは困難。ちょっとでも安く有効利用できるように、ビギナー向けに用途別おすすめメーカーを考えてみました。
※ @flopdesign のあくまで個人的な意見です

主要フォントメーカーはこんな感じ
モリサワ
フォントワークス
Adobe Fonts
イワタ
モトヤ
ダイナコムウェア
その他

ロゴやグラフィックデザインが中心

もっとみる

制作したフォントを紹介していただいた書籍のご紹介

サイトで設置した書籍案内のページが、Amazonの画像表示とテンプレートの相性が悪いようで表示不具合を起こすので、note.muをお借りしてちょっと宣伝させていただきます。

デザイン力を加速する!フリーフォントCOLLECTION (技術評論社)
珍しく掲載されているフォントを使った作例など載っておりますので、色々な作家さんのフォントがどう使われているのか? ぜひご覧になってください。

デザイ

もっとみる

和風のデザインに合うフォントを探す

和風デザインに使えそうなフォント、試してみたものをいくつか紹介。
条件としては、
①無料のフリーフォントで、商用可
②縦書きできる
③難しい漢字も出せるもの。
④今回は明朝系のみで。

そのなかで雰囲気のキレイなもの、印象の強いもの、など。また増やすかも。

フォントって

フォントは書体とも言われますがイコールじゃなくて。多分「PCで使える、入力と出力対応のされた文字としてひとまとめのデータにな

もっとみる

【厳選】UIに使える欧文書体まとめ

デザイナーを目指している人や現役のデザイナーにとって、デザインのバリエーションを増やすことは重要なことだと思います。
グラフィックデザインであれば様々な書体を使い分けたりできますが、WebサイトやアプリのUIとなると視認性や可読性の問題からフォント選びが難しくなり、結局システムフォントに落ち着いてしまうこともあるでしょう。
今回はUIに使えるようなフォントを以下の基準で選別しました。

1.  視

もっとみる

自分の文字がフォントになったはなし

定期的にnoteを更新すると決めて、一発目の投稿。
ルールとして、7月までは毎週金曜日に投稿と決めていて本当は明日(5/10)の朝投稿の予定でしたが、明日は朝早くから出勤しなければならなくなり、いきなりフライングします。ルールには書いてなかったけど一応フライングもOKとする。(笑)。
ゆるやかに楽しく、やっていきましょう。

さて本題へ。
私は、こちらの記事がきっかけで、フォントを一文字制作しまし

もっとみる

オリジナルフォント配布します。(zoro-one font)

3年前くらいに暇つぶしに作ったフォントを配布します。
文字間を空けて使ってもらうとバランスがいいかと・・・
※Zはわざと逆向きにしています(笑)

こんな感じでロゴなんかでも使い勝手がいいと思います。

もっとみる

「Calligraphr」というオリジナルフォントが作れるサイトでフォント作ってみました。
大きくすると粗さが目立つけどイラレにぶち込んでベクタにすればサイズ大きくても使えるかも。
あぁ疲れた・・・。

「記憶に残りやすい」フリーフォント

「記憶に残りやすい」ことが科学的に実証されているフリーフォント、それが「Sans Forgetica」です。

Sans Forgeticaとは「学習内容を記憶に定着させること」を第一にデザインした欧文フォントで、
上の画像の名札にはこのSans Forgeticaで「NAFUDA」と入力しています。

パッと見て読みにくいですよね。

実はこの「パッと見て読みにくい」感覚が記憶への定着においては

もっとみる
という訳でお気に入りいただけたらフォローもしていただけると幸いです。