酷暑の富岡、浪江、葛尾、都路、大熊、双葉。

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

7/31、8/1の2日間、浜通りを取材してきました。

9/21からの岡山での個展に向け取材に行きたいと思っていた矢先、「8月上旬から排気筒の解体が始まる」そんなニュースがありました。場合によっては大量の放射性物質の飛散も予想され、であればその前に取材に行かなきゃ

もっとみる

「不条理な死が絶えない」

選挙前です。

8年前のこと、みんな忘れてないですか。

若松丈太郎さんの詩を紹介したいと思います。

〜〜〜〜〜

不条理な死が絶えない

戦争のない国なのに町や村が壊滅してしまった

あるいは天災だったら諦めもつこうが

いや天災だって諦めようがないのに

核災は人びとの生きがいを奪い未来を奪った

2011年4月12日、福島県相馬郡飯舘村

村が計画的避難区域に指定された翌朝

102歳の村

もっとみる

2019年4月富岡浪江取材 なかったことにされないように<終>

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

<続き>

夜ノ森の桜まつりの会場は、僕にとっては堪え難い空間だった。福島県内に住む人にとっては、「もう8年も経ったのに、いつまで放射能言ってんだ」と思うのかもしれない。しかし東電福島原発事故は全く収束の目処は立っていないし、周辺の汚染も酷いものだ。そして、その原

もっとみる

2019年4月富岡浪江取材 荒らされた体育館

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

<続き>

ある意味異様な空間に車酔いのような感覚を覚えながら、イベント会場である富岡第二中を目指した。

この道を歩いてきた。左は帰還困難区域、右は桜のトンネル。

富岡第二中へ向かいながら脇を見る。バリケードだ。

無造作にフレコンバッグも置かれている。

もっとみる

自作詩『紅』(Kurenai)

自作詩『紅』(Kurenai) ※第26回え〜ほん絵本原画展出展作品

あふれ出すおもいでは弄ばれて 行き場もなく彷徨い

ただ人だけが 何もなかったかのように 忘れたふりをする

都合のいい言葉を並べて演出しても そこかしこに廃墟は立ち並び

美しき花とフレコンバッグのコントラストは より一層虚しさを呼び覚ます

もうこれ以上 おもいでをこわさないで。

もっとみる

2019年4月富岡浪江取材 富岡駅前

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

<続き>

取材は3日目。これまでは「週末パス」を使っての取材だったので週末2日間だけだったが、今回は7日間乗り放題なので、3日目も。7日取材したいところだが、宿泊費もバカにならないのでなかなかそうはいかない。車の運転が出来れば車中泊でもいいのだけど。

この日は

もっとみる

2019年4月富岡浪江取材 真っ黒な塊

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

<続き>

大堀地区手前の帰還困難区域ゲートを後にし、高瀬川脇のフレコン置き場へと向かう。昨年10月にも来た場所。

常磐道の下をくぐっていく。昨年10月はこの右側の道へ向かった。

見えてきた。こちら側から撮影するのは初めてだ。広大なフレコン置き場、一度の訪問で

もっとみる