プラスチックフリー

脱プラスチックマルシェ(エシカル100考、46/100)

エシカルペイフォワードでの「脱プラスチックマルシェ」、大盛況でした。主催者が自分で大盛況だったと言っちゃうくらい。。有難うございました。

「脱プラスチック」に興味(もしくは危機感?)を感じながら、具体的にどんなものがあるの?どんな取り組みがあるの?とモヤモヤされていて、ちょうどマルシェがあることを知って足を運んでくださった方が少なからずいらっしゃいました。

エシカルペイフォワードは、ただのエシ

もっとみる

フリープラスチックビーチ森戸海岸と、フェアトレードタウン逗子周遊(エシカル100考、45/100)

※最初に言っておく、トップの写真は森戸海岸じゃなくて一色海岸だ!(by 仮面ライダーゼロノス)

明日18日は、エシカルペイフォワードの「脱プラスチックマルシェ」。

ご出店いただくHayamahaloさん(葉山の海岸で拾われたマイクロプラスチックを、UVライトは使わずに朝日の力で加工した、海と太陽の光で作った世界に1つの美しい「エコジュエリー」、ほんっっとに素敵)から商品を受け取りに逗子まで行っ

もっとみる

サスティナブルな暮らし0817

旦那の出稼ぎで期間限定、オフグリッドでワンオペ育児中です。後半は残業が多く、朝4時に出発して、午後6時半帰宅。

この夏の半月程度の期間で、我が家の年間生活費を稼いで来てくれるのでお互いに大変な期間ですがありがたい事です。

しかし、来年からはこの暮らしの延長線上で本当の意味での持続可能な生活をと考えているので、これが最初で最後の経験になるのかなとも思っています。

我が家(私)の場合、この環境下

もっとみる

親子で安心して使える竹ストローを作りたい。

この思いを一緒に形にしてくれるモニターさんを募集します。

現在わが家にはまもなく1歳になる息子がいます。離乳食が進むにつれて、その内ストローを使い始めるのかなと考えたりしていました。

必要になった時に手元になければ、簡単に手に入る物にしてしまう可能性も考えて今の内に身近な素材で手作りする事に。耐久性のことも考えた結果、竹でストローを製作し始めたのがそもそものきっかけです。

いざ作り始めると

もっとみる

サスティナブルな暮らし0809

オフグリッドでワンオペ育児の後半開始。
なんだか今回は慣れて来たのか、心持ちは穏やかでロケットストーブで調理する余裕も出て来た気がします。

・雨乞いを兼ねた、雨対策
・アシのストロー
・猛暑を過ぎてからできた夏のズボン
・きゅうりドレッシングアレンジ

雨乞いを兼ねた、雨対策

家の裏の下屋の下に、水瓶を大量に設置しました。
水が貴重になると、一滴でも逃したくないと思うものですね。
これで後は雨

もっとみる

サスティナブルな暮らし0808

明日から再び、期間限定ワンオペ育児開始!
今週は暑さが落ち着き、やっと雨が降りそうなので、途中旦那が帰ってくる日もありそうです。

・日照りによる干ばつはわが家だけの問題ではなかった件
・夏のおやつにトウモロコシ
・ククパは参考にするけど、真似はしない話

日照りによる干ばつはわが家だけの問題ではなかった件

相変わらずわが家の湧き水は枯れております。
最近は野菜の水やりには田んぼの水を。
数十メ

もっとみる

見えないプラスチック

プラスチックなるべく減らそうと思うと、いかにプラスチックに囲まれて生活しているか実感します。食品買うときはほとんど避けられません。代替品がないことが多く、消費者レベルでの取り組みでは限界があるので、メーカー側の努力や、国レベルの規制などで減らす努力も必要ですね...

ところで世の中にはバーチャルウォーターとか、フードマイレージという言葉があります。

例えば農産物は、育てる過程で大量の水を利用し

もっとみる

サスティナブルな暮らし0805

本日は十和田より我が家でいつもお世話になっているニッキーさんが来て下さった1日でした。
男手一人加わる事で、出来る作業の幅が広がりいつもありがたいです。

廃材セルフビルドは誰でもいつでもお手伝い大歓迎なのですが、そう謳うと誰もがいつでも来なくなる魔法。
ちなみに、うちみるキャンプ今月23,24日に行いますのでお気軽にどうぞ♪

・引き続き水不足
・うちみるお手伝いニッキーDAY
→廃材整理(午前

もっとみる

岩手で海キャンプ→水不足問題

昨日までの二日間、岩手の海岸沿いでキャンプをして遊んできました。
こういう暮らしをしていても、お外キャンプはまた別物。
広い海と、大きな空を家族3人で貸切状態。

いつもと違う場所という新鮮さと、海の涼しさで寝苦しい夜からも解放されて。
用事じゃなくただ遊びに出掛けるってこれまで中々機会が無かったので家族みんながストレスフリーに過ごせた1泊2日でした。

水不足問題

そして帰ってくると、水が復活

もっとみる

カンボジアから、クメール語の新聞を編み込んでできたポーチ。文字が可愛く、手は凄くかかっている。新聞を編める形状に固く折り畳んで、きっちり編んでいくって根気がいりまくる。若い女性が作っているらしいけど、その努力から生まれたお洒落なエコに感服。これもまあ脱プラ商品。