ミクロとマクロ

大学の講義って寝るもんじゃない

最近仕事、仕事、仕事〜〜〜すぎて息がつまるような日々を過ごしていて。

本当に疲れてしまって、台風がきたこの3日間は本当〜〜にグータラ、

寝て過ごして、たまにパソコンに向かうなどという、

引きこもり生活をしておりました。

とはいえ、仕事人間なので、いてもたってもいらず、

あれやこれや次の案件の案出しだったり、コンテンツを考えたりするのにインプットは欠かせないので、、

久しぶりに大学の講義

もっとみる

ミクロとマクロ

しばらく更新していなかったのは、旅行に行っていたことと、引っ越し準備で忙しかったから。

更新していない一ヶ月の間にも色々なことを思って考えて、それを書きたいと思うことは何度もあったのだけど、今忙しいからね、一旦やめとくよ、と、すっとスルーすると、それは簡単に消えていって、私自身ももう覚えていない。そうすると、それって本当に自分が思ったり考えたりしたことなのか、曖昧だなぁ、と思う。
一度思っても

もっとみる
ありがとうございます♡嬉しいです!
13

ミクロの美しい世界は、自分とも世界とも宇宙とも繋がっている気がする

顕微鏡は研究者時代には毎日触っていた研究機器です。

私の研究対象が細胞だったこともあり、
細胞株だけでなく初代培養細胞も勿論扱っていたので
毎日細胞を観察するのが日課でした。

よくよく思い出してみると、
私の幼少期に父が顕微鏡を買ってくれたのを思い出しました。
ミジンコとか、毛髪とか、砂とか色々観察したのを思い出します。

読んでいて上記のような思いでを呼び覚ますには十分なワクワク感があったの

もっとみる
ありがとうございます!
9

プラネタリウム : 人工的天象儀観測

池袋のコニカミノルタに参上してきました。

プラネタリウムは年々進化していっているようですね。

お時間あるお方はぜひ、行ってみてください。

映画に引けを取らないので。

席に悩んでいるなら

これがわかりやすいかも。

やはり歴史を見ると面白くて

紀元前1世紀に哲学者のポセイドニオスによる機会が最初なので(参考文献の判断)とんでもなく前に祖先がいること、そしてその時代には天文学者ではなく哲学

もっとみる
素敵な一日を!
2

『毒』と『薬』の定義

— 基本的な意味 —

【薬】
それを体内に摂って、著しい威力を発揮する物質。特定の部分に対して、特化した効果を生じさせるために製したもの。

【毒】
健康や生命を害するもの。人の心や生活を傷つけること。タメにならないもの。災いになるもの。悪い影響を与えるもの。

— 毒・薬を含むフレーズ —

【いい薬】
一時つらくても、結局その人の身のタメになること。

【毒にも薬にもならない】
害もなく益も

もっとみる
北九州市の作家さんの作品を買いたい!!
5

寄稿「それぞれのコルカタを作るな!」

どんなに、社会という構造が、変化しても、「家族」という社会単位は、不変(普遍)である。

お母さんがいて

お父さんがいて

お姉ちゃんやお兄ちゃんがいたり

かわいい弟や妹がいたり

もちろん、ペットも、家族だよ(^^)v

マザーテレサは、言いました。

「平和な世界を、築くために、どうしたら、いいかって? 家に帰って、家族を愛してあげなさい。」

マザーテレサは、インドのコルカタ(現カルカッ

もっとみる
Thanks a lot !
10

二年前のお正月、温泉のサウナに、行った。
そこのテレビで歴史ミステリー番組がやっていた。
心理学の巨人、フロイトが、何故か、考古学であるはずのエジプトのピラミッドに言及していた。
今の私なら理由がわかる。
#誇大妄想
#17歳教
#ミクロとマクロ
#超弦理論
#波

励みになります!ありがとうございますm(__)m
5