風邪を引いていました。

6月末、喉に違和感があり、これは風邪になるかもしれない、と察した後、着々と咳が出てきて悪化。(その間引っ越しという一大イベントがありました)
市販の薬ではイマイチで病院へ行き吸入をして、処方された薬を飲み、やっと落ち着いてきたと思ったら、あっという間に半月も経っておりました。

咳風邪、会った人に自分が移したかも、と何度も思うレベルで流行っている模様です。(しばらく会ってない方も同じ咳を、、、)

もっとみる

【上級者用】被リンクが貰えるサービス26選まとめ

このnoteではたくさん被リンクが欲しいあなたの為に、自演リンクができるサービスをまとめています。

なお、このnotoは「簡単に被リンクが貰えるサービス10選」のさらに深掘りしたコンテンツとなっています。

「簡単に被リンクが貰えるサービス10選」で紹介しているサービスは比較的有名で一般的なものばかりですが、ここで紹介するのはあまり知られていないディーブなサービスを凝縮しています。

僕がこれま

もっとみる

アイディア製造工場(その2)

デジタル時代になって、個人も大量のデータを生産するようになった。これを適切に引き出すシステムを作ることが重要だ(『「超」AI整理法』、第1章の2,3)。

◇データをクラウドにあげる3つのの方法
 まず、データはクラウドに上げる必要がある。自分のPCなどローカルなストーリッジでは、効率的な管理はできない。
 クラウドにあげる方法として誰でもすぐに使えるのは、次のものだ。

1.Gメール
2.Goo

もっとみる

突破口/(精神障害者のための独立方法) その3

さて、市役所・障害者福祉課で、独立に関しての二度目の面談。
というよりは、引っ越ししようにも精神障害者にはそもそも部屋を探すことすら困難、と言われたことを説明したら、ちょっと話を聴かせてくれないか、ということだったのだ。

担当の女性主査の方ともう一人、女性職員を加えてお話を、ということだった。

まずは簡単な、私への知能テスト。問題はなし。汗かいたけど。
そして、本格的な聴き取りが始まった。

もっとみる

軍神へ/諏訪神社(精神障害者のための独立方法) その2

続き。
待ち合わせは立川だ。立川の神社を検索すると、すぐ出た。
立川諏訪神社。

お諏訪さま?
調べる。

祀神さまはかいつまんでいうと、ようは古事記の時代に、うまいことやったお兄ちゃんとは違って同じ相手に正々堂々挑んで「負けた」、
建御名方神(タケミナカタノカミ)さま。

負けた神さまあ?ええー?
でも、本殿の写真を見ると、見た夢のイメージにかなり近い。
私は人生の再起をかけて

もっとみる

「超」メモ帳は、note作成作業の強力な道具箱となる

「超」メモ帳は、note記事の作成作業において、きわめて強力な道具箱となります。

◇noteの作業で必要となるファイルや手順を「超」メモ帳にメモしておく
・記事作成に必要となるファイル
 下記のものは、PCに格納してあるのですが、どこに格納したかを忘れてしまう場合も多いので、格納先を「超」メモ帳にメモしておきます(「超」メモ帳については、『「超」AI整理法』、第3章を参照)。

  ヘッダーの写

もっとみる

【架空の書籍~有料ノート裏話(続編)!!スピンオフ。メイキング。~】

※この記事は無料で読めます。が、有料ノート(¥120)との連動企画です。

(1)

●『人間の証明~人生のジョーさん(勝算)~』(著・ジョー山中&前田裕二)

続編のタイトルは、これだね。いや、前編か(笑)

サンキューベリーマッチ!!(電波ソングを口ずさみながら老舗の銭湯へ!)
5

「超」メモ帳は、ずぼらで、いい加減なやり方でも使える

「超」メモ帳は、最初から完全な体系を作らなくとも、かなりいい加減な方法で十分使うことができます。次第に体系を整えていけばよいのです。
 最低限必要なのは、Googleドキュメントをダウンロードして、ここに入力することです。

 音声入力は必須ではありませんが、これによってメモの入力は飛躍的に簡単になります。 歩きながら、あるいは寝た姿勢でもメモができます(『「超」AI整理法、第4章』)。

 後か

もっとみる

「要らないものを捨てる」という考えを捨てる

その昔、われわれは情報を紙で扱っていました。書籍、雑誌、新聞、書類等々です。これらについて、「要らないものを捨てる」というのは、整理法の基礎でした。
 モノについてもそうです。いらないものを残しておくと、新しい物を置く場所がなくなるし、必要なものがすぐに見出せなくなるからです。「断捨離」の考えというのは、こうしたものです。
 ただし、「要らないものを捨てよ」と言うだけでは、ノウハウになっていません

もっとみる