【良い見本を紹介②】 スピードの絶対値が異なる馬はあの部位において他馬と異なる!

前回に引き続き、スピードの源泉となる馬体構造が秀でた馬のご紹介。

具体的な評価の方法(馬体の見方)については以下の記事をご覧いただきたい。
(絶対的なスピード力を後肢から見極める方法→こちら)

さて、早速だが下の写真をご覧いただきたい。

1歳馬らしくやんちゃそうでスイッチが入ったら止まらなさそうな目つきをしている本馬。

牡馬にしてはとても身体が小さかった。

2歳時の朝日杯フューチュリティ

もっとみる

【良い見本を紹介①】 スピードの絶対値が異なる馬はあの部位において他馬と異なる!

昨日の記事「【違いを知る方法】 飛節の構造はスピード能力と密接に関係している!」の中で、

競走馬の能力の大前提はスピードであり、その推進力の源泉となる重要な部位についても取り上げた。

実践の積み方についても紹介したが、そのうちの一つである1歳時点の立ち写真から見極める方法。

出資検討するにはここで判断する必要がある。

さて、下の写真を見ていただきたい。

昨日の記事で紹介したチェックすべき

もっとみる

It's New World

月曜日終わり。仕事の終わり間際にトラブルが発覚しまして、明日対処する必要があって、今からげんなりです。昨日、9時間ぐらい寝られて今日はすっきり仕事できましたが・・・

で、新興一口クラブのニューワールドレーシングですが、いろいろネタを提供してくれていますが、今回の事案で思うところがあって今回はこれをネタにします。ちなみに長文です(笑)

【重要】運営方法変更のお知らせ
各位
いつも大変お世話になっ

もっとみる
ありがとうございます(*^^)v
4

【違いを知る方法】 飛節の構造はスピード能力と密接に関係している!

以前、本note内の記事である「絶対的なスピード力を後肢から見極める方法」の中で、飛節の大きさと力強さについて解説した。
(「絶対的なスピード力を後肢から見極める方法」→ こちら)

競走馬はスピードがなければ勝つことはできない。

いくらスタミナがあっても勝てない。

これは競馬の歴史がそう物語っていて、人間の思考そして馬自身の質が大昔よりも世界的にステイヤー色が減ってきているが、

それでいて

もっとみる

一口馬主マスターB  ノート公開⑦ キャロットクラブ 2017年度募集編

No.5 ディアデラノビアの16 (馬名:カウディーリョ、父キングカメハメハ、総額7,000万円)

募集時の評価

馬体バランス良い。
品のある顔、しなやかな首さし、素軽さ溢れる中でしっかりと発達している半腱半膜様筋を含むトモは好印象。
黒々していて澄んだ瞳から集中力が垣間見れる。
肩が立っていて、前駆の可動がやや小さくなるかもしれないが、そこは後躯でカバーできそう。
長い距離よりもマイル~中

もっとみる

入着馬のチェックは意味がある

週末の競馬が終わると、翌週の月曜、火曜は出走した馬達の結果を確認していく。

自分の出資馬だけでなく、1歳時に見てきたクラブ馬やセリ市に上場されていた馬も含めるので結構な数になる。

なるべく1頭1頭のレースを観るようにしているため、その数が数十頭に及ぶとまる2日かけてやっとチェックできることもあるくらいである。

そして、それが終わると、もう一度全レースおける勝ち馬と入着馬の血統に目を向ける。

もっとみる

血統表・ブラックタイプに記載されていない「重要なこと」

一口クラブのカタログには募集馬の立ち写真と血統表(4代もしくは5代目まで)、そして母系の把握のためのブラックタイプが共通して載っている。

私は何度も、まずは「馬体の評価」で血統は二の次だと発信してきた。

しかし、血統を無視しろとは言っていない。

むしろ、馬体から良い馬を見つけて、出資検討頭数が多い場合はそこから血統をしっかりチェックしたうえで価格と相談のうえ、頭数を絞る。

そして、この血統

もっとみる

一口馬主マスターB  ノート公開⑥ キャロットクラブ 2017年度募集編

No.3   オリジナルスピンの16 (馬名:アップライトスピン、父ディープインパクト、総額5,000万円)

募集時の評価

馬体バランス良く、頭からお尻にかけての背のトップラインがきれいで身体のしなやかさを感じさせる。
品のある顔、落ち着いた表情から気性の難しさは感じられない。
ただ、左前肢管の背側(正面側)が腫れており、繊細な場所なだけに一過性のものなのか気になるところ。腫れが続くようなら痛

もっとみる

日本人が繁殖牝馬に約12億円の投資!! ~米国ファシグティプトン・ノベンバーセール~

世界有数の馬の生産地である米国ケンタッキー州で、サラブレッドのセリ市が現地時間の本日開催された(11/5)。

ファシグティプトンFasig-Tipton社によるノベンバーセールである。

ミックスセリ市と言われることもあり、1日で牝馬と当歳馬両方が上場される。

「牝馬」と記したのは、馬によっては購買者が繁殖牝馬としてその後供用する場合もあれば、競走馬として走らせる可能性があるからだ。

毎年、

もっとみる

今まで通りでは勝ち抜けない馬選びにピリオドを!!

写真などで馬の立ち姿を見て、そして歩様を見て確たる根拠をもって馬を評価できるようになること。

私が本noteやTwitterで発信している意図はこれに尽きる。

競馬全体に目を向けて、少しこの内容からはズレることも発信しているが、基本的には馬選びに参考になることをと思って発信している。

競馬ファンであれば、誰もが一度は自分の眼で自信を持って馬の評価をしたいと思うのではないだろうか。

馬主とし

もっとみる