中咽頭がん

#049 【治療終了後109日経過】年を一つ重ねたことと、体調の回復と。

2019年8月31日

8月も今日で終わり。今日ではないのだけれど、今月後半に誕生日を迎えた。47歳。別に年齢はどうでもいいのだけれど。癌を患っておよそ半年経って、初めての年齢更新だ。

緊急に命に別状があるような性質の癌ではないことは初めから分かっていたことなので、命が永らえてよかった、というような特段の感慨といいうのもないのだけれど、それでも何か一つの山を越えたような気もしている。生きているこ

もっとみる

#048【治療終了94日経過】身体に起きた様々な変化を確認する

2019年8月16日

昨日は一ヶ月ぶりの定期検診で頭頸部外科へ。前回新たに発見された右側の腫瘍らしき影の正体を突き止めるべく再検査を受けたのだけど、前回となにも変わっていないとのことで、今回も結論は持ち越し。また来月様子を見ましょうとのこと。

悪くはなっていないのだけど、消失したわけでもない。なんとも煮え切らない結果だがそれが現実なのだろう。たとえ今回のこの影が限りなく良性なものであったとして

もっとみる

#047【治療終了後70日経過】最凶の副作用がやってきた

2019年7月23日

今日は月に一度の放射線外来の日。とは言っても特にすることもなく、副作用の進行具合を含めた近況を放射線技師の担当者に報告してはい終了、と言った感じ。痛みや不調を訴えたところで「副作用の典型的な症状なので、しばらく様子を見ましょう」しか言ってもらえないし、うーむ、この邂逅には何か意味があるのだろうか。

ただでさえもここに来ると自分が癌患者だったことを再認識してしまって気が重く

もっとみる

#046【治療終了後62日経過】一難去ってまた振り出しに戻る

2019年7月15日

随分と間の空いた更新。前回行ったCT検査の結果が出たので内容を聞きに病院まで行ったのが先週の木曜日。

検査結果としては、従来あった左中咽頭とリンパ節のガンは現時点においては綺麗に消滅しているとのこと。

これはもちろん喜ばしいことなのだけど、しかし今度は右のリンパ節に1cm大の腫瘍らしき影が発覚。一応エコーで詳細を確認したのだけど、如何せん大きさがまだ小さいので実態がつか

もっとみる

#045【放射線治療終了後50日経過】CT検査再び。生と死を受け止めながら一歩一歩を踏み出すということ。

2019年7月4日

今日はCT検査の日。放射線治療が終了して、あらかた副作用も収まって、ようやく治療の効果測定を行えるようになったので、実際に検査を行うために病院から紹介された都内のクリニックに向かう。

こじんまりとしたクリニックだけど、決して狭っ苦しさは感じない。待合室もソファを中心とした視線を低めに抑えたレイアウトで、なんだかちょっとセレブな感じ?なかなかオシャレな印象だ。

しかし残念な

もっとみる

#044【放射線治療終了後43日目】一歩前進二歩退却

2019年6月27日

体調は二転三転して、今はちょっぴり悪い方に傾いている。体調が、というよりは全ては味覚の問題で、食事が思うように摂れないゆえに体調が悪化しているといっても良い。

味覚はここ一週間ほどでまた新たなフェーズに突入し、従来からの苦味に加えて常に酸味を感じるようになった。酸味といっても柑橘系の爽やかなものではなく、簡単にいうと、嘔吐して、嘔吐して、嘔吐して、何も出なくなった後に口の

もっとみる

#042 【放射線治療終了後26日目】チープなドラッグに酔いしれる日々

2019年6月10日

東京は梅雨入りしたそうだ。朝から雨で気持ちも籠りがちだが、当分出勤する必要もないだけまだマシと言ったところか。

口内炎自体はすっかり綺麗になったのだけれど、喉の奥の炎症だけが意外としつこく残っていて、いまだに食べ物が当たると痛い。前回気になっていた舌の付け根の炎症はかなり楽になって、もう舌を右の奥まで伸ばしても大丈夫。これだけで食事のストレスが随分と軽減された気がする。

もっとみる

#041【放射線治療終了19日目】人の身体は回復するようにできている

2019年6月3日

6月に入ってからいろいろと良い方向に向かいつつある。まずは口内炎だが、ほぼ8割〜9割がた治まってきた。口腔内の口内炎はほぼ消滅して、あとは左側の鼻腔と喉の間、のどちんこの奥のあたりに白く化膿している部分が残っている。ちょうど癌があった場所だ。やはり患部そのものには一番放射線が当たっていたであろうから、一番治りが遅いのかもしれない。

同じくらいに治りが遅い場所がもう一つあって

もっとみる

#040 【放射線終了後13日経過】味覚がちょっとだけ戻ってきた件について

2019年5月28日

味覚に若干の変化あり。食べてる物の味の違いを少しだけ感知できるようになってきた。でも単にリンゴとみかんの違いがわかる、というレベルの話で、従来のレベルで甘さや旨味が感じられるようになったわけではない。しかし今までは何を食べても同じ味(=苦い)しかなかったわけだから、それに比べれば大いなる一歩を踏み出したとも言える。

リンゴとみかんの味の違いなんて、わかって当たり前じゃねー

もっとみる

#039【治療終了1週間経過】少しずつ回復はしているのだけど

2019年5月22日

味覚というのはどういうメカニズムで機能しているのだろう。よく聞く例としてかき氷のシロップの話がある。メロン、いちご、レモン、ぶどうにブルーハワイ、様々な種類のあるかき氷のシロップだけど、あれは色と匂いを変えてあるだけで味は全部同じなのだという。子供達がかき氷を食べているときに実際に目を閉じて、鼻をつまんで食べ比べてみたこともあるのだけど、正直よくわからなかった。しかしそれが

もっとみる