副作用

放射線治療中です。毎日せっせと病院に通っています。

治療自体はなんてことはないのです。放射線は目にも見えませんし体にも感じません。機械が動いてるなあと思っているうちに、サクッと終わります。

ただ、放射線を照射する機械というのが馬鹿でかいもので、ぶっといアームが回転して、ベッド型作業台の背中側にも回り込んだりするのです。私の場合、まず背中側から照射して、その次に斜め前からの照射になるので、背中の

もっとみる

私小説「”骨髄移植”経緯」~23~

23.「明日からステロイド点滴を内服に替えます。」
7月8日の入院から3カ月が過ぎ、そろそろ外泊が現実的になってきました。そのためにはできるだけ点滴の量(数⁈)を減らさなければなりません。午前中に1時間で落としているステロイドの点滴を内服薬に替えると、5㎎の小さな錠剤10粒。薬剤師さんに甘えて朝6粒、昼4粒を個別に1袋にまとめてもらいました。あとは10時から18時までの電解質の点滴。マグネシウムの

もっとみる

放射線治療専門医試験・口頭試験 / 過去問題回答案

放射線治療専門医試験・口頭試験で過去に出題された問題の回答案です。
(問題はこちら)

・回答内容は簡易版であり、正答を保証するものではありません。またどの程度回答すれば良いかも、試験会場の雰囲気次第になる部分があるかと思います。不確定要素が多いため、100円で販売しています。
・適宜アップデートしていく予定です
・何かあればコメント頂ければ幸いです。
・他にも過去問の情報がありましたら、情報提供

もっとみる

よーく考えよう

お金は大事だよ〜♪(古)

放射線科の診察を受けました。これから始まる放射線治療のためです。

放射線治療には「取りきれなかったがんを叩く」という目的がありますが、「再発の防止」というのもあるのだそうです。この病院では乳房温存術で手術した場合は「必ず」放射線治療を行うのですが、再発率が1/3になるのだそう。

「手術で取りきれていて転移もありませんからもともと再発率は低いんですけどね、さらにそれが

もっとみる

2019年放射線治療専門医試験 解答・解説案

2019年放射線治療専門医試験 解答・解説案

・個人が調べた範囲の解答案ですので、誤植や間違い、リンク切れはご容赦ください
・複数正解や正解がなく、答えが導きだせていない設問があります。
・最小限の解説はありますが、必要に応じて成書をご参照ください
・適宜アップデートしていく予定です
・ステージングは2019年現在のものを採用しています。
・何かあればコメント頂ければありがたいです。

1. 

もっとみる

私小説「”骨髄移植”経緯」~20~

「とりあえず来週末の外泊を目標にしましょう。」
副主治医に退院の目安をきいたときに帰ってきた答え。今24時間点滴をしているのは、カロリー点滴1リットル(免疫反応抑制剤含有、一日2本)とその液剤を体内に運ぶ輸液500ミリリットル(一日2本)。たまにこれに、眠気を誘うかゆみ止めの液剤が混ざります。これらの24時間点滴が外れないと退院はできません。免疫反応抑制剤は内服薬に置き換えができるらしいのですが、

もっとみる

私小説「”骨髄移植”経緯」~18~

「あー、薬疹ですね。いつからですか?」
3日夕方から起こった強烈な痒み。副主治医の指示で出してもらった軟膏は一切効果がなく、5日、ついに皮膚科を受診することに。そして私の雪焼けしたような顔を見て先生の下した診断は”薬疹“。汗拭きシートが原因ではありませんでした。
「ちょっと、内服薬と点滴を調べてみましょう。」と、電子カルテを調べ、「ははあ、3日の午前中から点滴に替えてこれを内服し始めたんですね。こ

もっとみる

私小説「”骨髄移植”経緯」~17~

17.普通食
「改めて、注意事項です」
食事を全粥から米飯に替えてもらってしばらく。おかずも普通に戻してもらおうと“移植食”から“普通食”に戻してもらいました。そのとき注意事項として食べてよいものいけないものの説明書面をもらいました。入院前にもらった冊子の中にもあったのですが、改めて説明を受けました。病院食として出されるものは過熱してあり、食べてもいいものが多いです。しかし、外泊・退院後に食べられ

もっとみる

私小説「”骨髄移植”経緯」~15~

15.GVHD
「明日、明後日と検査があります。」
女医さんが書類をもって現れ、内容を説明し始めました。このところ復活してしまった下痢。大腸検査をし、GVHDなのか別のもの(細菌)によるものかを確かめるためのようです。そのために、検査までに下剤効果のある液薬を2リットル飲んで胃から腸まですっからかんにしておく必要があります。この検査が明後日。で明日は、ドナーさんの骨髄が間違いなく私の骨髄の中で機能

もっとみる