「個性」と「独りよがりなファッション」との境界線

まあTwitterによくある「あなたのファッションに文句つける人がいて、文句を言われないよう変えて後から後悔しても、その人は責任など決して取ってはくれないよ(なので人の言うことなど気にせず自分の好きな服を着よう)」みたいなのを目撃しまして。

確かこのツイート主はコマーシャルミュージシャンの方なのかな?コマーシャルミュージシャンは人が喜ぶ優しい嘘を言うのが商売なところあるから。「歌う相田みつを

もっとみる

くせの強いケニア人フィジオたち「第3の男 マカンガ」2019/09/09

ランナーのいるところにはフィジオがいる。
僕らが走る上で、彼らの存在は欠かすことのできないひとつのパズルのピースのようなものだ。

そして、今トレーニングをしているイテンにもフィジオは存在する。
以前何度かケニアのフィジオについてnoteに書いてきたが、それぞれ個性が強く、僕の脳内に鮮烈な印象を植え付けてきた強者たちばかりだった。

「ケニアのフィジオはそんなにくせが強いの?」

という質問をされ

もっとみる

社会の流れに逆行する高1

学校やその周りのネットワークでは、個性的だと評価されない。むしろ嫌われる。そんな中で私のように個性を出したくてしょうがない人はどうすればいいのか。一体、どんな社会にならば過ごしやすいのだろうか。

「個性的だね」が悪口と思われるように、個性はひどい扱いを受けている。社会から個性が嫌われる理由はどこにあるのだろうか。

自分なりに考えてみた。

周りと違うことをよくしている

これは自分にもよくある

もっとみる

オリジナリティを求める前に

小学校のころ、仲の良い友達と替え歌を作って、
ノートに書き溜め、共有していたことがある。

たしか、

「かえ歌アルバム ZAKO」

というタイトルだった。

大学ノート3~4冊にはなっていたと思う。

ひょっとすると、

「さぞかし風流な遊びを…」

とお思いの方がいるかもしれないが、
それは間違いなく誤解である。

中身はひどい。

風流なんてもってのほか。

相当ひどい。

覚えているのは

もっとみる

女性にない女性らしさ

私は女性らしいことはあまりしない

化粧はファンデと眉毛を書くだけ
服はTシャツにパンツ
インスタ映えに興味がない
自撮りをしない
髪型はベリーショートのツーブロック

本当、女の子らしくないといったらそうかも
だから自分は個性的だとおもってた
というかおかしいと感じてた

私は
本を読むのが好き
1人でいるのが好き
静かなところが好き

こうしてみると意外と普通かもって思う

人はけっこう思い込

もっとみる

信念と個性を生かせばオンリーワンが生まれ、生きがいが生まれる。

あなたの個性は誰の物でもなく、あなただけの物なのだ

人生の成功も、あなたの個性をどう生かすかで決まる。

信念を持って個性を生かせれば、必ずオンリーワンになる。

オンリーワンになれば、誰かと比べることなく生きて行ける

創造してみればわかるだろう、生きがいの創造が感じる。

変な人

「ゆきちゃんって変な人だよね」

私はそう言われるのがとても好きである。
なぜなら「変」と思ってもらえるのは他と違って見られているということだからだ。
少しでも人に印象が与えられているということ、それは何も印象がないよりはよっぽどいいと思う。
人に覚えてもらうには印象に残ることをするしかない。
悪い印象を残してしまうのはあまりよろしくないけれど、「変な子」くらいの印象が私は欲しい。
幸い私はどうも

もっとみる

「普段の会話を漫才にする方法」を教えます。コンビの会話をもとに台本1本と解説を作成いたします。その方法を参考にして台本を書いてください。3本まで添削します。オチもつけます(計4本の新ネタが完成)「自分たちにしかできない漫才」を探しているコンビにおすすめ [¥40,000]

しゃべくり漫才の最も理想的な作り方は,普段の会話を漫才にすることだと思います。人はみな誰もが個性的で独特な存在なので,それぞれのコンビの会話の中には必ず「独特」のおもしろさがあります。それを漫才にすれば,二人にぴったりの,二人にしかできないネタができます。

「新しさ」や「奇抜さ」を求めて無理をしてもうまくいきません。無理などせず,普段の会話を漫才にしたほうが,結果的に自然でありながら「独特」の漫

もっとみる
オチは落としたいタイプですが,落し物は拾いたいタイプです
2

個性的の定義

個性的な人に憧れてます。なぜか目を惹く、センスがあってかっこいいただひとりだけの女性に。

でも、個性的になろうとすると、他の人とは同じことはできないですよね、だって”個性的”なんですもん。本当に勝手なイメージで個性的=目立つ人。そんなふうに思っていました。

だから、ショートヘアってあまりいないからショートにしてみたりとか。私はみんなとは違うのよってね。

今は、個性的は目立つ人ではなくて、自分

もっとみる

【普通も大切】

自分は大学二回生ぐらいから「人と違うこと」をずっと求めてきたらしい。
別にそれが良い悪いとかじゃない。自分なりに「面白い」って思ったから。
自分はいわゆる「普通の大学生」よりも「周りの人とちょい違うこととか何それ?」みたいなことをしてる人の方が「おもろい」って思うらしい。これは自分がその人に対して嫉妬しているからやと思う。目立つし人気者になってる人が多い。やっぱり自分は周りの目を少しは気にしている

もっとみる