【宣伝会議賞】間違ったライターズハイ【お疲れ様】

作業中は、音楽をあまり聴きません。

というのも、音があると集中できないんです…。聴覚だけではなく、視覚や嗅覚も人より落ち着きがないみたいで、普段カフェで作業していると隣の席の会話や子どもの声、料理の匂い、前や背後を人が通る気配がやたら気になってしまうんですよね…。

でも、音楽はすごく好きなのでときおり聴きながら作業するのですが、その時はもはや集中できていません。笑
ボサノバやインスト、ジャズな

もっとみる
よければ感想お聞かせくださいね。
3

ムコジョ、グッジョブ

この大学だけにとどまらず、この動きが全国へ広がっていくことを願ってやみません。

そして大学職員だけと言わず大学教員も氷河期世代限定公募をたくさん出してください。

もっとみる
よろしければ他のソーシャルメディアでもシェアをお願いします。
1

第26回電撃大賞 電撃コミック大賞評価シートが届きました。

なかなか厳しい意見をいただきました。

オリジナリティが評価されて2次選考通過までいったような感じにとれました。

ストーリー展開、画力などはまだまだ、といったところです。

設定もちょっとだけ評価されましたかね。

しばらく公募応募はせず、地道に趣味でマンガを描いていくつもりです。

この先マンガは公募応募するかも不明ですけど、ネットに上げたり、BOOTH販売したりはしようと思ってます。

しか

もっとみる
ありがとうございます~。
1

宣伝会議賞でシルバーを獲る方法(1)

このタイミングで、
このタイトルの煽り感やばい。

こんばんは、みりょうです。

みなさん宣伝会議賞お疲れ様でした!!!

私は転職や転居で、身体的にも精神的にも
今までで一番バタバタした中での挑戦でした。

そんな中で、今年は
今までで最高の応募数でした!!

正確には関西電力分を引いて、

634件!!!

自分的には満足なんですが、
周りにフル応募(3500?)勢が多くて…笑

ヒヒ馬さんが

もっとみる

10月の収穫

10月、一番の目標だったとある公募への応募をなんとか済ませた。
でも、規定枚数を若干下回っているし、内容に納得していなくて、とにかく〆切に間に合うように出した、という状況だったので、複雑な気持ちである。

私は、とある日本の週刊誌メディアで記事を書かせてもらっている。毎月2〜3本の記事を書いて、お金を頂いている。文量は、基本的に多くて3,000字。今回、(内容はともかくとして)久々に長いものを書き

もっとみる

シュレーディンガーのワナビ

何十万文字も小説を書き連ねるなんてきがふれかけてないとできない。私は気が触れかけているときに七十万文字くらいの小説を二本書いた。こわくてどこにも応募できなかった。というか当時Linuxでリベラオフィスを使って書いていたのでプリンタードライバーがなかった。

 小説を書くのは意外と簡単で、

①書く

②毎日続ける

③話に緩急をつける

④落ちをつける

 で書ける。嘘だと思ったらやってみてほしい

もっとみる
読んでくれてありがとう🐧🌠
12

研究計画書・英文(旧帝大)

RESEARCH PLAN CONTRIBUTING TO THE GLOBALISATION OF THE INSTITUTION

With my academic expertise and experience of university pedagogy in international settings, I am working on two major research proje

もっとみる

【宣伝会議賞】青さを脱いで春を纏う【成果報告】

コピーや広告に魅了されたきっかけ、特にありません。

ですが、子どもの頃から作文が得意でした。また、「図工」が好き・得意だったのに、中学生になり「美術」に変わってから全く成績が振るわなくなり、自分も楽しくないと感じたことがきっかけで、「わたしはつくるよりも考える人になりたいのだな」と自覚しました。

青春真っ只中の高校生時代、別名・華のJK時代は、めちゃくちゃ斜に構えてました。
世代的にmixi、

もっとみる
ありがとうございます。
5

宣伝会議賞ひとり打ち上げ2019

応募締め切りまでまだ10日ほどありますが、一身上の都合により、とりあえず一旦このへんで締めようと思います(もしかしたら、最後に多少悪あがきするかもしれませんが)。ただでさえ課題数が減ったのに、途中でさらに1つ減るというハプニングはあったものの、個人的には今回も楽しく苦しみながら取り組むことができました。(あの課題の応募作品の9割が「なんでん関電」とかであれ!という、心の中のゲスい祈りが届かずに済ん

もっとみる

実りは己のなかに

宣伝会議賞も追い込みのシーズン。ますますの盛り上がりをみせていますが、
相変わらずラジオコンペもチマチマと応募しております。

まずは、RNCラジオCMグランプリ。
応募数は合わせて46案。
取り組み期間はたしか1ヶ月ほどあったので、それにしては少ないなーという印象ですね。

RNCは審査委員が赤松さんで、
過去受賞作のアーカイブなどを見ても丁寧に講評してくださっていました。
だから良い結果が出れ

もっとみる
よければ感想お聞かせくださいね。
4