出口王仁三郎

イエス・キリストの再臨はない、なぜなら日本で「再誕」したから

2019年4月、あの『ノストラダムスの大予言』の著者である五島勉氏が、「1999年人類滅亡説」が外れたことについて謝罪をした。

「子供たちには謝りたい。子供が読むとは思っていなかった」と。

もっとも、「1999年人類滅亡説」はあくまで「五島説」であって、ノストラダムス自身がそのように記した事実はない点に留意する必要がある。

そのことを明確にするために、五島氏自身の訳を以下に掲載する。

  

もっとみる

(台風19号のため開催中止)人の死と再生/10月13日(日)三千世界の立て替え立て直し・第8回出口王仁三郎の勉強会にご一緒しませんか。

非常に強い台風第19号(ハギビス)の進行状況、関東上陸の予報を受けまして、皆さまの安全確保を最優先させていただくため、明後日13日(日)勉強会を中止することに決定いたしました。(令和元年10月11日7時半)

第8回テーマ/人の死と再生

“全81巻83冊の霊界物語、本当の面白いところは人間関係の物語です”
“農家で育った出口王仁三郎の富士山の精霊、神に感じたままに語ったものをお付きの人が原稿用紙

もっとみる
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(01:21:04)は購入後に視聴できます。

第7回 みろくの世と経済(後半)
・終始一貫連綿と人が住み続けている日本
・帝道国_王道国_覇道国
・社長のリーダーシップ能力
・確固たる安心感
・無限の宝庫
・現在のグローバル経済の嘘
・その土地で採れるものでの自給
・赤字超過と黒字超過
・失業救済事業
・維新と革命の違い
・世界の七王
・大化(オオバケ)
・時期がやっと過ぎて安定に向かう
・刃物振り回す政治
・適材適所の徹底
・危機がきっかけ

もっとみる
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(01:33:32)は購入後に視聴できます。

第7回 みろくの世と経済(前半)
・天の岩戸が開く
・岩戸開き
・改信_信じることを改める
・上手くいかなくなったところから未来が始まる人
・一瞬の立て替え
・立て直しの実力
・天の岩戸を閉めないと学はできない
・愛と善
・心の立て替え立て直し
・気持ちはどこから来るのか_審神者
・運否
・協調しながら同時に行われるヨコの連携
・幸せは不幸な顔してやって来る
・知って行って観て会ってのご縁
・力み

もっとみる

みろくの世と経済/8月25日(日)三千世界の立て替え立て直し・第7回出口王仁三郎の勉強会にご一緒しませんか。

第7回テーマ/みろくの世と経済
安定した世の中はどういうものなのでしょうか。
その中の経済とはどういうものなのでしょうか。

明治25年からの三千世界の立て替え立て直し、この世もあの世も含めて、すべての世界の立て替え立て直しを出口王仁三郎が書いた預言も含めて、藤原直哉が本筋を読み解きます。
一緒に読み解き、整理して、考え学んでみませんか。

8月25日(日)三千世界の立て替え立て直し・出口王仁三郎

もっとみる
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(01:24:55)は購入後に視聴できます。

第6回 神示の大洪水(後半)
・徐福と天照一族と縄文族
・炎帝神農氏
・五男_国常立命_農立日子_野立彦
・七男_国佐鎚命
・富士山からの立て直しの始まり
・地軸が傾いていないと四季なし
・心の改心
・自転倒島_おのころ島
・八百津@岐阜
・岩が空を飛んでいた時代
・気圧が下がった可能性
・4700年前
・九州で1800年続いた都
・旧石器時代の集落の跡地@飯田
・200年ぶり
・明治天皇_相撲取

もっとみる
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(01:27:39)は購入後に視聴できます。

第6回 神示の大洪水(前半)
・暴落ではない最後の結論
・どこから宇宙が生まれたか
・富士文庫_富士古文献
・大地が生まれる瞬間
・国常立尊_農立日子_野立
・霊線
・身魂のたてわけ
・竜とは何者か
・金橋_銀橋_銅橋
・黄金橋
・慢心と取違い
・勇猛なれ_果断なれ_毅然として神命を敢行せよ
・神は汝の背後にあり_夢恐るるな
・世界の名山天教山_富士山
・花が咲いて、散って、実を結んで、種が落ちて

もっとみる

神示の大洪水/6月9日(日)三千世界の立て替え立て直し・第6回出口王仁三郎の勉強会にご一緒しませんか。

第6回テーマ|神示の大洪水
ノアの方舟洪水の様子が霊界物語に書かれている!

地軸が23.4度傾いた?! 世界中の大地が動き出した?!
地軸が傾く前は四季がなかった常春だった?!
恐竜はなぜあんなに大きかった?
なぜあんなに大きいものが飛べたのか? 
気圧2気圧?!
酸素がたくさんあった? 空にたくさんの水分?とてつもなく長命?
昔の化石には年輪がない?!
地軸が傾く前は宇宙船、岩石の船があった?

もっとみる
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(01:20:32)は購入後に視聴できます。

第5回 神示の宇宙(後半)

・地球は半円、月は丸
・火球の出入口は富士山
・地汐の出入り口は鳴門
・火球の呼気と地汐吸気
・北は気垂(きたる)、水火垂(いきたる)、呼吸垂(いきたる)の意味
・南は皆見えるの意味
・地球は円球にあらずして地平なり
・中に熱を持っている地球自体は光っている
・宇宙にも殆ど我々の地球上の人間や動植物と同じ様なものが生息している
・大宇宙の図
・どこまで魂を向上して死ぬ

もっとみる
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(01:33:37)は購入後に視聴できます。

第5回 神示の宇宙(前半)

・産霊の世界
・厳(イズ)の御霊と瑞(ミズ)の御霊(タテとヨコ、身体と精神)
・伊都能売(イズノメ)の御霊
・ひとりの人が両方できる時代
・勇気と親しみと愛
・二元論ではない世界
・教条主義原理主義の危険さ
・政治経営の中庸と神の真ん中の道は違う
・時代状況に応じて方便を変えていく
・本論と例外と気配りと手配り
・真ん中に寄せるための方便
・善悪不二の真諦
・富士文庫

もっとみる