名前の由来

なぜ「ノアス」なのか

はじめに

 こんばんは。1週間ほど毎日投稿できてるわけですが、まだ名前の由来をしっかり話したことがないと思いましたので、今回は「ノアス」に至った経緯等を話していこうと思います。

※実在する名前からはとってきてません

 まずこのnoteを書くにあたって、試しにグーグル先生で「ノアス」を検索してみました。その結果、もちろん私自身がひっかかることはありませんでしたが、会社やマンションの名前で多くヒ

もっとみる

ブランド名の由来と込めた想い

afugi「おうぎ」
ブランド名となるこの名前は”扇”から拝借しました。

道具として
扇は日本発祥の文化として普及していった、涼を得るために風を起こす道具として使われています。
昔から儀式や祭事、舞踏の道具や武器としても使われていたとされています。
儀式の場では、扇は相手の恭順の意をあらわすものとして、コミュニケーションにおいても重要な意味をなす道具でした。
また貴族社会に浸透していった平安時代

もっとみる

名前の由来

気が向いたので、名前の話をしよう。

私のペンネームのうち、下の名前は本名で、私は葵という名前である。葵といえば、音でいえば青い、にも、蒼い、にも、碧、にも変換できる。英語で言うところのblueだ。

一方、日本の伝統的な配色、かさね色目では葵は、薄青と薄紫の組み合わせを意味する。薄青は現代で言えば緑色、薄紫は美味しそうな葡萄色である。葵は、夏のかさね色目らしい。確かに葵は夏の花だ。そういえば向日

もっとみる

プロフィール「ペンネームの由来について」追記

以前、「プロフィール代わりに『noteクリエーターさんに20の質問』に答える」でも書いたけど、ペンネームの由来についてもう少し書いてみる。

「プロフィール代わりに『noteクリエーターさんに20の質問』に答える」では、

単純に犬好きなのもありますが、犬のように「好き」な人や物には「大好き!」、「嫌い」な人や物には「大嫌い!」と距離をおく生き方に憧れています。犬の生き方がうらやましい(切実)

もっとみる

1 私の名前

私の名前は桃子。母は本当は「桃」という名前にしたかったらしいが、父や祖父母に「桃よりも、桃子のほうが良い名前だ」と言われ渋々、桃子という名前にしたと言う。

小学校3年生のある日、親に名前の由来を聞いてくるという宿題があって、私はどうしてこの名前なのかと料理中の母に聞いてみた。

「あそこの川から大きな桃が流れてきたの。それを持ち帰って割ったら赤ん坊がでてきてね、それがあんただったんたよ。桃か

もっとみる

次に来る台風の名前はサンマ

こんばんは!

超大型である台風15号のファクサイが日本に接近しているみたいですね。

JRも明日の朝の運転を見合わせるなんてニュースでやってました。それだけすごい台風なんですね。怪我人などが出ないことを祈るばかりです。

僕の近所のスーパーもいつもより早めに店じまいをしていました。

なんとか食料を買い込むことができて一安心です。



ところで、

今回の台風はファクサイと名付けられています

もっとみる

うふふなミカン、誕生。

うふふなミカンっていう名前。おかげさまでよく覚えていただきます。ありがたいことです。

つくるひと、たべるひと、そして大地もうふふと微笑むミカン。300年後の子どもたちの笑顔を守る里山。

そんなことをイメージしています。

実際に新商品なりサービスの名前を考えるときって、きっと大半の方がうんうんうなりながら、たくさん思いをめぐらすんじゃないかしら。

かく言う私もその一人。名前ってとても大切です

もっとみる

「ホネストタイムズ」という名の由来

今回自分のnoteを作ろうと思い立った時、noteの名前を何にしようか、というのをぼんやり考えた。

過去の経験から、熟考すればするほど思考の泥沼にはまっていくことはわかっていたので、今回は長期間考えることをやめ、パッと思いついた案でいこうと決めた。

コンセプトとしては
・podcastのコンセプトに近いものも取り入れたい
 (podcastで取り上げた話題の補完として使うことも考えたい)
・い

もっとみる

私の名前

筋肉とか、腕の血管とか、手の大きさとか。みんなそれぞれフェチがあると思うんですけど、一つあげるとしたら私は名前フェチ。(癖のクセが強い)

珍しい名前の人に出会うと、恋が始まる。

ってのは言い過ぎだけど、その人に興味が湧いて、どういう意味なんですか…?って聞いちゃう。(いちばん好きだった名前は、響きと感じ含めて秀親くん。)

仲良くなるきっかけが名前に興味を持ったからって、割と私の中ではあるある

もっとみる

生きてたから今がある【⑤】

ある女の子の物語
女の子は10歳になっていた
学校ではハーフ成人式として
自分の名前の由来を
親に書いてもらわなければならなかった
女の子はママに書いて欲しいと
なかなか言い出せなかった
なぜなら返って来る言葉が
だいたい想像できていたからだ
提出期限は明日に迫る
女の子はママの顔色を伺い
機嫌の良さそうな一瞬を狙って
『あのね。ハーフ成人式って知ってる?
名前の由来を書いて欲しいんだけど…』

もっとみる