塚崎公義

「安全だけど国民は不安」を政治はどう扱うべきか

「専門家は安全だと言うけれど、一般人は不安に感じている事」って多いですね。
それを政治が押し切るべきか否かは、難しい問題です。
国民の不安な感情には寄り添う必要がありますが、政治家の人気取りのために天下国家の利益を犠牲にするべきではありませんから。
どこに境界線を敷くのかは、政治家の良心の問題になるのでしょうね。

もっとみる

サラリーマンの専業主婦にも年金を払わせよう

サラリーマンの専業主婦は、国民年金保険料を払わなくても老後に年金がもらえます。
自営業者や失業者の専業主婦には払う義務があるのに。
サラリーマンの専業主婦からも国民年金保険料を徴収しましょう。
それが公平ですし、年金財政が一気に好転しますから。

もっとみる

終身雇用制は、日本人に適した制度です。

終身雇用制は、日本人に適した制度です。
リスク回避志向の強い労働者が「終身雇用を保証してくれたら、生涯所得は多少低くても構わない」と言い、企業がそれに応じている、ウインーウインの関係なのです。
「終身雇用を保証しても真面目に働く」という日本人の特徴も重要ですね。外国の企業だったら「終身雇用が保証されているなら、積極的にサボって窓際族になろう」という労働者が大勢出てくるかも知れませんから。
最近、「

もっとみる

年金改革は専業主婦の優遇廃止で

年金改革が議論されています。「中小企業の短時間労働者も厚生年金に加入させよう」「75歳まで年金保険料を納めて75歳から年金を受け取れば毎回の受取額が増える制度を作ろう」といった事が検討されているようです。
しかし、こうした改革は一時しのぎです。年金財政は一時的には改善するでしょうが、将来は年金を受け取る人が増えたり多額の年金を受け取る人が出てきたりするので、結局現状並みに戻ってしまうからです。

もっとみる

「年金が2割減る」わけではありません。

「年金が2割減る」わけではありません。所得代替率という数値が2割減るだけです。これは、高齢者の年金が現役の所得に割り負けている率の事ですから、気にする事はありません。
「現役の所得が大きく伸びて、高齢者の年金が小さく伸びて、高齢者の割り負け感が増す」というだけの事ですから。

もっとみる

日本企業の日本的経営への回帰に期待する

米国企業が株主第一主義を見直した事で、日本企業も見直し、日本的経営に回帰すると期待されます。
日本的経営は、日本人労働者にも日本文化にもマッチした制度であること、不況期に首切りが少なくメインバンクが借り手を支えるため景気に良いこと、等々の多くのメリットが見込まれます。
日本的経営への回帰を大いに歓迎しましょう。

もっとみる

「年金が2割減る」は間違い

厚生労働省が年金の財政検証を発表し、「年金が2割減る」と話題になっています。しかし、年金が2割減るわけではないので、過度な心配は無用です。
2割減るのは、所得代替率という数値です。これは、高齢者の年金が現役世代の所得の何%か、という割り算の結果です。要するに現役に対する「割り負け度合い」ですね。これが約30年間で約2割減る、というわけです。
厚生労働省は、6通りのケースを試算していますが、もっとも

もっとみる

人手不足倒産は、日本経済にとって好ましい

人手不足で倒産する会社が出るほど景気が良いことを、まずは祝いましょう。需要不足倒産などが減っているので、トータルの倒産件数は少数です。
「人手不足」はネガティブな語感ですが、労働者にとってはライバルが少ないので喜ばしいことです。「仕事潤沢」とでも呼びたいくらいです(笑)。
人手不足なら、企業が省力化投資をしますから、日本経済が効率化します。日本は労働生産性が低いと言われていますが、それが改善するの

もっとみる

政府に何か要求するなら、負担も覚悟せよ

可哀想な人を見ると「政府が助けてやれ」と言う人は多いですが、「政府が助けてやれ。そのための費用は喜んで増税に応じるから」という人は少ないですね。
政府に何かやらせようと思ったら、誰が費用を負担するのか考えてから要求しなければいけません。
高額薬の保険適用もそうですし、山奥の寒村への道路水道の維持補修等々もそうですが、本当にやるのですか?そのための費用は貴方を含む一般国民が負担するのですね?という話

もっとみる

日本的経営の良さが見直されると期待

米国企業が株主第一主義を見直すようです。
日本的経営から米国流の株主第一主義に移行しつつあった日本企業が、もとの日本的経営に回帰する事を期待します。
日本的経営には、優れた点が数多くあり、しかも日本の文化や日本人の国民性にも合致しています。
米国企業の本気度はわかりませんが、少なくとも日本企業は、様々なステークホルダーに目配りする経営に戻って欲しいですね。

もっとみる