外国語文学

太ったポルトガルのおじさんの話。アントニオ・タブッキ「供述によるとペレイラは...」須賀敦子訳

最近、須賀敦子の著作や訳書を少しずつ読み始めている。

初めて読んだのは「コルシア書店の仲間たち」だった。貧しくも生きることや、自分自身に忠実であること、人が人らしく暮らす営みの時間の豊かさ、寛容さにしびれたものだった。とは言うものの少し時間を置いてきた。再度、須賀敦子に注目することになったのは、つい先日、大竹昭子さんが日経新聞(6/23)に寄稿した「須賀敦子30代の偉業」を目にしたことからだった

もっとみる

ジュンパ・ラヒリ『停電の夜に』

ラヒリの文章は、読み進めればすすめるほど不安が去来し、読むことに恐れを抱くのだが、平日の深夜に本を閉じるときにはため息をついて、早く読み進めたいと願っている。

 全部で9つの短編からなる本作は、インドの移民1世や2世、インドの人々の(そして多くは男女の)物語である。この作品は、主人公たちが移民として移り住んだ先々の土地で目の当たりにする経験や、貧困層の人たち、異文化との出会いの経験を題材にしてい

もっとみる

静かに広がる痛み。 カズオ・イシグロ「私を離さないで」

優秀でいて、介護という仕事に誇りをもつ介護人キャシーの語りから、これから語られる登場人物が既にこの世に居ないことを知る。介護の物語において、亡くなった人たちのことをまず語り始めるというのは、おや、という感じだ。こういった語り口をはじめ、全ページにわたって「何か伏線があるのでは?」と思わされた。

さて、物語における介護とは、私たちの知るような、生活を豊かにするケアというより、臓器提供者の痛みを和

もっとみる