「ゼロ」は何語?数字の読み方の不思議

みなさんおはようございます、ユシアです。

僕は今、応用情報の勉強をしているのですが
その時に、ふっと疑問に思ったことがあります。

みなさんに質問です。
以下の数字、なんと読みますか?

1、2、3、4、5、6

僕は「いち、に、さん、し、ご、ろく」と読みます。
恐らく大多数の人が同じ読み方をすると思います。

ではこれは?

5、4、3、2、1、0

声に出して読んでみてください。
「ご、よん

もっとみる

誤字を愛でる⑥ 伸ばすか、伸ばさないか、そこが問題だ

理工系の大学に勤めていた時、「コンピューター」ではなく「コンピュータ」というふうに、最後の棒がない形で表現する人が多いことに気づいた。文字数が一つ減る方がいいんだろうか。「コンピューター」と表記するものだと思っていた私には、ちょっと違和感があった。

ユーザーなのか、ユーザなのか。
ルーターなのか、ルータなのか。
サーバーなのか、サーバなのか。
どちらが正しいのか。どちらも正しいのか?

じゃあ、

もっとみる

【中国語】 日本で使われている外来語は中国語に訳すとわかりやすい

私が日本語を教えるときに一番イヤな点は、

カタカナが多すぎる!!!!こと(笑)

サステイナビリティ、コンシューマー、コンバゼーション、、、いやもう元の言語の発音にしっかり母音をつけただけじゃないかと。このカタカナ発音で私はどれほど英語の発音に苦しまされたことか(泣)

それはそれで。

というわけで日本語には外来語をそのままの発音で使われていることが多くなり、中国語でなんていうんだろう?となっ

もっとみる

フォーメーションは星座、概念があるから言葉がある。

※すべて無料でお読みいただけます。

フォーメーションは星座

 グアルディオラは「フォーメーションの数字なんて単なる番号に過ぎない」と言った。名監督の言葉を文字通り受け止めるつもりはないが、単なる番号にも意味はあるだろう。なぜなら「フォーメーションは星座」だからだ。どちらも多数のものの配置に名前を付けるという点で共通している。星座は複数の恒星の配置をなんらかの連想されたものの名前で呼び、フォーメ

もっとみる

「私たちの歩いた道が、『戦車道』になる」〜メソッドの限界、道という柵〜

「知的生産者」と目される研究者の卵だった頃、「方法論」をないがしろにしてはいけないとよくいわれた。カタカナでいうと「メソッド」である。孵化する前に曠野に投げ出され、「痴的」生活を送る今、「メソッド」の大切さを噛み締めながらも、そこから自由になる必要も同時に感じている。

メソッド=後付けの道

「メソッド method」の語源は、ギリシャ語の「methodos」である。これは「meta(〜の後に、

もっとみる

「ローンチ」という言葉が気持ち悪い理由を日本語学的に考えてみる

IT系企業を中心に「ローンチ」という言葉が最近使われるようになっているが、日本語の中のカタカナ語として非常に気持ち悪い印象を持っていた。同様の気持ち悪さを感じている人は多いようにも思われるのだが、その理由を言語的に考えてみたい。
 個人的には「ソリューション」と「ローンチ」を濫用する企業は信用していない。ただし、ソリューションという言葉の問題点は語義が不明瞭なことである。何を解決するのかわからない

もっとみる

✒『1.618 BLOG』✒
http://s.ameblo.jp/kayaori-saraki/
┗🆕『旅の土産のカルチャー・ショック!?』

流麗な日本語を侵食する外来語。まぁ、今に始まったことでもないが。ジュース自販機のシロクマ君が云うこのフレーズ、簡単そうでムズかしくないか?(笑)

アンチ横文字

最近、巷に横文字があふれている。

例えば、今ちょっとYahoo!ニュースをチラ見しただけでも、最高経営責任者を意味する「CEO(chief executive officer)」、費用という意味の「コスト(cost)」、女子高生言葉?の「KY(空気読めない)」などが目に入った。それらを含む横文字は私たちだって正確な意味を問われたらとっさに答えられるかどうかわからないものも多い。特にインターネット

もっとみる

論文作成動画講座 第18回 論文独特の表記ルール⑤

主に理系を対象とした論文の書き方を
ゆっくりが説明していきます。
卒論・修論・博士論文・レポートといった
論文執筆のお役に立てば幸いです。

前回の補助動詞や形式名詞と同様に,接続語や副詞の一部も
漢字変換できるとしてもかな書きしたほうが
読んでいて自然に感じてもらいやすくなります。

カタカナ語も多すぎて読みにくいと感じるなら
表現を工夫してみましょう。

00:15 前回の復習
00:25 か
もっとみる