大人の習い事

【大人の習い事】東京下町のゴスペル教室”両国Sing For Life”

東京下町のゴスペル教室“両国Sing For Life” は、国内外で活躍するプロのゴスペルシンガーから歌を学べるだけでなく、老人ホームや地域のイベントに歌を届ける活動をしていることが特徴的なゴスペル教室。「ここに来ると心が解放されるから」と、仕事や家事を終えた大人たちが小走りに集まる。そんな”両国Sing For Life”を主宰している佐藤幸子先生にお話を伺った。

井上:今日はよろしくお願い

もっとみる

30歳、はじめてのWEBスクール体験記④

今回はホームページ制作の授業。(イラレやフォトショップと、ホームページの授業は平行して受けられる仕組みです。)初回はHTMLの基礎について学びました。

【インターネットの仕組み】

WEBとはそもそも、いったいなんなのか。簡単に言うと、サービスを提供するサーバ、それを受けるクライアントの組み合わせで成立している『クライアントサーバシステム』というのを利用したサービス。ここでいうクライアントとは、

もっとみる

頑張る!って?

それぞれがそれぞれの場所で

それぞれがそれぞれの位置で

それぞれがそれぞれのStyleで

楽しもうか!っていうお話

↓↓↓頑張る!って何?

それぞれの場所で頑張れるダンススクール

↓↓↓気になる方はぜひお待ちしています!

もっとみる

中々晴れてくれないね

中々晴れてくれないすっきりしないお天気だけど

私のダイエットは順調です・・・というお話を書きました

↓↓良かったら見てみてね

そんなダンススクールオーナーのダンス&フィットネススクールは

↓↓↓

一緒に始めませんか?

マイナス2キロの道へ♥

もっとみる

40代から始めるバイオリンレッスン 第1回 毎日5分でも練習 134/360

ごきげんよう、観世 (かんぜ) バタコです。

    ※トップの写真は、ネット経由でレンタルしたバイオリン到着時の
    梱包。
    ケースにプチプチ (緩衝材) を2重巻きにして
    緻密にガムテープで覆われてました。
    丁寧なのか、いや、箱に入ってないあたりは雑なのか?

思い立って、バイオリンレッスンを受けてみることにしました。
どうしてバイオリン?どうして今更?などについ

もっとみる

誰でもふらり来て、
たっぷりアートして、
お茶と果物を食べながら、 
見知らぬ同士だったのに、まったり🌱

夜のおとなアートコ🏠🎨
こんなことがしたかった~💕
夏休みのえんがわみたいに、終わりました🍧

https://artco.work/topics/1042/

この小さなスキに、めっっちゃ励まされてます!!ありがとうございます🌈
38

30歳、はじめてのWEBスクール体験記③

スクール2日目。前回はillustratorの1回目、基礎画面等を学んだが、本日の講座では実際にオブジェクトを描いたり、テキストを入力したりする。

【パスの構造】

パスとは、図形のアウトライン(輪郭線)のこと。アンカーポイントと呼ばれる点と、それを、繋ぐセグメント(線)で構成されている。曲線のパスでは、アンカーポイントを中心とした「ハンドル」と呼ばれる方向線と方向線を調整する線で曲線を調整する

もっとみる

はじめて良かった着物のこと

着付け教室へ通いはじめて3ヶ月、色々良いところに気づいたので書いておきたい。

着物は古臭さが無い

実家のタンスに母と祖母の着物がわんさか入っていたので、実質ゼロ円で着付けを習い始めた。

母の洋服は着物の10倍くらい仕舞われているが、着れるものは少ない。高そうなコートを引っ張り出して羽織ってみると、肩がガンダムみたいになったりする。着物は形が100年は変わっていないので時代遅れ感がない。

もっとみる

今夢中なコト!バイオリン ←しかも演奏じゃなくて 126/360

ごきげんよう、観世 (かんぜ) バタコです。

いま、(noteの更新頻度が落ちるほど) ハマっていること・・
それは

バイオリン!
(・・のリサーチ。大人のためのレッスンについてとか
有名演奏家をYouTubeで聞いてみたりとか
余裕で数時間、一日があっという間に終わっちゃう・・)

以前コチラの記事で書いたことがあるのですが

バタコは母の意向でピアノを習っていた6歳頃に
自分の音楽の才能の

もっとみる

30歳、はじめてのWEBスクール体験記①

入社8年目。仕事と働き方について悩み考えた結果、出した結論は「何かを身につける」。どうせなら好きなことがいい。前々からやってみたかったデザインに、仕事でも関わっているWEBの要素をプラスしたところ、「WEBデザイン」に行き着いた。ほぼ勢いで某スクールに入学。ここでは備忘録的に、私の学習の軌跡を残したいと思う。できるだけ、この分野を知らない人、これから目指そうとしている人にわかるよう、自分なりの解釈

もっとみる