ひと話咲かせましょう タムさんのお話③『白いふわふわ』

おはようございます!大山崎はぐです。

今週は何のシーズンか知ってます?

先月のタムさんのお話を読んだ方ならピンときますかね。

ヒメボタルの求愛シーズンです!

一昨日、タムさんに案内してもらって、僕たちも行ってきました。

もうLOVEが舞いまくりー

暗すぎて僕たちのカメラでは、その乱舞は撮れず、
お見せすることもかなわず、残念ですが、ほら
タムさんが飛ぶ蛍をそっとつかまえて見せてくれまし

もっとみる

カッパのいる池と案内人タムさん

こんにちは!大山崎はぐです。
1年前のことだったかな。
天王山山頂近くに池があると聞いて
探しに行ったんです。

天王山はご存知ですよね?
天下分け目の戦いがあった場所ですよ。
関ケ原の戦いじゃなくて、
明智光秀と羽柴(豊臣)秀吉が戦った
山崎の戦ですからね。

2011年に掲載した『大山崎・歴史の時間ですー山崎の合戦ー』

で話を戻しますね。
天王山は標高270mの低い山で、うちの事務所から登っ

もっとみる

校正対局

40過ぎてからDTPをデザイン学校で習い、
たまたま近所の人がまちの観光マップを作るプロジェクトの一員で
「デザインを頼んだ人が出来なくなって困っている」と聞き、
勉強になるからと「させてください」と頼み込みこんだ。

それがきっかけで商工会の人から「どんな仕事がしたいの?」と聞かれ
「物語のある、読み応えのあるチラシが作りたい」と述べた。

すると
「うちで印刷して新聞に折りこんであげるから、

もっとみる

電子書籍と紙の本、僕の指は…

’指がそのページを覚えている’

電子書籍君、この点で君は紙の本にはかなわなんだよなぁ。

記事を書くのに必要な本を月に何冊か読みます。

今回Vol.9を書くのにも何冊か買ったり、借りたり。全て紙の本。

全部読むこともあれば、必要な箇所だけを読む拾い読みの場合もあります。

参考にしたい箇所を何度もめくり、読み返しては確認する。

そのうちに指がその場所を、正確にはそのページの厚みを覚えていて

もっとみる

なかなかテキストを書く余力なく、トークで失礼いたします。よかったら、お読みください。大山崎ツム・グ・ハグVol.7より、介護、健康、人をつなぐパソコン教室のお話
http://o-little-place.blog.jp/archives/8849951.html

うーん、あそこもここも行きたいし、あれもこれもしたいし、
おもてなしウィーク3日間、どう回るか思案ちゅー
京都・大山崎おもてなしウィーク11月25日(金)~27日(日)
町じゅうが商店街、町じゅうが作家展!
http://omotenashiweek.main.jp/2016/

入稿やら発行が続いております。今日は『大山崎ツム・グ・ハグVol.7』の発行日でした。お仕事図鑑でうなったり、立ち止まったり、結果、本屋の店長さんのようなほんわかなお仕事図鑑になったかな。今日からメンバーとともにおもてなしウィーク制作へhttp://o-little-place.blog.jp/archives/8554801.html

今年ももうすぐ。商店街のない小さな町が、まちじゅう商店街になるおもてなしウィーク。今年はどことどことどこと行こう?
『京都・大山崎 おもてなしウィーク』http://omotenashiweek.main.jp/2016/

校正往復書簡

毎月発行の『大山崎ツム・グ・ハグ』の中の、
『お仕事図鑑』、『大山崎てくりふらり』または『天王山てくりふらり』、『シェフたがみさんの料理の壺』『ハプスブルク家とお茶碗と砂糖菓子』が、お話を聞いて書き、イラストを描き入れて仕上げている記事になります。

本文と、〇二つで描いた登場人物とセリフが入った
原稿ラフをまず送り、第1回の校正をしてもらいます。
下は、最初にハセガワさんに送ったお仕事図鑑㊥ラフ

もっとみる