契約結婚

婚姻関係を更新しました。

noteを始めていきなりの告白ですが、きっと誰かの役に立つ考え方かもしれないと思って、自己紹介をすっ飛ばして公開します。

先週9日で、夫(タツ)と結婚して丸5年が経ちました。「婚姻関係」という契約について、協議の結果、双方の合意の上更新することといたしました。

我々の結婚の本当のところについて、あまりまわりに話してこなかったので、まあこの機会ということで備忘録も兼ねて、記録しておこうとおもいま

もっとみる

津崎はいないが逞しく

契約結婚の波が来ている。現実世界ではどうか知らないが、ハーレクイン系フィクション界には確実に来ている。

 説明しよう!ハーレクイン系とは、ざっくり言うと「ハッピーエンドの恋愛もの」を指す。

おそらく本来は最終的に男女が円満にくっつくのなら全部ハーレクインと呼ばれるのだろうが、昨今ではその中でも特に『ハイスペック男性』×『芯の強い女性』がすったもんだの末にくっつく作品がハーレクインと呼ばれ

もっとみる

樹木希林とボーヴォワール

樹木希林が、死んだ。

芸能人に「さん」付けするのは、テレビに一度出たくらいで芸能人気取りしてる読モみたいで嫌なので、この際普段家族とか友達で話すときみたいに呼び捨てにしようと思う。

でもまあ、Yahoo!ニュースが「内田裕也 妻の死に動揺大きく」というニュースで樹木希林には「さん」付けする一方で、内田裕也を呼び捨てしてたのはちょっと笑った。

それはさておき、樹木希林という女性はおそらく

もっとみる

ヘテロ男のあなたへ。私とセックスしたいならお金を頂きます。

ヘテロ男のあなたは、女がほしいわけですよね。
私は、男がほしいわけじゃないの。あんたのチン○なんかいらないの。
よって、不等価交換となりますので、私のオッパイやマ○コをご所望なら、お金を頂きます。
心だけなら、タダでいくらでも差し上げます。

もう今後、こう書いたプラカードでもぶら下げとこうかなって思うんですよ。

 一握りのモテ男を抜いた普通〜非モテまでの男って、少しでも優しくしてくれる女性がい

もっとみる

Xジェンダー、アセクシャルを自覚しないままの婚活は苦行だった話①

プロフィールのとおり、私はXジェンダーを自認しているわけですが、これは最近のことです。ようやく、気づきました。
というか、恥ずかしながらこの仕事をしていながらXジェンダーという概念自体を知らなかった。10年くらい前に「『性別が、ない!』人たちとの付き合い方」という本を買って読んだ記憶があったのですが、すっかり忘れていました。

Xジェンダーとは、端的にいうと自分の性別を固定したくない人たちのことを

もっとみる

とても今更な『逃げ恥』をみました。

『逃げ恥』と世間で一大ブームを巻き起こした『逃げるは恥だが役に立つ』今更ながら見ました。
年末年始の一挙放送を続けては見られないからと録画した上、さらに先延ばしグセを発動して正月中には見ずに、今更。

なんとなくうわさに聞いて「最初は仕事として契約結婚したけどなんとなく好きになり、めでたしめでたし、のドラマだろ」と斜に構えていましたが、いやー、面白かった。
個人的には、最終話に色々盛り込みすぎての

もっとみる

契約結婚、そしてシングルマザーへ「わたし、産みたい」にまっすぐな女性の実践の記録

2018.6.4追記

2018年6月にも新しい展示が開催されます。詳細は以下をご覧ください。

かぞく展HP
https://kazokuten.wordpress.com/

――子どもを産みたいが、結婚はしなくていい。

私の周りにそんな女性が増えている。

女性が経済的に自立できるようになってきたことや、結婚に“メリット”を感じないことなど、理由は人それぞれだが、増えている。

そして私

もっとみる