宇田川

愛しのスワンのつがい 15年間の思い出ありがとう

四国の山奥を出て就職し、全国を転勤して都会や田舎をいくつも居住体験。
 定年間近になり、春から秋の温暖化のムシムシに耐え切れなくなり、移住先は「山陰の鳥取県西部~島根県中部まで」と決めていたものの、さらに絞り込むために、脱サラ退職前後から車中泊で山陰をさまよいました。

 岡山県の倉敷市にすんでいたため、高梁川沿いに北上して峠を越え、日野川を下り米子市入り。ここから東西へと車で探索(車中泊)を数カ

もっとみる

愛しのコブ白鳥とアヒル達 あの夏に乾杯!

16年前に会社を脱サラすることが決まり、移住先を決めるために山陰地方を車中泊で放浪。
 居住していた瀬戸内地方のムシ暑さに耐え切れず、移住先は山陰の雪カキのない「鳥取県西部~島根県の東部」と決めていて、山陰各地をさまよいました(汗)。

 三江線の江の川は魅了されましたが、水辺に住みたかったのですが、江津市の海辺は殺風景すぎて(汗)
 本命は宍道湖や中海沿いの松江市。ただし、独特の地形からくる強風

もっとみる

道路を走っちゃアブナイよ 川鵜ちゃん

この宇田川河口(淀江町 鳥取県米子市)と周辺の淀江海岸に集まる川鵜達。

 宇田川ではアユの放流や養殖もなく、鉄砲の使用は厳禁なため、川鵜達は安心して魚獲りができます。
 難を言えば、宇田川は2級河川で川幅も狭く水量も少ないため、魚の数も豊富とは言えません。

 そのためこのあたりをテリトリーにする川鵜の数は7羽程度。
その中の4羽は私に懐いていて、手から魚を食べます。
 でも、川鵜の寿命は10年

もっとみる

お前さあ、オイラの指噛んじゃダメだよ

ウォーキングで海岸道路(山陰・淀江町)を歩いていると、顔のすぐ横で羽ばたきが(汗)。
 いつの間にか、ウミネコ達に取り囲まれています。

 ウミネコってカモメと誤解する人が大多数。目つきが悪い?のであまり好かれていませんね。

 海岸道路のウォーキング時には、少しだけですがエサを持参しています。

 
 このあたりは日常の出来事です。正式なエサやり時刻は夕方の4時過ぎですけどね。

 特に慣れたウ

もっとみる

愛しのヤギ② 生き物ボランティアで「ストレス対策」

生き物ボランティアで生き物(ウミネコ、コブ白鳥、川鵜、カルガモ、ハト、トンビ、ヤギ、猫など)と触れ合い、自然の恵みに感謝。

 野生も含めて生き物が多い地域は社会全体のストレスが低く、犯罪も激減とか。もちろん、人間も癒されます。
 また、ガン、病気、うつ、認知症、メタボなどストレスは万病の元。

 15年間にわたる「コブ白鳥のつがい」との日々が去年、突然終わりをつげました。その生き物ロスを緩和して

もっとみる

愛しのヤギ 生き物ボランティアで「ストレス対策」

生き物ボランティアで生き物(ウミネコ、コブ白鳥、川鵜、カルガモ、ハト、トンビ、ヤギ、猫など)と触れ合い、自然の恵みに感謝。

 野生も含めて生き物が多い地域は社会全体のストレスが低く、犯罪も激減とか。もちろん、人間も癒されます。
 また、ガン、病気、うつ、認知症、メタボなどストレスは万病の元。

 15年間にわたる「コブ白鳥のつがい」との日々が去年、突然終わりをつげました。その生き物ロスを緩和して

もっとみる

愛しのコブ白鳥② 生き物ボランティアで「ストレス対策」

野生も含めて生き物が多い地域は社会全体のストレスが低く、犯罪も激減とか。もちろん、人間も癒されます。
 また、ガン、病気、うつ、認知症、メタボなどストレスは万病の元。

 生き物ボランティアで生き物(ウミネコ、コブ白鳥、川鵜、カルガモ、ハト、トンビ、ヤギ、猫など)と触れ合い、自然の恵みに感謝。

 やはり一番の思い出は、15年間にわたる「コブ白鳥のつがい」との日々。
残念ですが、去年(2018年)

もっとみる

愛しのコブ白鳥 生き物ボランティアで「ストレス対策」

野生も含めて生き物が多い地域は社会全体のストレスが低く、犯罪も激減とか。もちろん、人間も癒されます。
 また、ガン、病気、うつ、認知症、メタボなどストレスは万病の元。

 生き物ボランティアで生き物(ウミネコ、コブ白鳥、川鵜、カルガモ、ハト、トンビ、ヤギ、猫など)と触れ合い、自然の恵みに感謝。

 やはり一番の思い出は、15年間にわたる「コブ白鳥のつがい」との日々。
残念ですが、去年(2018年)

もっとみる

■オコチャマに負けたコブ白鳥 2017年2月5日

=== 水鳥暮らし==宇田川 河口==鳥取県米子市淀江町===

昨日2月5日はプチ小雨にもかかわらず、何組もの人達がエサやりに河原に降りてた模様(助かります)。

 ちょうどエサやり中にも、オコチャマ(母子)が河原に降りてコブ白鳥のオスにエサやり。コブ白鳥のオスは、イライラモード全開で羽根を高く持ち上げるも、オコチャマのデカいヘルメットに恐れをなして川の中へ退散(汗)。頭突きを怖がったのか?、「

もっとみる