牡鹿半島で初めての風景と価値観に出会う ーReborn-Art Festival 2019

2019年の夏も、瀬戸内国際芸術祭やあいちトリエンナーレなど各地で芸術祭がスタートしています。どちらから行こうか悩みますが、わたしはまず、8/3に宮城県石巻市〜牡鹿半島で開幕した「Reborn-Art Festival 2019」へ。

 今回は1泊2日で桃浦・荻浜・小積・鮎川のエリアを訪問しました。初めて訪れた場所というのもありますが、牡鹿半島の歴史、食も含めた文化、自然に触れられて。各地区ごと

もっとみる

今週末行ける展覧会・イベント【8/17(土)〜8/23(金)】

2019年8月17日(土)〜8月23日(金) に開催される展覧会・アートイベントを トピックでご紹介します。

◆今週末行ける展覧会・イベント(都内)

※ 今週のトピック

・今週から、恵比寿のNADiff Galleryでは、先日までミヅマアートギャラリーでも個展が開催されていた岡田裕子による「NADiff Theater ★ Double Feature」」がスタート。8月23日にはオープニ

もっとみる

今週末行ける展覧会・イベント【8/10(土)〜8/16(金)】

2019年8月3日(土)〜8月9日(金) に開催される展覧会・アートイベントを トピックでご紹介します。

◆今週末行ける展覧会・イベント(都内)

※ 今週のトピック

 今週は、お盆休みで通常と休館日が異なる場合があります。お出かけ前に公式サイトをご確認ください。

・原美術館で「加藤泉―LIKE A ROLLING SNOWBALL」がスタート。群馬のハラミュージアムアークと同時期開催の大規

もっとみる

じっくり観察して、虫から学ぶデザイン ー虫展 −デザインのお手本− @21_21 DESIGN SIGHT

ハスの葉の構造を真似た”中身がくっつかないヨーグルトのフタ”や、蚊の針を真似た”痛くない注射針”など、身の回りには、生き物の構造や機能を真似てものづくりに生かしているものがあります。

 21_21 DESIGN SIGHTで開催中の「虫展 −デザインのお手本−」は、生き物のなかでも特に「虫」に着目し、人工的な「デザイン」に取り入れる試みの展示です。虫の色や形といった見た目の部分から、動き、体の構

もっとみる

今週末行ける展覧会・イベント【8/3(土)〜8/9(金)】

2019年8月3日(土)〜8月9日(金) に開催される展覧会・アートイベントを トピックでご紹介します。

◆今週末行ける展覧会・イベント(都内)

※ 今週のトピック

・東京ビッグサイトで「Maker Faire Tokyo 2019」が8/3,4の2日間開催されます。”誰でも使えるようになった新しいテクノロジーをユニークな発想で使いこなす”ブース展示のほか、トークイベントやワークショップも行

もっとみる

【西美】松方コレクション展 ~欧州の美術館好きは必見!~

実業家松方の想いを反映した展覧会

○展覧会概要

上野の国立西洋美術館で2019年6月11日から9月23日まで開催されている『松方コレクション展』に行ってきました。

お恥ずかしながら、こちらの展覧会を知るまで、「松方コレクション」の収集者松方氏とは誰なのかすら知りませんでした。

これから展覧会を観に行く方の中にも、同じような方がいることかと思われますが、ご安心を。展示構成が松方氏及び松方コレ

もっとみる

死後写真の展覧会「永遠の命」展、開催!

結晶化された古の者たちの深い眠り
 永遠の命を封じ込めた物質に
 肉体を超越する精神の真価を知る―――

 書肆ゲンシシャでは、2017年2月から、終期未定で、「永遠の命」展を開催いたします。

 展示するものは「死後写真」。死の直後に、死者たちを撮影した、ダゲレオタイプを始めとする19世紀から20世紀初頭にかけての古写真です。
 アメリカやヨーロッパなどキリスト教の国々で、死者たちに化粧を施し、

もっとみる

ルート・ブリュック展がめっちゃ新鮮☆2020年まで巡回展開催中【どくへびニュース#4】

どくへびの最近気になることを紹介するどくへびニュース☆
・フィンランドの女性アーティスト
・多様な陶製作品
・繊細かつ独創的
・色彩が美しい
・未体験のアート
・その名はルート・ブリュック
だいたい3分です(^ ^)

「午睡の夢のファントム」

こんにちは。
昨日は更新できず、申し訳ありません。

「午睡の夢のファントム」銀座のフラッグギンザギャラリーで開催中です。

今日はあいにくの雨ですが、ギャラリー内は雨宿りするにはいい雰囲気です。
どうぞお越しください。
------------------
稲場麻佑・Benedict Yu二人展
「午睡の夢のファントム」
6月13日(木)〜16日(日) フラッグ・ギンザ・ギャラリー
11:00〜

もっとみる

【美術館やアートの楽しみ方】  #07 文化や産業の“揺り戻し”に耳をすませる(ラファエル前派の軌跡展を鑑賞して)

美術展『ラファエル前派の軌跡展』(2019年3月14日〜6月9日・三菱一号館美術館(東京))を鑑賞した。
「ラファエル前派」という活動は耳馴染みがなかったが、1850年前後に今のイギリスで起こった芸術運動で、その活動指針などを学ぶと、現代においても気づきがあるなーと考えさせられたので、紹介したい。

1、ラスキンの思想「自然をあるがままに」

この美術展にはサブタイトルがあり「ラスキン生誕200年

もっとみる