気持ちのいい一日を楽しむ

すごくいいことがあったわけではないけど、小さな心地よさが重なって「気持ちのいい一日だった」と思える日がある。
ほんとうにささいなことばかりだ。

・混雑していた病院で早く呼んでもらえた
・立ち寄ったコンビニの店員さんが感じのいい人だった
・美容院で自分の波長に合う美容師さんにあたった
・何気に観た映画がすごくおもしろかった

などなど。
この逆のときもあるけど…

連日ニュースでは、深刻化する外交

もっとみる

気にしなくていいものを、気にしないように表現している。それが心地いいって感じる要素のひとつ?

私はとても周りを気にして行動してしまいます(多分、自分の想像している2、3倍疲れてるんだろうな)

気を遣わないで良いようなことでも、人一倍気を遣います(心配性、空気読みすぎ)

こういう癖は、小さい時から治りません

気にするものを気にしないようにする、これはよくあります

気にしないものを気にするようにする、これもよくあります

気にしないものを気にしないようにする、これは少し理解に困りますね

もっとみる

聴いた瞬間に泣いた音楽がある

初めて聴いた音楽で涙を誘ったものってある?

ぼくには一曲だけ、そんな音楽がある。

歌じゃなくて音楽。だから歌詞に心を震わされて泣いた訳じゃない。ただイヤホンから流れる音の連なりを聞いていたら涙が出ていた。

どうして泣いたのかは分からない。でもなんだかとても懐かしい気分になったのは強く覚えてる。心地よくて、暖かくて、心の奥から落ち着ける。そんな曲。

もし前世というものがあるのなら、ぼく

もっとみる

心地良いままに、休むのである

世は3連休のようですね。あまり関係のないはずの私ですら、なんだかぼーっと力の抜けてしまう日です。ずぼらday万歳。

特に外出の予定はなかったのですが、せっかくだし・・・と思い、「ヨガウエアを買いにいく」という急ぎでもなんでもない用事を作り、しっかりメイクをし服を着替え、いざ!と手掛けたのですが、駅に行くまでの間に「・・・めんどくさ」と思ってしまい(どんだけ気まぐれ)、結局近所をぷらぷらすることに

もっとみる

【変人に贈るラブレター 56/100】テーマ「感謝」⑥

心で感じたことをまんま描き出す【変人に贈るラブレター 56/100】

感謝。。。

次回のセッションまでのテーマである(笑)

「感謝」がテーマだけど、感謝についてほとんど書いてない(笑)

感謝について、どんな時にそう感じるかをずーっと考え?思って、、、は、、、いる。

それは突然やってきた。

今日、会社のゲートを出た時に

感謝した

その時の感覚は、

心地よくて、あったかいものが体に充

もっとみる

裸足

裸足になってみた

苔のじゅうたんから

ふんわり伝わってくる

柔らかさ

やさしさ

あたたかさが

伝わってくる

それだけで

ハートが楽しくなるの

カラダが ポカポカしてきて

喜んでいるのが

よくわかる

とんがった石の上だと

ちょっと、イタッ!ってなるけど

それも、楽しいよね。

落ち葉のじゅうたんも

ふかふかで、

柔らかくて

やさしかった。。。

こんなふうに

裸足

もっとみる

心地良いもの

休日家にいるときは晴れよりも雨の方が心地良い...。

そんなことをふと思ったので、心地良さについて書くと思いたつ。

自分が出会った出来事や物事に対して感じる気分。心持ち。気持ち。

"心地" の前に行動がくっついて使われることも多い。"乗り心地"、"寝心地"、"居心地"、"触り心地"...。

こんな使われ方があるなら、造語はたくさん作れそう。

造語も含めて最近の "心地良いもの" を寄せ集

もっとみる

今までの道のり

何か…ふと、思った。

私の今までの人生って、ほぼ「思いつき」の連続だったように思える。

それが、正解なことばかりか…と言えば、自信ないけど…いや、親や親戚に「おまえは、落ち着かない子」と言われ続けた。

高校卒業後、進学した専門学校も、自分の未来を描けない…て、理由で退学し、その後就職した会社も、苦痛を乗り越えきれなくて、退社。

まあ、周りから見れば…我慢の足らない、問題児…だったと思う。

もっとみる