思い切り

ナンパにおいて、どこまで思い切って踏み込むか、そしてそのタイミング、どこで切り上げるのか、というのは初心者にとっては結構悩むのではないだろうか?

経験を積むと見えてくるけど、その精度はまだ上げられる気もする。

思い切って攻めるのと無難に守るのとの兼ね合い、バランス。

モノにいろんな想い出を付加してしまうので、モノを捨てるのが苦手で、前の引越の時の段ボールが1年以上経ってもまだ残っていたりする。思いきって実家に送り返したり処分したりしていると、そこに新しいモノが入れられるんだなぁというワクワク感がしたりして、たまには思いきってみるもんだな。

バカにも天才にもなれなかった

こんにちは、もげです。
久しぶりに長く文章を書きますね。

自分のホーム画面を見たら、下書きが6件も溜まっていました。
その中で今なんとなく書きたいなと思えたのがこのタイトルです。

下書きを開いても文章はゼロ。この時の私って何が書きたかったのかな。覚えてません 笑
もしかしたら、この言葉だけ思いついて、自分のことが悲しくなって、書くことができなかったのかもしれません。

私は、バカにも天才にも

もっとみる

思い切り

思い切りが悪いです。
いつまでもあれこれ迷っています。
こうすれば良いのか、これかあれか、
最後、決められなくて そのまま放置していることが沢山あります。
忙しいとか 邪魔が入ったとか あれこれ理由をつけて
何とか切り抜ける手段を見つけ、蓋を閉めてしまいます。

ふと振り向くと、空中に吊り下げられた 中途半端な思いが
面々と漂っていて、分厚い層となって空中を貫き
果て無く これまでの軌跡を 綴って

もっとみる

人生が難しくなるのは考えているときだけ

何も考えてないと物事はとても楽にすすむ。

私の友達はおもいきりがいい。
色々考えずに「これやってみる!」「あれやってみる!」とさらって言って、さらっと実行する。そういう彼女の周りは物事がとてもスムーズに進んでいるように見える。

私はその逆。
色々考えすぎて、「あれやりたいけど、でも…」「あれ興味があるけど、でも…」なんてあらゆる可能性を考えてから行動に移そうと思ってるから、物事は全くスムーズに

もっとみる
スキ、シェア、サポート、どれか1つでも。あ、スキ有難う!!