手前みそ、ほぼ完成。

カビ武者の襲来で危ぶまれた自家製味噌も、なんとか無事に出来上がりそうだ。

カビを取り除きながらジップバッグから出し、タッパーに詰める。途中で味見をしたら、麹の甘味と大豆の旨味を感じられた。今年も合格だ。

ほぼ完成しているので、これ以上発酵が進み過ぎないように冷蔵庫で保管しながら熟成を待つ。

来年は、もう少し量を作ってみたい

英語ができない人のためのセブ島コミュニケーション概論

ごめんね。手前味噌大好き人間なので、昨日の飲み会で褒めてもらったことを書かせて。

「熱帯さんのコミュニケーション能力は、えぐい。熱帯さんが部屋に来ると空気変わるもん。ローカルフタッフはみんな熱帯さんのことが大好きすぎて、『何言うんだろう』ってそわそわしてる感じが伝わってくる。腰が低いし、ニコニコしてるんだけど、きっちり自分の要求を通すように持って行く。みんな嫌な気持ちにならず熱帯さんに協力しちゃ

もっとみる

真夏の味噌作りしませんか?(満員御礼)

いよいよ今週末にずっとDIYでコツコツ作ってきた吉祥寺のお店がOPENします。

いや、正確にはもう5月には保健所の営業許可は取得してあったし、テスト期間として営業自体はしていたのだけれど、ようやく8月から本格稼働する事になります。

そのオープン記念イベントとして、ゲストを招いてのワークショップを行います!第一弾は...『発酵デザイナー小倉ヒラクさんと作る、真夏の手前味噌』です。

【 小倉ヒラ

もっとみる

自給自足な日常生活0704

雨ですねぇ。
ストロー作りにハマるの巻。

廃材セルフビルド

いつもと変わらぬ風景で、本日も旦那は廃材を使って新居建築に勤しんでいます。
今回の母屋加工でいつもと違うところは、手掘り作業が多いところ。

カンカンと、良い音が響き渡っています。
今日は近所のおじさんが、お散歩の途中にやってきて激励を送ってくれていました。
その方も大工さんとの事。

旦那はやりながら学びながらの素人大工ですが、プロ

もっとみる

手前味噌の経過観察。

毎年のことで、もはや程度問題でしか無いけど。

自家製味噌に、やっぱりカビが来た‼︎‼︎

(熟成3ヶ月超)

ジップ部分の微妙に空気が抜ききれていない箇所に、カビ防止用にホワイトリカーを多めに染みさせたがダメだったー。

現在は密封性の良さでジップバッグ詰めているが、以前は、タッパーに入れ表面にラップを敷いてその上に隙間なく塩を置く作戦でもカビは来ていた。(作り味噌屋さんに教わった方法)

移住

もっとみる

手作り味噌のメンテナンス 3回目

第3回目 味噌のメンテナンス完了。

先週末は今年の味噌のメンテナンスをしました。
1番最後に作った米麹の味噌は割と無事でした。
麦味噌の方が、密封がちゃんとできておらずなのもあってか、危うく仲間でまでやられるところでした。

カビから救出して、縁に天然塩を追加してラップして閉じておきました。

結構暑くなってきているので、天地返しをはやめて冷蔵保管した方がいいのでしょうか?

まめにチェックして

もっとみる

「手前味噌」みんなで仕込んじゃいました

桜は満開、春爛漫の4月6日土曜日。"暮らしのリズム"主催【手前味噌仕込みの会】を開催しました。2006年の春分の日にスタートし、毎年開催して10回。渋谷の居酒屋「ニュー信州」で2015年までやってきましたが、店舗の移転により中断し、今回は4年ぶりの開催となりました。

会場は江戸川区の施設「グリーンパレス」の調理講習室。調理テーブルが7台もあって業務用のコンロや大鍋といった備品も充実しています。今

もっとみる

写真レポート「大地へ還るお味噌作り」春

前日、準備完了

当日

自然農法で丁寧に丁寧に作られた超大粒のあけぼの大豆。
それで作るお味噌も最高なんですが、茹で汁がもう・・・旨味がやばいんです。
とっても甘くて、もはやスープ。
すこーしお塩やお味噌を足しても良いし、大人も子共も無限茹で汁。笑

この日のお昼ご飯は、大好きな「もみのき食堂」さんにお願いして、特別にSHIGANO BASEランチボックスを作っていただきました。
肉、魚、卵、乳

もっとみる

野草料理に挑戦中!

河原やあぜ道に生えている野草の中には
食べられるものがあるって知っていましたか?

最近「野草料理」にはまっています。

1、2年ぐらい前から氣になっていた料理教室に
先日、念願叶って参加してきました。
食べられる野草を先生に教えてもらい
みんなで野草を摘んで先生のお宅に持ち帰り
調理して頂く。
めちゃくちゃ感動しました。

だって、その氣になれば
スーパーに行かなくたって
摘んできた野草だけで食

もっとみる