煙草と酒2

随分と前回から時間がたったが、煙草と酒についての個人的タバコ編について書いていきたいと思う。

農民にとって、そして肉体労働者にとって、煙草は現在でも欠かすことができないものである。幕内秀夫氏によると、煙草は肉体の疲労を軽減する効果があるらしい。

現在はかなり世間から厳しい目を向けられている煙草ではあるが、日本でここまでたばこ規制が厳しくなったのは本当に最近のことである。

97年くらいまでは、

もっとみる

腸内環境のケアが大切!腸内にいい食べ物を入れよう!

こんにちは!健康管理インストラクターのしげです。

今日の日経新聞で「うんこは茶色いダイヤ 腸内細菌 創薬に効く」という記事が掲載されていました。

ちょうど腸内細菌について復習していた時だったので驚きました。内容もまさに体にいい影響を及ぼす腸内細菌を培養して錠剤にして投与したり、または他人の便を移植したりする方法もあるのだとか。

もっとみる

2019.07.12."それはオシャレなのか"

喫茶店でモーニングを食べている時に流れていたTVが「自分の子どもに過剰に期待をしてしまう親」の特集だった。
確かに、子ども可愛さが歪んでしまい自分が叶えれなかった夢を託してしまう側面があるのかもしれないし、カエルの子はカエルという諺がある以上父親と母親の素養の半分づつを受け継ぐはずなので、そこまで過剰に期待してしまう事は本人にとって束縛になってしまうのかもしれない。トンビが鷹を生むという諺もあるに

もっとみる

7月10日、なっとうの日

毎日あるであろう、◯◯の日シリーズ。
自分の誕生日は何の日かな?
とつい知りたくなっちゃいます。

納豆、お味噌、発酵食品を食べよう

発酵食品は、身体の消火、吸収が促されたり
免疫力がアップ!するなど嬉しい働きがあると
言われています。

中でも納豆、キムチ、ぬか漬けは
ごはんと一緒に机に並べる。

お味噌汁を毎日飲む。

と、日々の生活に取り入れることを私も意識しています。

納豆嫌いにもオス

もっとみる

発酵食品で性格もアレルギーも良くなるぞ【ヨーグルトで花粉症が治る!?】

「健康」と言われても、体のどこに着目したらいいのかわからないかもしれません。

タバコのように、明らかに体に害のあるものならわかりやすいです。しかし、他の体の部位で明確に悪影響が起こっているという話はあまり聞きません。

体の不調を表す指標として、ある部位の研究が急速に進んでいます。それが「腸」です。

アレルギーのような健康状態から、性格のような心理状態まで、様々な要素が腸内環境によって左右され

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!よければフォローもお願いします。
3

臭豆腐を食べてみた

だいぶ前に食べてたのに、レポ上げるのすっかり忘れてました。
中国の発酵食品、臭豆腐でございます。臭って名前がついてるくらいなので相当、臭いらしい。噂によるとウンコの香りがするとか。

豆腐にカビを生やしてから、塩水に漬けこんで作るそうですが、台湾レポなどで話題になるタイプは、豆腐を一晩漬けこんだ浅漬けタイプが多いようです。

そんなわけで今回ご用意いたしましたる臭豆腐はガチなヤツで、主に北方で作る

もっとみる

発酵食品がなぜ現代の食生活に必要なのか?【心と体の健康のための発酵生活】

令和の時代のこころとからだの健康維持のために、日々、発酵生活を送ってみませんか?

今回のnoteでは、発酵食品がなぜ現代の食生活に必要なのか、ということについて述べていきたいと思います。

近頃はマインドフルネスに関する記事をnoteに投稿していますが、じつは私自身、心とからだの健康や幸福感の源には、毎日の食事・食べ物が深く関わっていると考え、数年前から、からだや腸、脳に良い食べ物について知るた

もっとみる
ありがとうございます!!とっても嬉しいです。励みになります!
12

【食レポ】スターバックス 発酵フラペチーノ

スタバの新作はどれも気になるものばかりでついつい試してしまいますね…!
レモンヨーグルト発酵フラペチーノはこの季節にぴったりな爽やかフレーバーでした。

訪れたお店のおすすめカスタマイズ、
バレンシアシロップ追加
シトラス果肉追加
も美味しそうなので今度やってみたいです!

もっとみる

【体に優しい試作の日々】

お店を運営していると「試作」は日常のルーティンの中で欠かすことのできない出来事になってくると思います。

最近つくづく思うんです!

体に負担のかかるモノを扱うお店じゃなくて良かったーーーーと笑。
品質管理も含めると毎日常々自分自身で口にし、フレーバーの移り具合なんかをチェックするわけですが、甘ーーーーい甘ーーーーいドリンクだったら今頃糖尿病で苦しんでいるかもしれません。

脂っこい食べ物を扱って

もっとみる

煙草と酒

煙草と酒は農民の友である。人間は定住してから酒を造ったのではない、むしろ酒を造る為にこそ定住したのだ、というのはマリー=クレール・フレデリック (Marie-Claire Frédéric)の発酵食の歴史における言葉である。世界中の遊牧民族などが、定住をしていないが酒を買うのではなく自ら作成することは周知の事実である。それを考えると上記の言葉は正しいのだろう。

人々は、それほどまでに、そう安定的

もっとみる