描くことを楽しむ

ひよこマンガ第4回「暗闇を手さぐりで。」

気付けば早くも第4回。
今までのラインナップはこんな感じ。

序章「本に書いてみてわかった母親の強烈さ」
第1回「ショーゲキ的なひとこと。」
第2回「夫婦のプライバシー・1。」
番外編1・こじらせた自己愛
第3回「夫婦のプライバシー・2。」

序章から順番に辿って読めますよ~

ちなみに今までで一番のアクセスを誇るのは
番外編1・こじらせた自己愛

◇登場人物紹介

第4回「暗闇を手さぐりで。」

もっとみる

着物でお帽子・4「テレビ局よりメールが届く」

着物が好きです。
そんな思いの丈を3回にわたってお届けしてきました。

着物でお帽子・1「自由に楽しむ普段着物」
着物でお帽子・2「芸能人からナンパされる」
着物でお帽子・3「行き詰まる個性」

1、2回は東京時代の素敵な想い出でしたが、第3回は名古屋での黒歴史。

そして今回、タイトルを読んで、
「おお!ついにテレビからお呼びが?」
と思われたあなた。。。そう、そうなんです。

確かにテレビ局か

もっとみる

着物でお帽子・3「行き詰まる個性」

着物が好きです。
そんな思いの丈を2回にわたってお届けしてきました。

第1回目は「着物のコーディネートの楽しさ」について
第2回目は「着物でナンパされた想い出」について

そして今回、第3回目は、「着物の黒歴史」について語ります。

はっきり言って何の役にも立ちません!

マンガ多めですので、気軽にユルユルお読みください。

ところ変われば名古屋では。。。

前の2回は、東京時代の話です。
名古

もっとみる

着物でお帽子・2「芸能人からナンパされる」

着物が好きです。

そんなわけで、着物について語る記事シリーズ第二弾。
前回の記事はコチラ→着物でお帽子・1「自由に楽しむ普段着物」

「着物を着てるとハーフの子が産める」「着物を着てるとお金持ちにナンパされる」という銀座の呉服屋さんのコピーが炎上したのはまだまだ記憶に新しいですよね。私もこの件に関しては「なんじゃそりゃ」という感想しかありません。

着物を着てオシャレをすることを「自分のため」「

もっとみる

着物でお帽子・1「自由に楽しむ普段着物」

着物が好きです。
色で無限に遊べる着物の面白さにはまって、ある時期には週に2回3回と着物を着ていたことがあります。

あまりに着物のイメージが付いたせいか、たまに洋服を着てると「服着てる!」と驚かれたり。「裸族」かよ!

高価な着物は買えませんので、買うのはもっぱら「骨董市」です。骨董市での一期一会の出会いは楽しいものです。カラフルな銘仙や渋い紬など、運が良ければ掘り出し物に出会えることも。

もっとみる

美しくも強烈なベトナムスイーツの世界

2012年8月に行ったベトナム旅行記第4回。惜しまれつつ(?)、ついに最終回となりました。

前の3回はこんな感じ。

口から生まれた女を黙らせる、ホーチミンで出会ったおばさま
紛らわしさのおかげで出会えた、チャイナタウンのおばさま
Tシャツ屋のおばさまにも認められたオットの風貌

すべて「おばさま」シリーズとなっております。
順番はどこから読んでもOK。

ベトナムの魅力といえば、食べ物がおいし

もっとみる

ひよこマンガ第3回「夫婦のプライバシー・2」

そんなわけで、ひさびさ登場でお待ちかね(?)の「ひよこマンガ」。
今までの経緯はコチラをどうぞ。

序章「本に書いてみてわかった母親の強烈さ」
第1回「ショーゲキ的なひとこと。」
第2回「夫婦のプライバシー・1。」
こじらせた自己愛

◇登場人物紹介

第3回「夫婦のプライバシー・2」

これはほぼホラー。

まだまだまだつづくよっ。

もっとみる

自分を客観視できていますか?

今日のは結構な毒を吐いております。

フリーランスはたった一人で会社経営するようなもの。タフでないとやっていけませんし、本来の仕事内容以外の様々な能力が必要です。

必要なものは、体力・精神力・持久力・交渉力。。。etc。本当に数え上げたらキリがないのです。

そんな中で、重要だと感じることのひとつが「自分を客観視できる能力」。

これは本当にムズカシイ。私自身もできてるかどうか?自問しながら書い

もっとみる

Tシャツ屋のおばさまにも認められたオットの風貌

今まで2回にわたってお送りしておりますホーチミン絵日記の第3回。
前の2回はこんな感じ。

口から生まれた女を黙らせる、ホーチミンで出会ったおばさま
紛らわしさのおかげで出会えた、チャイナタウンのおばさま

そして今回と、すべて「おばさま」シリーズとなっております。
順番はどこから読んでもOK。

時系列順では、3日目から始まって、翌4日目、そして戻って今回は2日目。
初日と最終日の5日目は飛行機

もっとみる