日常を整える

非常に備えるということは、日常を整えるということなのかもしれない。

※短文です。

 ふと頭に浮かんだ言葉を書いておきます。

「非常に備えるということは、日常を整える」ということなのかもしれない。私の中の最近のテーマのような気がします。

「一週間後、引っ越しだよ!」と言われても対応できるくらいに身の周りの荷物を、丁寧に、丁寧に減らしていき、身軽になったら、どんな景色が待っているのか楽しみです。

(こんなに短い文章書くの、久々です。笑)

想像力と創造力を駆使して問いを立てる

「13の月の暦」は“自分に問いかけていくワーク

「13の月の暦」は、13日周期、28日周期、260日周期等様々な周期が組み込まれた「暦」なのですが、
“自分に問いかけていくワーク”でもあるんです。

「誰か」や「外」に答えを求めるのでなく、自分の中からの答え(気づき)が出てくるように質問をしていくのです。

<使い方例>

*あくまで私の使い方ですので、ご参考までに。自分にとってベストなスタイル

もっとみる

暦を活かして機嫌よく生きる

“日常を整える”最高のツール「暦」

私たちが普段使用している暦、カレンダーは太陽暦のひとつであるグレゴリオ暦です。

グレゴリオ暦のリズムは、自然との共存より、合理性や効率を優先したものです。
そのため、人間が本来持っている体内時計や「場」という空間を認識する能力を著しく低下させるのです。
自然のリズムからかけ離れた暦を日々使用していることで、ココロとカラダのリズムも噛み合なくなっているのです。

もっとみる