普段着着物

嬉しい!
11

着物のコーディネートで意識するポイント3つ+2つ

みなさん、こんにちは。

着物は好きだけど、どう組み合わせていいかわからないという悩みはありませんか?

今日は「着物のコーディネートについて」お話します。

着物のコーディネートで意識するポイント3つ

私は、

着物と帯のコーディネートを考えるとき、以下の原則を意識しています。

1 柄の大と小
2 直線と曲線 (例えば、ストライプ⇔水玉)
3 具象と抽象 (例えば、写実的な動物・花⇔一見なに

もっとみる

普段使いの着物

母の初彼岸、遺品の整理をしていたら、タンス一棹分の着物、ちなみに、母は自分で着物着られないし、たぶん冠婚葬祭ぐらいでしか着た事ない。ほとんどの着物が、お高そうな生地ではなくて、木綿で普段着用っぽい羽織りとか沢山。普段着れるものとか、どんどん着て、羽織りとか、縫い直してコートみたいに羽織れたらいいなと思う。というわけで、今日はなんでもない日だけれど、着物着てみました。襦袢も着物も洗濯機で丸洗いできる

もっとみる
ありがとうございます(^✇^)嬉しいです
35

わたしの着物はじめは無い無いづくし。できっこない、と反対すらされた。

先生からの勧めで、普段着のひとつとして物を着るようになったのだけど

その事始めには、母の大反対があった。

主な理由は、

①「(着物を)収納する場所がない」

②「手入れが大変(お前にはできない)」

③「高価でお金がかかる(なんとなく)」

・・・というもの。

確かに。

そのときは、それに対してなんにも言えなかったけど。

いまは、こんなふう。

① 収納場所 : 着ていない洋服を処分し

もっとみる
とても励みになります!
4

私って着物が好き?嫌い?0円のコストで簡単に相性を知る3つの方法

自分がある物事を好きか嫌いか判断するときに、あなたはどんな行動を取りますか?家族や友達に「私に似合うかな~?」と聞いてみる?いやいや、自分が好きか嫌いかを知っているのはあなた自身だけ!

だから、自分の着物へのキモチを知るために、まずはあまりお金をかけずにプチお試ししてみましょう♪こちらではそのための3つの方法をお伝えします。どれか1つだけでキモチが決まればそれはそれでヨシ、「まだはっきりしないな

もっとみる
Danke💖
13

着物はもともと普段着だったという事実と、今でもそれは可能だということ【全文無料】

「着物を着る人」にどんな印象をおもちでしょうか。お金持ちのマダム?お相撲さんや落語家?成人式?結婚式?

誰でも知っていることですが、昔は日本ではみんな着物を着て生活していました。戦前くらいまでは相当な数の人にとって「着るものといえば着物」だったわけです。

それが今ではなぜか「なで肩の人しか似合わない」だの「着物はお金がかかって無理だわ」だの「そもそも着付けができないし」「手入れもめんどうでしょ

もっとみる
Merci✨
21

着物でお帽子・4「テレビ局よりメールが届く」

着物が好きです。
そんな思いの丈を3回にわたってお届けしてきました。

着物でお帽子・1「自由に楽しむ普段着物」
着物でお帽子・2「芸能人からナンパされる」
着物でお帽子・3「行き詰まる個性」

1、2回は東京時代の素敵な想い出でしたが、第3回は名古屋での黒歴史。

そして今回、タイトルを読んで、
「おお!ついにテレビからお呼びが?」
と思われたあなた。。。そう、そうなんです。

確かにテレビ局か

もっとみる
きっとあなたにいいことあります☆
43

キモノメガネは獣道②マシュラ編

早速着物との似合わせ編を始めたいと思います。

 タイトル画で掛けているマシュラ、これは事前に眼鏡デザイナーの影郎さんに着物着画を送って、似合いそうなものを送って下さった30本のうちに入れておいてもらったもの。フレーム単体だと

羽を広げた蝶そのもの🦋バタフライマスク?

少し引きでの着画は

羽が瞳に接続⁉️デカ目効果にも程がある‼️

サイドから見てみると…

つけまつげしてるかのような目元

もっとみる
その眼鏡イイですね!
2

キモノメガネは獣道

こんにちは。着物マフィアでおなじみエペル嬢で御座います。この度noteを通じて、まとまりのないカオスな私の着物ライフと、着物を着ているだけで次々に舞い込んでくる楽しいあれやこれやを記録していければと思っています。

 早速直近で進行中の楽しい事をご紹介!

眼鏡の話です。

 視力を矯正しなければ生活できない身としては、着物を着ている時も眼鏡でも過ごしたくなるのが人情というもの。

 ところが洋服

もっとみる
読んでくださって、この着物も喜んでる👘✨
12

着物が普段着になったワケ

特に着物が好きだったわけでもないのに
2017年初夏から着物を着ない日は一日もないほどに
なってしまいました

きっかけは、百草サロンとの出会い…
布が体を支えてくれるという心地よさを知りました
でもそれなら着物でいいじゃん
「もしかしたら着物はからだにいいのかも…!」

その年は、母たちや近所の方のおさがりで過ごしました
見た目ではなく目的は、「からだにいい!」なので…
お出掛けのときはわざわざ

もっとみる