月額会員制

ココナラとノートの競馬予想販売の棲み分け

ココナラでは、メインレースを中心に儲かりそうなレースを加えた3レースを厳選して1000円で販売しています。

ノートでは個別に1レース500円で
単品販売しています。

ノートで3レース買おうとすると1500円

ココナラだと1000円なので、お得です。

他の違いは

ココナラからだと、チャットでやりとりしやすいというメリットがあります。

予想して欲しいレースのリクエストにもお応えします!

もっとみる

保有しなくなる時代

こんにちは!

サブスクリプションについて

最近ですね「サブスクリプション」という言葉を良く目にしませんでしょうか?

サブスクリプションとは、ざっくり言うと月額会員制で色んなサービスを受けられる。
いわば「権利」に対してお金を払うビジネスモデルを言います。

もうここ最近では、サブスクリプションサービスを提供している企業は多いのではないかと思います。
例えば、映画など見れるネットフリックスやH

もっとみる

🐠8月度【魚屋メグの1ヶ月予想】🐠

月額予想の8月度になります‼️

こちらにうまく貼れない場合はDMにて予想を送らせてもらいますね💌

もっとみる

雀荘はサロン化せよ!【会員限定月額定額打ち放題で収益化を図る方法】

突然ですが、雀荘の収益体系はけっこう悪いなと思います。

基本的に平日の昼間とかは客があまり来ないし、客あたりの単価も安い。

例えば5卓の自動卓が置いてある雀荘では、一人100円の学生料金とかだと、客が全部入っても100×4人×5卓=2000円しか上がってきません。

しかもフリー雀荘だと、フリー卓の本走・代走要因として、従業員を多めに配置しなくてはなりません。

中には従業員からもゲーム代をと

もっとみる

お前らは損している。会員制卸売業の手口

会員制ビジネスマーケットは昨今流行っている。日本ではAmazonやコストコなど様々。

彼らのビジネスは姑息であり、クレバーだ。

安定的に収入を得るには、物品から利益を生み出すことは合理的であるとはいえない。

コストコとAmazonに共通するのは物品の安さだ。安さを売りにして多くの会員を獲得する。会員になってしまえば、その期間は安定的に顧客としてお金を落としてくれるであろう。

コストコとAm

もっとみる

第2章 まるでオーナーのように!?

2017年1月〜9月の間は、いわゆるサブスクリプション導入までの準備期間。
第1章で触れたように隠れ家は隠れ家らしくということで、世間の目から距離を置くようになる。その間に「紹介制、会員制、月額会費制」に向けて色々と準備が始まる。

---

さてさて、ではそろそろサブスクリプションxレストランの具体的な話を。

そもそも何でN氏はこんなことを思いついたのか。
そして僕らはなぜに「サブスクリプショ

もっとみる

月額制で小規模事業者・非営利組織特化『 駆け出しHP制作室 』はじめました。

初めまして、株式会社メイクヘイストスローリー代表の柴山といいます。

小規模事業者や非営利組織向けに『 駆け出しHP制作室 』をはじめたので今日はそのサービスについて書きたいと思います!

■なぜこのサービスをはじめたのか?
きっかけはクリエイティブアシスタントとして採用した駆け出しデザイナーさんとの出会いでした。代表の私自身はいろんな企業さんの新規事業の壁打ち相手以外にできることがない凸凹人間な

もっとみる

かなしすぎて、泣ける曲を選ぶ余裕もない夜は

素敵だなと思っていた人に、恋人ができてしまった。
照れ笑いしながら彼女の写真を見せる彼を、周りの皆が祝福している。
だけど、おめでとう、と言った私の声は、震えていた。
その瞬間、私は、失恋してしまったんだから。

家のドアを閉めて、どっと落ち込む。
もう、何も考えたくない。
今夜だけは、どっぷり悲しみに浸って過ごしたい。
悲しい曲を聴いて、思いっきり、散った恋を送り出して、泣きたい。

なのに、曲

もっとみる
✳︎✳︎✳︎⭐︎スキありがとうございます⭐︎✳︎✳︎✳︎
15

第1章 隠れ家は隠れてなんぼ!!

序章を終えて、やっぱりこのまま時系列に沿って書き続けた方が良いかなっと思うので、今回は2017年1月〜のお話。サブスクリプション開始は2017年9月なので、その準備段階というか、なんというか。
2016年2月(Provisionオープン)からの超超イケてないときの話は、また追々。

---

2017年1月から、N氏との共同経営が始まった。
実質的はN氏が経営、僕が店舗運営という感じでしょうか。現

もっとみる

序章 〜Provisionオープン、そして〜後半

前回までの流れは、まー単純に飲食バカが粋がってお店をオープンしたけど、結果閑古鳥が鳴きまくりでしたよっという感じ。

---

そんな中、飲食店の繁忙期である12月に店を造作譲渡で売るために東奔西走、年明けからの自分の就職先を探すために更に東奔西走。
そうこうしているうちに、12月も後半に突入。一軒の飲食店専門のM&Aをしている不動産会社Aが、造作譲渡300万でどうですか??となり、決着かと思って

もっとみる