杭瀬

グループ展示会「Re:Canvas」 in シェアアトリエバンビ(7月26日〜8月1日)

いよいよ、僕が初めて出展するグループ展示会「Re:Canvas」の開催日が近づいてまいりました。個人的に楽しみですし、盛り上げたいし、今一度こちらの記事でイベントについて告知させて頂きます!

シェアアトリエ「Share Atelier BAMBI(シェアアトリエバンビ)」の改装に伴いまして、展示会「Re:Canvas」を開催いたします!

⭐参加、詳細はこちらから⭐

◼️「Re:Canvas」

もっとみる
なんて、良い人なんだ!
3

尼崎連続不審死事件を扱った2つの著書を読んで「角田ファミリーと関西スラムの闇」をさらに深く知る

最近「尼崎連続不審死事件」の記事をnoteに投稿している関係で、またこの事件についての詳細を調べ直したり、既に出版されている事件を扱った2つの著書を読んだりしてゲスな好奇心がぶり返し始めている。

今回はこの事件を取材しまとめ上げた二冊の書籍「家族喰い」「モンスター」を元に、尼崎からそう遠くもない大阪市臨海部の同じ貧民街で生まれ育った当方の主観も混ぜ込んで、関西スラムの闇についてグダグダと意見を述

もっとみる

尼崎連続不審死事件の主犯格「角田美代子」の生い立ちと若かりし頃の痕跡を訪ねる

当記事は2014年1月に別サイトで公開されていた記事に加筆を行ったものです。情報は当時のものになります事をご了承下さい。

二十数年間もの長い間、出会った人々を相手に巧みに人心を支配し己のマインドコントロール下に置き、複数の家族の人生を意のままに操っては収奪しては壊し、少なくとも10人以上の人物を死に至らしめた戦後日本屈指の凶悪犯罪「尼崎連続不審死事件」の主犯格である「角田美代子」はここ尼崎に生ま

もっとみる

洗脳と恐怖が支配する怪物女の王国!「尼崎連続不審死事件」の現場・尼崎市杭瀬を訪ねる

当記事は2012年11月にDEEP案内系列サイトで公開されていた記事に加筆を行ったものです。情報は当時のものになります事をご了承下さい。

大阪市のすぐ隣「兵庫県尼崎市」は戦前から工業都市として栄え全国から労働者及びあまたの有象無象を受け入れてきた街である。2012年秋、この地でかつてない規模の大量怪死事件が発覚し連日の報道がお茶の間を騒がせた。

もっとみる