染色工芸

日記(令和元年9月17日)

仕上げ祭り開催中でした...完全に終わってはないけれど、一先ず終了して後半戦の制作へ明日から取り掛かります。とりあえず、今日は体力温存の為に早めに眠りたいと思います。。。

ここ数年、白生地が欲しい時に都合よく、入手しにくい案件が生じております。あと白生地が高い...白生地屋さんは精一杯頑張って下さっているのですが、中々どうして難しい。。。一気に沢山注文を出せるわけではないので、ワガママも言ってら

もっとみる

枯らす女の植物チャレンジ

工房の植物はモンステラが年中あります。去年から、夏〜秋に朝顔を工房で育てています。過去、色々な植物を枯らしてきた経験がありますが、この2種類だけは生き残っている...というか育てられています。

そんな私が次に狙っているのは、オリーブの木とチューリップです。オリーブの木は師匠も好きだという事で、1年ほど良いものはないか...と思い、色々気にして見ていました。そして先日、価格的にも大きさ的にも種類的

もっとみる

水元祭り

本日は水元祭り開催でした。。。順番に蒸しをして、置いておいた帯5本をまとめて水元しました。これだけ纏めて水元をするのは久々だったので、肉体の疲労感が凄いです。。。それでも、過ごしやすい気温だったので、汗をかきながらの作業...という事にはならなかったのが、せめてもの救いでした。夏の水元は大変です。。。

そういえば、フィギュアスケート...オータムクラシックインターナショナル2019とロンバルディ

もっとみる

染色作家にありがちな怪我

先日、久々に引っ掻いたのでご紹介。

フォリア工房は、染色の中でも”友禅染”と”ロウけつ染”を併用した作品作りが多いです。その殆どの作業工程を自分達の工房でします。

それで、伸子と書いてシンシと読む、竹製の細い棒の両端に小針が付いてる道具があるのです。カバー写真がそれです。

染の色々な作業をする時に、張り手という道具で生地を縦(経)に張ります。

そして、伸子を使って横(緯)に生地を伸ばす..

もっとみる

夢の中でも制作

日記(令和元年9月10日)

今朝方、名古屋帯の色挿しをしている夢をみました。今日、する予定の作業の夢です。夢の中では、以前作ったものの資料をiPadで確認しながら「まずは墨色だったはず...」と見るのですが、墨色を使っていない。「おかしい、なぜだ。墨色で引き締めて、その後、青のトーンでスッキリクールにまとめたはずなのに。。。」と、もう一度確認するものの、墨色なしの紺色〜青色の絶妙なトーンでまとめ

もっとみる

日記(令和元年9月9日)

今日は朝から、師匠に「日本のアイデンティティがどうこうとか日本の伝統文化を守るだとか、色々言ってる人がいますが、そもそも日本のアイデンティティとか日本の伝統文化って何なんでしょうか?」という質問をして、それに答えて頂くという有意義な午前中を過ごしました。

午後は、帯の色挿しをしました。2月の個展の際に制作した名古屋帯「踊り花」をご注文頂き新たに制作中。オリジナルの配色を元に、発注して下さったお店

もっとみる

32歳のボヤキ

今年で32歳になりました。

私は毎年正月、年が変わった時に自分の年齢を更新するようにしています。8月生まれですが、32歳を先取りしてました。その中で感じた事なのですが、「32歳って何とも中途半端な年齢だなぁ...」と。

「若い!」と言われるほど若くもないし、「キャリア積んでる!」と言ってもらえるほどの経験値もない。自分で「お姉さん」と言っても周りの目が気になるし、「おばさん」と自分で言うのも周

もっとみる

日記(令和元年9月6日)

先日、久しぶりにSNSやネットにてエゴサーチ祭り開催してみました。思いついた時の不定期開催です。定期的にした方が良いのは分かっているのですが、エゴサするのって体力が必要です。ポジティブなものばかりを発見する訳ではないので、少し緊張します。

それでも、私の名前でエゴサしたところで大したものは出てこないのですが、師匠は色々あります。作品数も多いですし、どこかの団体に所属している訳でもないのにも関わら

もっとみる

日記(令和元年9月3日)

先週末から、甲斐凡子作 名古屋帯「踊り花」の線描きをしています。久々の直描きなので「大丈夫かな...」と不安を覚えつつ、やり始めると普通に出来るので、身体に覚え込ませるというのは大切だな、と思います。(直描きは、面相筆と墨を使って、白生地に直に線を描いていく作業です。)

この作品は、2月の個展にて出品した作品なのですが、ご注文頂き新たに制作中です。2月の個展に向けて制作している時は、とても忙しい

もっとみる

9月にしたい事

9月になったので、9月中にしたい事を考えて行きたいと思います。

①2月の個展にて頂いたご注文の制作を完了させる→→→→これはもう取り掛かっている作業も多いので、完了させます。これは絶対です。

②着付け教室に着物で行く...為に襟芯と半襟を付け替える→→→→これ、着ていくのは問題ないし、手持ちのアイテムも限られているので「えー!どれ着ていくか迷う〜」という事もないんですけど、問題は衿芯&半襟です

もっとみる