梶原一騎

お盆だからって無職の後ろめたさが緩和するわけではない

ドールズフロントラインのキャラはとてもセンスが良いと思う。
なんかこう、武器を持っている姿にグッとくるというかなんというか…それとも単純に強い女の子が好きなのかなんなのか…。
とにかく、めちゃくちゃ良いんですよ(語彙力の喪失)。ちなみに、ドルフロ(ドールズフロントラインの略)では、8月1日より1周年記念イベントを開催中。1週間ログインすると星5キャラと交換できるアイテムが貰えるので、この機会にぜひ

もっとみる

私の中の好きな歌「あいとまこと」編

2017年4月7日

今まで、私の作品の中で、自分はどの作品が好きだったのかと、考えたことがない事に、恥ずかしながら気づきました。
 A面B面、或いはカップリングも含めて考えてみようと思います。
 『あいとまこと』のデュオ時代の作品は
4曲ですが、オクラになった2作品があります。世にでる事なく葬り去られた
『青春のページ』『純愛山河』この2曲をどうしてもリリースしたくて奔走した
時代がありました。

もっとみる
わ〜い😊

『昭和40年男』その2

2016年7月29日

新宿三丁目「ヤングマン」

不思議な出来事があるものです。
先日、面白いお店があるから、付いてきて欲しい、と言われて連れ出されたお店は、カラオケ喫茶でも、カラオケパブでもなく、懐かしの歌声喫茶でも
ありませんでした。
 1970年代から、1990年代のヒット曲のビデオを集めたお店でした。
まさに、雑誌『昭和40年男』垂涎の空間です。
テーブルには、昔駄菓子屋でも売っていた、

もっとみる
ラッキー😃

『愛と誠』の未発表曲を歌う

2016年6月3日

梶原一騎17回忌パーティ

2003年1月18日土曜日。赤坂プリンスホテルで、梶原一騎17回忌の
パーティーが行われました。
私は、左足を引きずりながら、出席しました。徐々に力が抜けて、
言う事を効かなくなっていた足。
まさかその事が、自分の身体に異変をもたらしているとは、知るはずも
なかったのです。
 この日は、3曲を歌う事になっていました。
少年マガジンとニッポン放送のラ

もっとみる
ラッキー😃

はじめまして松原愛です

2015年8月7日
皆さん、こんにちは。
今日は栄えある創刊号をお届けします。

芸能界に入るきっかけ

時は、昭和48年。舞台は、京都。父親の退職を機に、
兵庫県の宝塚から新天地となる京都に引っ越した事から
人生のコマが動きだしました。

もっとみる
ありがとうございます❤️

男の星座

梶原一騎作の自伝 男の星座 を読んでいる。

まずタイトルがいかしている。梶原一騎の作品では空手バカ一代も僕は大好きな作品だ。空手バカ一代は子供向けの漫画なので創作が多いが、男の星座では大山倍達や力道山、若かりしころのアントニオ猪木などが著者の体験の下、生々しく描かれている。彼の描く愚直に突き進む男が僕はすごく好きで、また梶原一騎自身もやはりそのような男なのだ。

舞台は1950-60年台。戦後間

もっとみる
ありがとうございます!

『タイガーマスク』(2013年)を視聴。はじまって早々から「Vシネマ?」と思うほどで、B級映画と呼ぶのもB級映画に失礼なほどの出来。正直、期待していなかったが「まさかこの程度の出来とは」と驚き。視聴した90分を返せ。

漫画作品を原作とする日本の実写映画

漫画作品を原作とする、昭和期の日本の実写映画(テレビ化も含む)の年表です。

映像作品が先行し、のちに漫画化された作品(例・『月光仮面』など)や、最初からメディアミックスとして企画された作品(例・『仮面ライダー』など)は除外しています。

(▲印のついた作品は以下のリンク先で関連する動画が再生されます)https://www.youtube.com/playlist?list=PL0R7VZvUA

もっとみる

月蝕歌劇団・舞台『 男の星座 』〜 梶一太が教えてくれたこと 〜

2018年 3月16日(金)〜 3月18日(日)

ーーー この日!

木枯らしが吹く中、東京・ザムザ阿佐ヶ谷の舞台・客席には、のべ…何人かはわからないが、兎に角、満員(ありがとうございました)のお客様が集まっていた…( 略 )

30歳を迎えたばかりのわたしは、舞台の上から、この物語の主役『梶一太( 梶原 一騎 )』として、月蝕歌劇団『男の星座』の舞台を生きていた。

『 衝撃の主演決定・発表か

もっとみる