毎日更新部

時間の使い方

前から時間の使い方が下手クソだという自覚はあるのですが、なかなか改善できないまま、三十路を迎えようとしている。。。

今日、このままじゃいけないと思った。やろうと思っていたことが、できぬまま、放置され、溜まっていく。
やりたかったことができなかった後悔を抱えたまま、休日の夕方が夜になってしまう虚しさよ。
こんなことを繰り返したいわけではない。

今、わたしがムダだと思っているのは、「消費する」時間

もっとみる

カラオケ

全力で 歌う横顔 愛しくて

-------------------------------------

入籍10ヶ月目のカラオケデート
まったく緊張も、ええかっこしいもしなくなり、歌うのも、聴くのも楽しい。

脇目も振らず、楽しそうに、全力で歌う姿、
これからも、いつまでも見たい、
歳を取っても一緒にカラオケに行く2人でありたい、そんな風に思ったのでした。

#川柳 #毎日更新部 #note新

もっとみる

アップルマティーニ

食事を終え、ケーキを食べる。
ふと、隣の席に目をやる。
カップルが、グラスにちょこんと入った、かわいいピンク色のお酒を飲んでいる。

かわいすぎる。めっちゃきになる。

いてもたってもいられなくなったわたしは、笑顔の素敵な店員さんが白湯をサーブしてくれたタイミングで、母から店員さんに隣のカップルのお酒の種類を尋ねてもらった。
母とひとしきり会話を終えた彼女が、わたしの方を振り向いた。
そして、わた

もっとみる

#77 いつもと同じ、いつもの落ち着き

変わり続けたいことと、変わって欲しくないこと。

この世の中にはどっちもあるし、どっちも良い。

今日は、「変わって欲しくないこと」の大切さに気づけた。

定期的に集まって、近況を報告し合う、
高校の時の同級生と過ごす時間。

「変わって欲しくないな。」
「これからも一緒に歳を重ねて生きたいな〜。」

そんなことを思いながら会話する時間。

自分自身は変わり続けて生きたいし、
周りの人たちにも前向

もっとみる

#76 鼓動の音が聞こえるようになるまで

公私混同

今まではあんまりいい意味に捉えたことはなかったけど、そんなことはないのかもしれない。

仕事もカメラも根っこは同じ。

「人と人」

すべては、そこに繋がっている。

***

「何のために写真を撮るのか」「何のために働くのか」

今の自分の中にある答えはどちらも同じ。

「まっすぐに、向き合って、そこにある”今”を形にするため。」

自分の半径5mの人たちから一緒に変えて行きたいし

もっとみる

#75 Lovegraphキャンプを終えて〜伝説の始まり〜

圧倒的な熱量、圧倒的なひたむきさ。

二日間がこれほどまでに一瞬で流れたのはいつぶりかな。

Lovegraphキャンプに参加して本当によかった。ここはきっと通過点。ここに集った仲間と一緒に前を向いて"秒速"で駆け上がっていきたい。

***

学んだことは写真の技術だけじゃない。

それ以上にずっと大切なこと。

「自分は何を届けたくて、どんな手段で幸せを形にしたいのか」

コーチングを勉強して

もっとみる

#74 根底に流れるものは同じ。手段は違えど最後は人と人との関係性がこの世界を豊かに彩る

自分が好きなものの理由や、何かを表現をするときにどんなことを考えているのか。

何かを表現する。

それは、何かを人に伝えるという行為。

そのための手段は十人十色。

根底に流れる情熱や、想いの深さが
表現の豊かさと彩りを増す。

僕は、「物語の前後数十秒を感じられるもの」を残したい。

そこに流れる空気感や、人と人との関係性や信頼感。その人たちの生き様。

そんなことが伝わるような表現ができる

もっとみる

#73 新しい世界に飛び込む時に大事にしている3つのこと

新しいことや、新しい環境に飛び込むことに抵抗はありますか?

僕も、もともとは圧倒的に保守的で、
新しいことはしなくていいから今のままなんとなく
やりすごすことが多かった。

特に、中学、高校の時は野球部という
1つのコミュニティに固執して、絶対にそこから出ようとはしなかった。

そんな僕もある時から新しいことや、新しいところに
飛び込むことになんの抵抗も無くなっていた。

それはなぜか。

新し

もっとみる

#72 誰でもできる仕事をどれだけ創っていけるか。AI時代を生き抜く"人"としての働き方。

人としての、
人にしかできない働き方をしたい。

そう思う人は、
少なくないんじゃないだろうか。

AI時代を生き抜く僕たちは、
取って代わられる事に
恐れを抱くのではなくて、
いかに、共存していくかを
考える必要がある。

社内の講座で、
AIを始めとしたRPAや、
DX(デジタルトランスフォーメーション)
とのコラボレーションについて
話を聞いて感じた事。

それは、

「いかに、誰でもできる

もっとみる

#71 内向型人間の正体

僕はかなりの内向型人間だ。

外から見えたときに、
そう見えなかったとしても、
まごうことなき内向型の人間。

1日の間に必ず1人の時間が欲しいし、
自分の感情の変化に敏感だし、
言葉にして伝えることも即時にはできない。

でも、外向型になりたいの?

そう聞かれたら、Yesという答えは、
自分には浮かぶことはない。

それは、なぜか。

内向型であることの強みを
理解しているから。

もっとみる