海外事例

健康課題のタブーをなくすオルタナティブなヘルステック領域としてのFemtech

Femtech(フェムテック)とは女性<Female> とテクノロジー<Technology>を掛け合わせた新しいヘルステックの領域です。
以前、FemtechとFemcareの概要と海外との温度差を考えてみましたが、今回は約5.5兆円市場と期待されるFemtechにまつわる少し踏み込んだ話を書いてみます。

Femtechはヘルステックとしての新しいジャンルであり、タブーを無くす社会的な動きでも

もっとみる

SFレポート(1):アメリカの「シェアエコ生態系」

こんにちは。シェアリングエコノミー協会事務局の二宮です。

5月21日・22日の2日間、サンフランシスコで行われたビジネスカンファレンス「Marketplace Risk Management Conference」に参加してきました。アメリカの団体が主催するイベントで、日本の「シェアリングエコノミー認証制度」や、自治体と連携スキーム「シェアリングシティ」について関心があるとの打診があり、参加する

もっとみる

あらゆるライフステージで使えるFemtech(フェムテック)20選

先日イベントでダイバーシティ経営のお話をするイベントにスピーカーとして呼んでいただき、ダイバーシティ経営と絡めて、女性の健康管理を助けて生産性をあげるFemtech(Female+Technology)についてお話させていただきました。

おもに、以下の三方良しという話をさせてもらいました。
女性: 健康で生産性が上がり働きやすくなる。タブーがなくなる。
健康課題:テクノロジーがサポートすることで

もっとみる

【海外ユーチューバー事例】Gleam.ioというツールを活用しチャンネル登録者数やSNSのフォロワー数を一気に増やすキャンペーン

YouTuberを起用したPR企画はアメリカでも人気

ニューヨークにいるティーンマーケターYUKAです!ニューヨークのマーケティングやサービスなどの最新トレンドを調査しています。

海外でも、インフルエンサーを活用した商品のPR動画をYouTubeでよく見かけます。

旅行系ユーチューバーが航空券のプレゼント企画をしたり、美容系ユーチューバーが化粧品のプレゼント企画をしたり、様々な企業がインフル

もっとみる
令和←漢字変換が一発で出てこなくて面倒い。けどそんなに打つ機会ない。
4

フランス人は工場で1日に3時間しか働かない

まずは上記記事を読んでいただきたい。

元記事のこちらにもあるように

「休憩1時間、おしゃべり3時間、仕事3時間」

だそうだ。

ただ、そのおしゃべり3時間でも何か仕事に役に立つことがゼロとも言い切れない。余談とか立ち話でも、それが業務改善だったり、チームワークを良いムードにしていったり別の効果があるとも言えそう。

そして、

彼らは就業時間内に絶対に仕事を終わらすために、やたらと効率を考え

もっとみる

OMO事例:シャネル

非常に参考になった記事がありましたので、共有します!

さすが、シャネル!

「リアル店舗×オンラインマーケティング」での取り組みは、上海に進出している日系企業も苦戦してますが、このシャネルの取り組みは是非とも参考にしたいところですね!

https://beautytech.jp/n/n5cbc080407a3

【CAアドテク19新卒】朝会&ブログ開始!

初めまして、サイバーエージェントアドテクスタジオの19新卒です!

アドテクスタジオとは

アドテクスタジオは、開発効率の向上、各サービスの技術力および精度強化を目的に2013年10月1日に設立。
サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野におけるサービス開発・提供を行う横断組織です。
当社では、約200名のエンジニアと約100名のビジネスによって、アドテクノロジー分野およびAI・ロボット

もっとみる

海外×コンテンツのお噺/noteで何を発信していくか

次の元号が『令和』に決まったので温めていた投稿を解放します。

2019年2月末に(株)オプトを卒業した映像|映画クリエイター、呂翼東(リョウ・イットン)です。

ざっくりと自己紹介

僕はインターナショナルスクールを卒業後、ロサンゼルスで映画を作っていました。得意なジャンルはドキュメンタリー。世界の様々な映画賞にもノミネートされております。

ひょんなことから2015年に(株)オプトに新卒入社し

もっとみる

#国際女性デー のストーリーズ投稿から考えるブランドの意思の示し方

ちょうど先週の金曜日、3月8日は国際女性デー(International Women's Day)でした。

日本ではまだそこまで馴染みのない日ではありますが、アメリカやイギリスでは3月頭から各メディアがこぞって女性を軸にしたコンテンツを発信し、フェミニズムが盛り上がるシーズン。

IWD当日は、Instagramをみていてもファッションブランドやファッションテック系のサービスがこぞって『女性のエ

もっとみる
ありがとうございます。おかげさまで明日もnote更新がんばれます!!
37

【FR-2】2019年ファンドレイジングはどうなる???

海外のファンドレイジング記事をご紹介します。
※お断り:日本語訳の正当性は微妙~。参考までに、といったレベル感(/ω\)

2019年ファンドレイジングはどうなる???

■■■■この記事のポイント!■■■■
2019年のファンドレイジングは、
・支援者との関係構築を重視する波が続く
・IT技術や製品が増える
・社会的インパクトを生み出す組織同士の大きなコラボレーションが生まれる

https:/

もっとみる