あふれでてくる疲れ

おはようございます。ひろりんです。

今日も肌寒い朝。

昨日は、体調よくない状況にもなって、作業するきっかけになる連絡も来なかったため、午後は仕事せず帰ってきました。

・とにかく寝たい
・食べると気持ち悪くなる感じがたまにある

時間の流れってこんなにも緩やかだったんだなぁと感じながら帰ってきました。

食べれば元気になるとかそういうのはなさそう。

どちらかというと、寝てる方が楽。

まだ体

もっとみる

無計画な旅行の末路 in金沢

研究配属された大学生は研究で得られた結果を学会で発表する機会が年に数回設けられている。もちろん、学内で発表することもあるのだが、中には県外で発表することもある。

この県外での学会というものは、実は大学生にとって非常にうれしいものなのだ。なぜなら、ほとんど慰安旅行のようなものだからである。

自分が発表する時間はせいぜい30分程度。しかし、全国の学生が集まる大きな学会だと3~4日は開催される。つま

もっとみる

去年の今頃、何してた?

いつも、その日暮らしをしてしまいます。毎日今日のことに精一杯だし、よくて今日が終わりかけた頃に明日のことをすこし想像できるくらいです。1年や2年あとのことなんて、あまり想像していません。そのことで損しているのは、じぶんなのでしょう。

日記をつけるようになりました。ここ1年半くらいの話です。5年間ぶんの同じ日付の日記が1ページ内に並ぶレイアウトの手帳です。これを使いはじめたおかげで、去年書いた

もっとみる

自分らしさを貫くとは?

私は衝動的に動くことが多い。計画性はなく、とにかくやりたいなと思ったら飛びついてやってみる。1年前は生後2ヶ月の我が子に癒されていた。育休中であったが、公務員受験覚悟し、カリカリ勉強していた。受験→合格→前職場退職→転職→休職→退職→無職、この流れがここ1年の間に起こった。公務員受験、年齢制限や募集枠を考えると今しかない‼︎そう思って、育休中にもかかわらず受験した。転職したいと前職場に伝えると相当

もっとみる

無計画

イランカラプテ〜。どうも、ちゃいよーです。

俺は、ほとんど計画しない。だって、計画通りにいった試しがないから。その時の気分によって行動しているけど、明日の気分ですら予想がつかない。

一応、9月12日にタイにいくってことと、年末年始はニューヨークで過ごすことが決まっているくらい。ニューヨーク滞在が決まっているのは、友達と過ごすから。それまでの期間、どこで誰と過ごすか俺もわからない。

計画にはほ

もっとみる

計画なんて立てたくない。現実は常に想像の先にあるから。

一応ディレクション職をしていてこれを言うな感ありますが、計画の類が嫌いです。

大雑把な「こういう方向に向かうと幸せかな〜」「こっちは幸せの匂いがする〜」的な他人に説明不能な直感はいつもあるのですが、ガントチャートとか見ると実は「現実はそんなに単純じゃねーわ!」という感想しか湧かなかったりします。

何故か現上司とは幸せの方向についての直感が繋がって、少ない言葉で的確にやり取りできる感じがするので

もっとみる

環境ではなく、自分でした

父親に税金を払わせていた頃のわたしは、ニートの走りだったかもしれない
いや、それを良しとするわけでなくね
うちはそれほど裕福でもなかったのに、わたしにはその切羽詰まった感が解らず…それはもちろん両親が感じさせないようにしていたからなのだろうけれど、つまりわたしは放蕩娘だったわけです

んーちょっと心に闇というか、甘えだけでは処理できない成長過程の機微というものがあったのでしょう
それはわたしだけの

もっとみる

相棒①

私には相棒がいる

この相棒はかなりの切れ者である

知り合ってから、もう何十年もの付き合いだが

私とは全く真逆の性格だ

なので、仕事上や個人的な意見の相違でしばしばぶつかる

この相棒に1度たりとも論破したことがない

いや、論破どころではなく、いつも『グゥ〜』の根も出ないほどに負ける

相棒の自分ルールとして

仕事は決めた時間内にキッチリとする

計画も3年、5年、10年

それどころか

もっとみる

無計画無職日記(4)

先月31日を以て仕事を辞めてから早23日が経った。
今のところ世間から、社会から、順調に置き去りにされている、のか疑問である。

 洗濯と窓と水回りは晴れた日に限るので、 今日は風呂を重点的に掃除することにした。
(窓はガラス用の洗剤が切れてしまっているので次の晴れの日に持ち越す)
そう、風呂掃除である。
家事の中でも一番精神の持久力が問われるものだ、と思う。
成果が見えにくいし、放っておくと直ぐ

もっとみる

無計画無職日記(3)

先月31日を以て仕事を辞めてから早21日が経った。
今のところ世間から、社会から、順調に置き去りにされている、ふりをしている。

 唐突だが、無職にも休日はある。
勤め人の名残か、休日は休日で体内時計はきっちりオフモードになる。
少し気怠い身体を起こして、ぽやんとする。
今日は昼頃に用事があるだけで特に何もない。
気紛れが働いて、ちょうど出先の近くにいる友人に連絡すると「家おいでよ」と誘われ、二つ

もっとみる