熱狂書評

大竹大也〜写真撮影実績〜

2017年〜2019年6月までの撮影実績などを載せています。

【映画】

▼映画「凜」現場スチール・劇中写真

芸人で、芥川賞作家・又吉直樹氏が書き下ろした舞台が、10年の時を経て奇跡の映画化。大竹は現場でのスチール撮影、エンドロール写真、ポスター写真(一部)、劇中写真などを手がけました。

経緯はこちら↓

【WEBメディア】

▼ANA様

徹底したお客様目線から生まれるANAのデジタルイノ

もっとみる

たった一人のための言葉、だからこそ強い|「苦しかったときの話をしようか」感想

尊敬するマーケター・森岡さんの著書、「苦しかったときの話をしようか」を読んでいます。

この本は、森岡さんが就職活動を控えた娘さんに向けて、少しずつ書きためていたノートが基になっています。基になっているというより、ほとんどそのまま掲載しているそう。

この本の第5章~第6章だったかな。終盤の文章の熱の入りようが凄くて。途中から涙が止まりませんでした。ビジネス書で泣いたのははじめての経験でした。

もっとみる

三本勇介さんの本「実験思考」を読んだ方がいい7つの理由

三本勇介さんの本「実験思考」を読んだ方がいい7つの理由

 

株式会社バンク代表取締社長三本勇介さんの本「実験思考」を読みました。革新的なサービス、即現金化アプリCASH を作った方の書いた本です。読んで良かった本なので、おすすめします。今回は、おすすめポイントを書きます。是非、実際に読んで欲しい。

 

おすすめポイント

①アイディアの生まれやすいタイミング

三本勇介さんのアイディアの生

もっとみる

破天荒フェニックス 書評

OWNDAYS代表取締役社長の、田中修治さんが書かれた小説の書評です。

以前、noteで連載されていた内容を読んで感想を書いた事があるのですが、本として刊行されたこの「破天荒フェニックス」を読んで、その感想を書かずにはいられなくなり、ここに書きます。

本書は、OWNDAYSという企業の再生に携わるかたちですごした社長の,10年のうちの7年を、起こった事実をもとに、1つのフィクション、パラレル

もっとみる

丸裸で未開の地へ挑め 『死ぬこと以外かすり傷』 #熱狂書評

発売5日にして、5刷5万部突破という驚異的な記録を叩き出す『死ぬこと以外かすり傷』。

Twitter上でも、本書を読み終えた方々のツイートが多く見られます。

そんな爆発的勢いを見せる『死ぬカス』の熱狂書評をお届けします。

自分の日常に空虚感を抱き、環境を変えてみることで全員が変貌するわけではない。変化を起こすにはある問いへの答えを見つける必要がある。

その過程で『死ぬカス』はどう関係してい

もっとみる

【死ぬこと以外かすり傷】箕輪本、読書感想文、書いてみました。

こんばんは!河野ゆーたです!

最近は靴関連の投稿ばかりだったので、
久々に書評を!

色んな刺激をくれる箕輪さん
ご自身の本!

箕輪編集室で販売前から本文も見れたり
してたので、だいたい内容はわかってたけど、
改めて本で浴びるのもイイ!

今回はシンプルに!!

------------

箕輪さんは特殊な人じゃない。
編集者という仕事をやるまでは、
多くのサラリーマンと似たタイプ。

そう

もっとみる

数字でPDCA回す前に、まずは1人の熱狂から

インターンしてる会社で、記事が公開された。

弊社が運営してる女性向けメディアと、タイアップさせていただいたクライントさんとのいわゆる「ユーザーインタビュー」形式。

これを読んで、ビジネスにおける施策・コンテンツづくりにおいても、1人の素直な感性が大事だなと思った次第。

データをみて、ユーザーの反応をみて、愚直にPDCAを回していくというやり方もありだけど、やっぱり最初は、ひとりの思い込みから

もっとみる

死ぬこと以外かすり傷 書評

箕輪厚介さんの著書「死ぬこと以外かすり傷」を読みました。その書評を書きます。

僕は、箕輪厚介さんに、はまっている

堀江貴文さんの「多動力」と西野亮廣さんの「革命のファンファーレ」を読んで、大きな影響を受けて、行動をするようになったのだが、多動力を箕輪さんが編集されている事を後で知った。

僕は「はまる」とトコトン調べる癖がある。

その人が書いた著書は勿論、ツイッターなどのSNSを、くまなく読

もっとみる

その現象の名前は、箕輪厚介。 『死ぬこと以外かすり傷』 #熱狂書評

8月28日、箕輪編集室の主宰者である箕輪厚介さんの初の著書『死ぬこと以外かすり傷』(以下、死ぬカス)が発売されます!

『死ぬカス』は、箕輪さんの編集者人生における集大成であり、これからを見据える上での道しるべでもあります。

変わらない日常の中で、いまいちパッとしない、モヤッとして物足りないと感じている若い人を徹底的に鼓舞する箕輪さん。

本書の目次からも分かるように「目的だけをにらみつけろ」「

もっとみる

悩める時はこれを読め! 『死ぬこと以外かすり傷』

『死ぬこと以外かすり傷』発売日まであと2日!(早く届いた書店では既に販売されてます)

発売前にも関わらず、売れ行きが異常らしいです...!
*パブライン  全国の紀伊国屋書店の売上データ

突然ですが、あなたは何かに悩んでいる時どうしますか? 誰かに相談したり、一人で黙々と考えたりとそれぞれの方法があると思いますが、箕輪さんの言葉は一つの解となるかもしれません。

例えば、仕事などで問題を抱え、

もっとみる