石岡良治 『現代アニメ「超」講義』  目次先行公開!!

PLANETSの新刊 石岡良治著『現代アニメ「超」講義』がPLANETS公式オンラインショップにて好評予約受付中です。発売に先駆け、本書の目次を先行公開いたします。
あらゆるジャンルの垣根を越え、600を超える作品・作家を渉猟した「日本最強の自宅警備力」を誇る超・オタク級の視覚文化学者が硬軟自在に分析した本書ならではの構成となっております。
なお、序文の一部はPLANETS公式オンラインショップに

もっとみる

ディズニー、ピクサー、ジブリ…『アナ雪』大ヒットから見えるヒロイン像の"後進性"ーー石岡良治×宇野常寛が語る『アナと雪の女王』 (PLANETSアーカイブス)

今朝のPLANETSアーカイブスは、批評家の石岡良治さんと宇野常寛の語る『アナと雪の女王』です。『アナ雪』の大ヒットから逆説的に見えてきたのは、ディズニーの遥か先を走っていたはずのピクサー、そしてジブリが直面する「テーマ的な行き詰まり」だった――?(構成:清田隆之 初出:サイゾー2014年7月号)
※この記事は2014年7月25日に配信した記事の再配信です。

ピクサー化するディズニー・アニメの象

もっとみる

『心が叫びたがってるんだ。』のヒットが示すもの――深夜アニメ的想像力の限界と可能性(石岡良治×宇野常寛)(PLANETSアーカイブス)

今朝のPLANETSアーカイブスは、アニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』をめぐる石岡良治さんと宇野常寛の対談です。『とらドラ!』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の長井龍雪・岡田麿里・田中将賀が手掛け、興行収入10億円突破のヒットとなった本作と、それを取り巻くアニメ市場の状況。さらに、当時放送が始まったばかりの『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の展望についても語りました。(初出:

もっとみる

【新連載】石岡良治『石岡美術館』第1回『マイク・ケリー展 デイ・イズ・ダーン』(ワタリウム美術館)

今回から石岡良治さんが美術館に行って実際の作品を見ながら作家や作品について解説する、『石岡美術館』が始まります。第一回に選んだのは、ワタリウム美術館で開催された『マイク・ケリー展 デイ・イズ・ダーン』です。一見ポップに見えるマイク・ケリーの知的な側面に迫ります。(構成:池田明季哉)

▲今回は、東京都渋谷区のワタリウム美術館で2018年1月8日〜3月31日の期間に開催された「マイク・ケリー展 デイ

もっとみる

石岡幼稚園の先生方からメッセージ!

皆さん、こんにちは~☀

茨城県石岡市にある「石岡幼稚園」では、
5年前から先生が発音トレーニングを受け、子どもたちに「えいご発音あそび」として教えています。

先生方の発音力は、もうリスニングCDにも引けを取らないレベルです!(^^)v
今回は、ハロウィンにちなんだごあいさつを撮影しました~!🎃

☞ 動画はこちら(Facebookページ)から!

毎日数分間の「えいご発音あそび」では、秋に使

もっとみる

【特別再配信】『Gレコ』で富野由悠季は戦後アニメを終わらせたのか――石岡良治、宇野常寛の語る『Gのレコンギスタ』

アニメでありながら「現実よりも乖離した世界」を描こうとした『Gレコ』。この意欲作に富野監督が込めた思いとは何だったのか――アニメ史的観点から石岡良治さんと宇野常寛が対談形式で読み解いています。
(本記事は2015年7月21日に配信した記事の再配信です/「サイゾー」2015年7月号)

(画像出典)

▼作品紹介
『Gのレコンギスタ』
監督・脚本/富野由悠季 制作/サンライズ 放送/2014年10月

もっとみる

【特別再配信】『心が叫びたがってるんだ。』のヒットが示すもの――深夜アニメ的想像力の限界と可能性(石岡良治×宇野常寛)

今回の特別再配信では、アニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』をめぐる石岡良治さんと宇野常寛の対談をお届けします。『とらドラ!』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の長井龍雪・岡田麿里・田中将賀が手掛け、興行収入10億円突破のヒットとなった本作と、それを取り巻くアニメ市場の状況について語りました。
(初出:「サイゾー」2015年12月号/本記事は2015年12月23日に配信した記事の再配信で

もっとみる

【最終回】「ポストギアス」と今後のロボットアニメ/『石岡良治の現代アニメ史講義』第5章 今世紀のロボットアニメ(9)【不定期配信】

「日本最強の自宅警備員」の二つ名を持つ批評家・石岡良治さんによる連載『現代アニメ史講義』。最終回となる今回は、「ポストギアス」の諸作品や、『ガンダム』『マクロス』などの最新作の動向からロボットアニメの今後を展望します。

「ポストギアス」をめぐる試行錯誤――『ギルティクラウン』『ヴァルヴレイヴ』

 前回は『コードギアス』の達成について、主として終盤の主題展開の独自性という点から考察しました。今回

もっとみる

【特別配信】おそ松さん――社会現象化した"覇権アニメ"が内包するテレビ文化の隔世遺伝(石岡良治×宇野常寛)

「特別再配信」の第11弾は、話題のコンテンツを取り上げて批評する「月刊カルチャー時評」より、『おそ松さん』をめぐる石岡良治さんと宇野常寛の対談です。『おそ松さん』が社会現象化した理由を、テレビバラエティの伝統を背景に語ります。(初出:「サイゾー」2016年4月号(サイゾー)/構成:金手健市/この記事は2016年4月27日に配信した記事の再配信です)

宇野常寛が出演したニコニコ公式生放送、【「攻殻

もっとみる