紀平梨花

惹かれるのはいつも終わった後

フィギュアスケートのシーズンが終わった。熱狂的ではないが今季は紀平梨花選手が印象的で、特に彼女のフリープログラム「a beautiful storm」が好きになった。これからピアノ譜を取り寄せる。

もっと早くに取り寄せれば?

という声が聞こえてきそうではある。たしかに、わたしはシーズンが始まった去年から「a beautiful storm」は耳にしていた。でも、いい曲だなぁ〜とは思っていたけど

もっとみる

フィギュアスケートはストーリーの宝庫

フィギュアスケートを観るのが好きだ。

スケートリンクという舞台で輝く選手たちは華やかで輝いているし、流れる音楽にも心動かされる。

でもそれだけじゃない。競技中、私が注目しているのは選手の表情だ。

フィギュアスケートは個人競技だ。バレーボールは6人、サッカーは11人。でもフィギュアは1人。多くても2人だ。

だから競技中、選手以外が映ることは少ない。滑走の始まりから終わりまで、選手ひとりの表情

もっとみる

トリプルアクセル「ありき」の危険性

陸上の話題から少し離れてiPhoneからお試し的に。

報道ステーションで紀平梨花の特集。取り上げられたのは以下の数字。

⑴6/8…出場8試合中6試合で優勝

⑵11/21…試合でのトリプルアクセル成功数

⑶54/59…試合でのトリプルアクセル以外の成功数

⑷1/8…ショートプログラムでのトリプルアクセル成功数

特集のメインは松岡修造の熱血とトリプルアクセルで占められていた。が、個人的にそ

もっとみる

紀平梨花さん2019年フィギュア四大陸選手権優勝!所属する関西大学KFSCとは?関西大学とは違うの?

まいど(c_c)/

2019年2月に開催されたフィギュアスケート四大陸選手権で、女子は紀平梨花さんが優勝しました!

紀平梨花さんは「関西大学KFSC」に所属しています。

って、ん?関西大学KSFCって何?関西大学とは違うの?

気になったので調べました。

もっとみる

紀平選手の強さはトリプルアクセルじゃない

週末バンクーバーで開催されたフィギュアスケートのグランプリファイナル。
この大会で紀平梨花選手が初出場初優勝しました。

日本人選手の初出場初優勝といえば、2005年に優勝した浅田真央さん以来13年ぶりです。
当時の真央さんと同じように、シニアデビューシーズンに彗星のごとく現れ優勝をかっさらったこと、何より真央さんの代名詞であったトリプルアクセル(以下3アクセル)を跳んでの優勝ということで、連日メ

もっとみる

【フィギュア】紀平梨花の鮮烈デビューと女子シングルの今後について

グランプリシリーズ第4戦のNHK杯で日本の紀平梨花選手がGPSデビュー戦で優勝という快挙。フリーでは3Aを2本成功させ、フリーと合計得点は今季世界2位。2位の宮原選手、3位のトゥクタミシェワ選手までが合計210点以上というハイレベルな争いとなった。

全てを兼ね備えた紀平選手

紀平選手の演技は鮮烈だった。2本の3Aは成功しただけでなく流れのある美しいジャンプ。他のジャンプもきれいに跳べて、スピン

もっとみる

【フィギュアスケート】日本女子にまたしても大きな新星、紀平梨花。華々しくシニアに降臨

おめでとうございます!٩( 'ω' )و

フィギュアスケートのグランプリシリーズ、NHK杯で日本女子が1,2フィニッシュという大活躍!元世界女王でロシアのトリプルアクセルジャンパーのトゥクタミシェワ、そして全日本女王の宮原知子を抑えて優勝したのはシニア初参戦の16歳の新星、

美しい…

紀平梨花(16歳)。15歳の時に浅田真央さんの代名詞トリプルアクセルを飛び、女子史上初のトリプルアクセルから

もっとみる