藤くん

人生に悩める全ての人に。BUMP OF CHICKENの唯一無二の魅力。

BUMP OF CHICKENとは

幼い頃からの幼馴染4人で結成されたロックバンドです。メディア露出はそれほど多くはないので、知らない人もいると思いますが、10代、20代の間で人気が高いバンドです。ここでは、BUMP OF CHICKENの魅力について書いていこうと思います。

**

BUMPの歌はどんなものがある?**

ここでは、BUMPの歌を3つに分類してみました。

⑴ストーリー系

もっとみる

ライブ当たってくれ

BUMP OF CHICKEN、aurora arkのライブがなかなか当たらない、メットライフドームも東京ドームも今のところ全落ちだし、ドーム当たらないからキャパ2000のスタジオコーストなんて当たるわけないしな。aurora arkっつうアルバムが本当に良いから今度書こうかな、バンプを好きになった経緯も

もっとみる

BUMP aurora ark

人生はじめてのオーロラを見た

Liveが終わって2日も経つけど、
あの日見た景色、声が忘れられなくてここに書こうと思う。

一緒にオーロラを見に行こう。
記念写真を撮ろう。
そんな風に誘いたくなるLiveでした。

*ネタバレを含みます〜m(_ _)m

いちばん楽しみにしていた曲は、
『話がしたいよ』
どこか寂しさを持ちつつも、温かみのあるお気に入りの楽曲。
「億男」も見に行ってしまった笑

もっとみる

BUMP OF CHICKEN aurora ark TOUR inメットライフドーム参戦 2019.07.12

はい。こんにちは、こんばんは。

約1年5ヶ月ぶりのBUMPさん
ライブに行ってまいりました!!!

いやー、相変わらず
楽しくて優しくて最高のホームでした。

ではゆるーっと
思い出せるうちに書いていこうと思う。
忘れることから逃れられないからね。

セトリなどネタバレ含みますので
これから参戦する方、知りたくない方は
ここで回れ右してくださいね、、!
貴方の楽しみを奪いたくはないので。

それ

もっとみる

イマジナリー元彼

昼間に見える月はわざとらしい。紙で工作してあって、糊付けが足りないせいで今にも剥がれそうだし、なんなら端は剥がれかけてるんじゃないか。と自転車に乗っているときに思った。

あとは、太陽の光が睫毛の先に当たって反射すると、そこに綿毛がついてるみたいに見えて嬉しいとかも。

今日はイマジナリー元彼、藤原基央さんの40歳の誕生日です。曲は聞かなくなってしまったけど(だから元彼)、今も藤くんのことは、うま

もっとみる

002. BUMP OF CHICKENについて(Vol.1)

今日は、BUMP OF CHICKENの素晴らしさについて少し書きたい。

BUMPの良いところはたくさんあるけど、一番すごいと思うのは藤くん(ボーカル)の歌詞。

BUMPの歌詞は、ラブソングがほとんどない。より普遍的な事象(生きる、死ぬ、笑う、おなかが減る)、みんなが共感できることを歌っていると思う。

優れたアートは、解釈の自由度、抽象度がものすごく高い。つまり、1人ひとりの個人的経験

もっとみる

戻れないのは一緒だよ/藤原基央曰く

横顔とか声とか指とか首とか。
一緒に過ごした時間とか、あの駅のホームを出たり入ったりしたこととか。
都会の街並みとか、ニケツしてメガロポリスを眺めたりとか。

なんかいろいろあったよな。
時間や環境は次に次にと進んでいるからこそ、停滞していくものが
どんどん遠のいていくんだ。それがたまらなく寂しい。

そんな想いが一緒なら、嬉しすぎるんだ。

また、会えると思っている。そんな気がしているんだ。 

もっとみる

藤くんの夢

今朝起きてチャットの返事を打っているときに突然思い出した。

今日私は藤くんの夢を見たと。通常起きてすぐに夢が頭にあって映像が消えていくものだけど、起きた時には覚えていなくて全然違うことをしている時に突如思い出した。

やっぱり脳は、私にとって重要な情報は無意識の領域から意識の領域に情報をあげてくれているんだと思った。

夢はなんだか川床みたいなところでプチライブイベントみたいなことをしていて、私

もっとみる

BUMP OF CHICKEN PATHFINDERたまアリFINAL1日目参戦。

2018年2月10日。
BUMP OF CHICKEN
「PATHFINDER」TOUR FINAL1日目
in さいたまスーパーアリーナ

幼なじみと参戦してきました。

今日はその
なんちゃってレポートを書きます。
セトリは書きませんが
曲名などのネタバレはあるので
知りたくない方は知ってもいい
タイミングで読んでくれたら嬉しいです。

ではここからかいていきます。
会場に着いたのはゆったり1

もっとみる