謳歌

時々ね「眠りの森の仔猫」に
にゃります🎈

1つのパタパタが終わり
また新たなパタパタが
木曜日から始まるにょです〇

こんな時は

惰眠         限りますね
  を      に
   謳歌 する

と文字で
眠る姿勢と睡眠パターンの1サイクル
を表して遊びました🐈

おひとりさまですか?

最近よく聞かれる言葉。

別に2年間付き合った彼氏と別れたばかりで、
いじけてるわけじゃないから。

え、聞いてないって?

退職休みは圧倒的にひとり行動が捗る。
平日昼間に出掛けるにしても周りは仕事をしているから、当たり前だ。

でも実は最近「おひとりさま」が楽しいし、
結構、格好いいんじゃない?って思ってる。

こんなこと言ったら"独身街道まっしぐらじゃん"とか言われちゃうかな。

パーソナ

もっとみる

【オナワザ】#29 老いも若きも人の口から

「ねえ、いくつからオバサンなわけ〜?」

社会人になってから約2年、女性からこの手の議題を持ちかけられることが多々あります。
大抵はその場の空気を速読した者の粋な計らい(と言う名の社交辞令)で、聞いてきた女性より5〜10個は上の数字を言い、その場が「渡る世間は鬼ばかり」の幸楽よろしく円満に解決します。

ですが、こういった「円満解決」を繰り返している限り、この不毛な議論は全国各地で繰り広げられます

もっとみる

本とは、誰かの人生の集約である

今日は、朝から本を整理している。

そして、改めて、本は「人の人生の集大成」だなと思う。

昔、私は、本を読まない人間だったのだけど、10年くらい前から、積極的に様々なジャンルの本を読むようになった。

今は、共同執筆の本を書いたり、専門雑誌に載せる研究結果などを書く機会が少しだけあり、書く側に立つと、自分の頭にある全てを整理して、信頼性のあるデータを再度収集し、その時点での自分なりの考えの集約を

もっとみる

自分に集中すること

いきなりですが、私は人混みが苦手です。
以前のnoteで色んな人とコミュニケーションをはかれるのは私の長所かもしれないと言っておきながら、え?、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

人混みが苦手な方には様々な理由があると思います。
暑い、息苦しい感じ、人の往来が目まぐるしい、うるさい、、、などなど。

私の場合は最後に挙げた「うるさい」と少し似ているのですが、人混みにいると四方八方からたくさ

もっとみる

謳歌するって、楽しいだけを指すのじゃない

横断歩道を渡るだけのことなのに
きゃー!といいながら楽しそうに
全力疾走する子供を見て

あぁ、これだけのことが
そんなに楽しいんだなぁ、と
目を細めてみつつ思い出したのは
 
道路を渡る遊びをしてて
車にひかれた幼少期の思い出でした。笑

そうあのとき、よくわからないけど
道路を渡る、というだけのことが
やたらと楽しかったことを覚えてて
 
あれがつまり
「子供らしさ」ということだったんだなぁと

もっとみる

シャイニーゲイについて

「シャイニー」はゲイに限ったことではない。人間全てに「シャイニー」とそうではない人がいる。

太陽系を考えると、太陽は一つだけだ。太陽近くに張り付いている星、光も届かないような遠くにいる星(冥王星とか)、何百年に一度だけ近づいてくる彗星。粉のような小惑星。自分で光れずに太陽光を反射するだけの月(光ろうという意志があるのか?)。

ゲイライフを謳歌していない、シャイニーでない人が「日陰者」というわけ

もっとみる