『玉森家の一族』(超短編小説)

彼方の地平線に、陽炎が揺れていた。

   視界に入るすべてのものが溶け落ちそうな夏の昼下がり、僕は縁側に座って、冷えたラムネを飲んでいた。

   玉のような汗が額からこぼれ落ちた。すると、ガラス玉がコンコンと音を立てて床を跳ね、縁側の下の土に着地して転がった。

「!?」

   僕は絶句した。一瞬の出来事だったが、いま確かに汗の滴がガラス玉に変わった気がする。

   あっけにとられている時

もっとみる

【超短編】 毎日更新

毎日文章を書いていたらある企業から丁寧なメールが届きました
会があるのでぜひお越しくださいと

行ってみると、会の場所はお洒落なレストランで、
毎日文章を書いている人たちが多数集められていました

企業の人と話しました
「なんで私は誘っていただいたんですか?」
「文章がいいからですよ」
「そうですか」

そこでの時間はいいものでした、楽しく過ごせました

また会があり、誘われました

行ってみると

もっとみる

お医者さんは正しい

「今話題になってますね」

「そうですね」

「これどうなんでしょうね、麻生さん(財務大臣)も色々言ってますね」

「方法を変えてなんとかしたいってことなんでしょうね」

「方法変えるって?」

「例えば医療費(ほぼ税金)って、死ぬ直前にほとんど使われるんですよ」

「そうなんですか?」

「だからそれを年金に充てるとか、介護のほうに回すとかできる訳ですよ」

「なんでそうしないんですか?」

もっとみる

弟の結婚式に向かうために乗ったタクシーの運転手が、弟の結婚相手のお兄さんだった話。

元タクシー運転手のnakaさんに聞いたお話。

今から3年ほど前、タクシー運転手であったnakaさんは、
弟の結婚式に遅刻するところだったので、客としてタクシーを利用した。

naka「すみません、結婚式に間に合わないので急いでください!」

そう言ってタクシーに乗り込むと、運転手さんが

運「今日、僕の妹も結婚式なんです。仕事で行けませんけどね」

と返してきた。

お互い、同じ日に結婚式繋がり

もっとみる
ここだけの秘密ね、実はハゲてきたかもしれない。あ~どうしよ。
7

お母さん、僕が女の子に生まれてこなくてごめんなさい

「荒木さんは、母の日は自分がお祝いするんですか?、
 それともお祝いされるんですか?」

「そうですね、妹と母にお祝いするんですけれど、
 おととし、お祝いされました」

「お祝いですか」

「朝、いつも朝ごはんを作るんですけど、
 いつも味噌汁の鍋を置く鍋敷きの上に手紙が置いてあったんです」

「手紙ですか」

「はい、、それを読んで泣いちゃって・・」

そう言って、荒木さんはその時のことを思い

もっとみる

【あかまるころころこーろころ】いったいなにになるのかな?

あかまる ころころ こーろころ
あかまるへんしんしたくって
あるひ、ぽーんととびだした(本文抜粋)

◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆

豊かな発想力と、柔らかな絵の
世界観をどうぞお楽しみください。

ちいさなお子様の読み聞かせや
寝かしつけにもピッタリです。

◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆*:;;:*◇

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければシェアもお願いします。
10

【モルッとモルコレ!】可愛いモルモットが大変身!〜MARMOT COLLECTION〜

もふもふモルモットたちが
カッコ可愛い姿に大変身!
(きせかえ全20種)

変身きせかえシリーズ第1弾
モルッと待望の書籍化。
(本文抜粋)

◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆

華麗に変身する
モルモットたちの姿が
楽しめること間違い無し!!

みんなに愛し愛され
癒やし100%の魅力を持つ、
モルコレ★キャラ達は今後も
どんどん増殖し変身して

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければシェアもお願いします。
4

【ゼニガメの日常】日々是(ひびこれ)正ノ助〜MASA NO SUKE DAYS〜

こってこて(関西弁)の味のある言い回しで
皆を虜にするナニワのゼニガメ「正ノ助」が
この度、待望の電子絵本コミックとして登場!

◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆

お子様から大人まで、老若男女問わず
誰もがほっこり癒されるキャラクター絵本。

みんなに愛され、現に実在するキャラクター
「正ノ助」の自由気ままなライフスタイルと
特徴ある独特の語り

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければシェアもお願いします。
4

【シュール系超脱力コミック】天使の様なあくまくん

あくまくんは
ただの子供では
ありません。

◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆

不思議な魅力を持つ
あくまくんはいつも
まわりの人達を
笑顔に変えてしまいます。

◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆

海外で火がついた大人気の
シュール系超脱力コミック。

「天使の様なあくまくん」

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければシェアもお願いします。
3

関西小噺

「それでなチビちゃんがお母さんと喧嘩したんや」
「うん」
「もうびっくりすんで、もうお母さんと本気で喧嘩するんやからな」
「うん」
「それで『おじいちゃんのところに行く!』って言うたんや」
「うん」
「そしたらお母さん泣いてしまってなー」
「え?、お母さんが泣いたの?」
「そう、ほんまに」
「へー」
「それでな、弟の方がなー」
「ちょっと待って、お母さん泣かされたんでしょ?、どういうこと」
「ちゃ

もっとみる