辛酸なめ子

映画ってどうやってつくるんだっけ?覚悟できた日がすべてのはじまり

2017年の6月に私が製作総指揮、夫が監督した菊地凛子さん主演映画「ハイヒール〜こだわりが生んだおとぎ話」を劇場で全国公開したあと、次の作品はアメリカで作ろうと決めて、一年後の2018年6月に渡米した。

ここ2年は、夫と企画会議をしながら、シナリオを書いてはやりなおし、書いてはやりなおしで、長編5本、短編4本を作ったけれど、さあこれを撮ろうという気分にならなかった。前作「ハイヒール」の時はどうや

もっとみる
スキありがとうございます。素敵な一日になりますように
5

パリス・ヒルトンも参上。意識の高さが渦巻くイベント in LA:辛酸なめ子の「LAエンタメ修行 伝聞録」

ちょっと前にW20というイベントを見学する機会がありました。G20に向けて女性に関する政策を提言する大会で、ノーベル平和賞のマララさんが登壇したり、超キャリア系女性が集まって女性のエンパワーメントについて意見を発信したりで、その渦巻く知性と意識の高さに圧倒されました。

一瞬和んだのは、マララさんが来日して安倍首相と会食した時、アボカドか何かと間違えてワサビを大量に食べてしまい大変なことになったと

もっとみる

本は何百冊か持っているんだけど、ほとんど買って満足して漫画以外はほぼほぼ読まない。いつか時間のある時に読もうなんて思ってたら人生終わっちゃうよね…今日珍しく本棚から手に取った2冊。結局スマホ見てて読まなさそうな気配だけど…一応履歴として残しておこうかな😋

注目度No1の映画会社A24と商談にこぎつけた必殺技とは:辛酸なめ子の「LAエンタメ修行 伝聞録」

ここ最近、アメリカの映画業界で注目されているのはA24という会社だそうです。

「大作の映画じゃなくても、インディペンデントでエッジが効いている個性的な作品をかなりたくさん製作・配給しています。『アンダー・ザ・シルバーレイク』『ムーンライト』『 レディ・バード』『フロリダプロジェクト」など……』とMutsumiさん。

A24が関わっている作品を検索すると、好きな作品が結構入っていました。『スプリ

もっとみる

辛酸なめ子×武田砂鉄のトークイベント

7月6日15時から下北沢B &Bで辛酸なめ子と武田砂鉄のトークイベントを見に行った。

辛酸なめ子さんはテレビで何度かお見かけした事はあったが、そんなに面白いとは思っていなかった。

武田砂鉄さんはニュース記事で知ってから本を読んで、絶妙なセンスがツボにハマってツイッターをチェックしていた。

その二人が今年上半期に気になった言葉について語るというので、チケットが売り切れていたのを追加販売したとき

もっとみる

ハリウッドでチャンスをつかむ処世術とは:辛酸なめ子の「LAエンタメ修行 伝聞録」

人脈のるつぼ、LA。

内向的な性格としては、野望にあふれた業界人だらけの街があると思うと想像するだけで震えますが、自ら飛び込んでいった果敢なMutsumiさん。そこではどのようなやりとりが繰り広げられているのでしょう。

「前に"セレブハンター"のジェシカの話をしましたが、彼女と出会ったのはAFMのセミナーの待合室。ロビーにいたらジェシカが『あなたたち何やってるの? 企画あるなら見せて』って話し

もっとみる

野望は映画スター。LAのデータサイエンティスト男子:辛酸なめ子の「LAエンタメ修行 伝聞録」

異国で生きていくためには人間関係が大切です。それも、筋の良い人とつながらないとなりません。

MutsumiさんがLAで知り合った人の話で印象的だったのは、パキスタン人のデータサイエンティストとの偶然の出会いです。

「データサイエンティスト」という職業には漠然とした憧れを抱いていました。データサイエンティストはデータを分析し、マーケティングなどに活用し、ビジネスを発展させる仕事。

日本データサ

もっとみる

セレブハンターが一転。ハリウッド女性プロデューサーの転落人生:辛酸なめ子の「LAエンタメ修行 伝聞録」

「ソーシャルクライマー」という言葉を知ったのは、LAを舞台にした映画「ラ・ラ・ランド」がきっかけでした。アッパークラスを目指して成り上がろうとする上昇志向の持ち主。個人的には魂の上昇志向を持ちたいところですが、ともかくLAはそんなソーシャルクライマーが世界中から集結しているイメージです。毎晩のようにパーティが開かれ、人脈を求めて人々がやってくるのでしょう。

東京のファッション系のパーティではとく

もっとみる

ヘアカット15万円?LAの人件費と物価に戦慄:辛酸なめ子の「LAエンタメ修行 伝聞録」

ヘアサロンに衝撃

Mustumiさんとはじめてお会いしたとき、衝撃を受けたのはヘアサロンの話です。

女社長のセレブ感をほどよくまとい、絶妙におしゃれな色合いのヘアのMutsumiさんは、LAのヘアサロンで髪をカットし、カラーリングをしてきたそうです。

「いくらだと思います?」と聞かれたので、私としては高額の「3万円」と答えたら、なんと「15万円です」という答えで、想像の5倍の金額におののきま

もっとみる

辛酸なめ子の「LAエンタメ修行」始めます。ハリウッドに飛び立ったアラフォー女性の恋愛と仕事。

2017年に菊地凛子がアンドロイド兼靴職人を演じて好評を得た短編映画『ハイヒール〜こだわりが生んだおとぎ話』。(今だと靴職人が話題になっていてさらに注目が高まりそうですが……) 

新進気鋭の監督は韓国人のイ・インチョル氏で、製作総指揮・美術・プロデューサーをつとめたのはその妻であるMUTSUMIさん。周りの映画関係の方々から“仕事ができる女性”という噂を聞いていましたが、このコーナーの主人公は

もっとみる