朔~さく~ 三重県津市美杉町 創作日本料理

三重県津市美杉地区にある自分の中でMyベストなお店です。名古屋から高速道路を使っても1時間半以上掛かります。
昨年度は3回伺ったのですが、今年はなかなか行けずにいます。
自然の中に身を置き、オーナーと語り合いながら「自然を五感でいただく」ことができます。また、フジテレビでも取り上げられた、美杉地区の罠士:古田洋隆さんの鹿肉が食べられます。
完全予約制で、カウンターが6席しかないため、なかなか予約の

もっとみる

里山のようちえん、ハナエミのオープンスクールに参加してきました!

夫の研修に便乗し、徳島県三好市へ。里山の廃校を拠点に、活動されているハナエミのオープンスクールに参加してきました。

【ハナエミの紹介】
”森のようちえん”と呼ばれる、森や小川での自由遊びを中心に活動する預かり型の認可外保育施設です。自然の中で、子どもたちの興味・関心から生まれる主体的な活動を見守ることで”生きる力”の育ちをサポートします。

長女は4歳なので預かりも可能だったのですが、2

もっとみる

ホールアース自然学校、ウェブマガジンを始めます。

ホールアース自然学校です。
 この度、noteによるウェブマガジンを立ち上げました。

 「自然学校」と聞くと、子どもキャンプやガイドツアー、環境教育、なんてワードが連想されるかと思いますが、実際の業務範囲や組織の目指す方向はそれらの枠を超え、様々な可能性を模索しながら日々過ごしています。
HPやSNSで伝えきれない想いや取組みをここで表現できればと思い、ウェブマガジン「Whole Earth J

もっとみる

里山の花火とトウモロコシ

今日は台風が気になりましたが、
こざるカフェがある地域では、日中は ずっと晴れていて、
雨の心配はなくなりました。

「風が強いよー。」
朝からずっと強い風が吹いています。

「りこちゃんや、ぼく達は、重しをつけていないと風に飛ばされちゃうねー。」
「メリー・ポピンズか、オズの魔法使いだね。」
「風の又三郎だってあるよ。」

こざる達は、今日も賑やかに おしゃべりしながら、
夕飯の仕度をしています

もっとみる

【parkERsの課外授業vol.2】 〜檜原村から学ぶ人と自然の関わり方〜

こんにちは!parkERsブランドコミュニケーション室の森です。

先日こんな記事を書きました。

今では観光地になっている表参道の明治神宮は、実は100年前の人々がつくった実験の場でした。

今回はplants culture caravan 野外版vol.2に参加し、明治神宮の森と檜原村の森を比較して感じたことをご紹介します。

plants culture caravanとは
parkERs

もっとみる

「いのちにふれる。地球のめぐみ代表"梅﨑由美子"さん」

「いのちには多くのメッセージが込められている」「いのちにふれ合うだけで子どもたちは多くのことを学ぶ」。自然にふれる子どもたちに想いを寄せている地球のめぐみ代表"梅﨑由美子"さんにお話を聞いて来ました。

プロフィール
出身地:長崎市
活動地域:福岡市東区~新宮町~古賀市~宗像市
経歴:福岡県立福岡女子大学家政科家庭理学科卒業。レイチェル・カーソンの『沈黙の春』がきっかけとなり、1993年から環境問

もっとみる

里山保全の記録 2   講座 「鎌倉の自然を活用した豊かな里山の構築」

市内の学習センターでおこなわれた、大正大学助教授、中島敏博さんによる「鎌倉の自然を活用した豊かな里山の構築」という講座を受講してきました。
今回ピンときたのは「活用する」という言葉。

私が参加している保全会からは、示し合わせたわけではないのに、女性陣3人が顔を合わせ、約2時間弱の話に聞き入りました。

一番印象に残ったのは、草刈りなどの無限に続く管理作業を維持するためには、ボランティア頼みではな

もっとみる

日記 昼寝の季節

七月一日をもって田植えを完了した。二日頃から「半夏生」であるが、それまでに田植えを了う習わしだ。なんでも、これ以後に植えても収量が少ないという。だからそれを念頭に毎年奮闘する。今年も辛々なしおえた。
 森下さん曰く、むかし百姓は半夏生から昼寝を解禁したそうだ。田植えが済み、梅雨が明けかけ、気温が高まる時節であるから、道理にかなった慣習といえよう。そうしてこの頃、この辺では「田休み」という慰労の宴会

もっとみる

HOME

今更ながら、とても深い愛情を持って、思い出す光景。

生まれ育った家の庭、池、田畑、山々、そして川。

誰にでも差出せるほどには立派ではないけれど、せめて自分だけは、いつまでも忘れないまま胸の中にしまい続けたいもの。

-HOME-